広告

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
[PR] バーボンハウス バーボンなら何でも揃う! 今なら送料無料 www.bourbonhouse.orz
広告によるマインドコントロールの一例。サンタクロースはペプシを飲まない。

広告(こうこく)とはメディアを用いたマインドコントロールの一種である。しかし近年その効果が疑問視されており、フラッシュマーケティングステルスマーケティングなどの代替手段の研究開発が進んでいる。

[編集] 概要

広告は消費者に商品やサービスを知らせる手段として誕生した。しかし、商品名などが知られても実際に売れなければ意味が無いため、次第に消費者に商品を買わせる手段へと変化した。サブリミナル効果、ヘビーローテーション[1]など現在では一般的となった技術はこの変化の過程で開発されたものである。

長年消費者は大量の広告の「買え」「使え」といった命令に従う奴隷に過ぎなかった。しかし広告の実態が明らかになるにつれて、命令に反抗する者が若者を中心に増加した。いわゆる「若者の○○離れ」はこの過程で生まれたとされる。近年では消費者のマインドコントロールよりもマスコミのコントロールに重点を置いた広告も少なくない。何を伝えたいのかよく分からない電力会社や新興宗教法人のイメージ広告がこれに当てはまる。

[編集] 脚注

  1. ^ 同一のコマーシャルを繰り返しテレビで流す手法。「鬱陶しい」という不快な記憶だけが残ることが多い。アリコジャパンが基本技術を開発した。

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「広告」の項目を執筆しています。
この項目「広告」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語