広島焼き

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

広島焼き(ひろしまやき)は、広島で行われる拷問のひとつである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「広島焼き」の項目を執筆しています。

概要[編集]

広島は人々が荒々しく抗争の絶えない風土であるため、敵対組織の構成員に対する尋問、拷問が発達した。中でも最も効果のあった拷問は「広島焼き」と言われ、他地方出身者に恐れられた。

内容[編集]

広島焼きの名前については、その恐ろしさとともによく知られているが、その内容を知るのは広島出身者に限られている。広島住民は家庭でその内容を教えられるものの、拷問として効果的であること、酸鼻を極めるものであることから、他地方出身者への口外を禁じられているためである。

広島では、「広島焼き」という語を耳にした際には強い語調で「それは何か。そのようなものは存在しない。」と存在を否定するよう、初等教育で教えている。

関連項目[編集]


書きかけじゃ 隆太「ラわーん! あんちゃん、この広島焼きはまだ書きかけじゃあー! シゴウしたるぞ!」
元「なんじゃと! くやしいのう、くやしいのう。お、おどりゃなんとかせんかい! 誰でもいいけえ、加筆してつかあさい。」 (Portal:スタブ)