床オナニー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

床オナニー(ゆかおなにー)は、男性が無意識のうちに床、本、壁などで陰茎を圧迫、摩擦をさせ射精したことを自覚できない自慰行為のことである。主に性教育を疎かにしている小中学生によくみられる。また一般的には、自覚している、自覚していないに限らずに床オナと呼ばれているが、明確には自覚している場合には、うつぶせオナニーと言う。 通常、幼少時にこのような行為をしていた場合、周りの大人からの注意などでやめさせられることが多く、ほとんどの者は体得に至らない。 しかしそれらをかいくぐり行為を続けた者達が体得し、真のうつオナニストとなることができる。彼らもまた、選ばれし者達である。


概要[編集]

元々床オナニーは、軍隊の厳しい訓練に苦しむ自慰をする暇もない兵士が「オナニーを誰にもばれず、かつ訓練のときに出来るないものだろうか」とぼやいたときに、「匍匐前進のときにでもしてみたらどうだ」と言った兵士のヒントを得て考案した戦闘員向けの自慰であるが、非戦闘員が行うのが大多数である。床オナニーの経験のある男性は意外なほどに多く、また皮オナニーよりも気持ちよいと言われ、そのために他人にこれほどの快楽を教えるのを惜しむ人が多く、行為をしている様が非常に滑稽であり、「この行為は自分しかしていない」などと考え、他人に言えずそれらの理由で床オナの情報は非常に稀少であり、非日常的である。それゆえ、床オナの危険性などが、認知されないのが近年の問題となっている。実際に最近では、小中学校の性教育授業でしばしば取り上げるなどの啓発運動が盛んである。

危険性[編集]

先述の通り非常に危険な行為であるためにしっかりと学んでおきたい。

うつぶせオナニーの危険性[編集]

  • 皮オナニーよりも気持ちが良いために、他のオナニーよりも床オナをしがちになり、非常に中毒性が高く虜になり易い。
  • ペニスが曲がる

一般に、「男性の性器は生来常に左右のどちらかに曲がっている」と言われているが、それは大半は床オナが原因であり大きな間違いである。 修学旅行での入浴際にいじめの標的になりやすいので要注意である。

  • ズボンを履いたまま行うと非常に生臭くなり、その状態で公共の場などへ行くと悟られやすい。

悟られた場合に備え、「釣りをしていた」などの謎の言い訳を用意していたほうがよい。

  • 生臭いペニスに手で触れてにおいを嗅ぐ癖がつくため手が常に臭くなる。

においを嗅いでいくにつれ、意外とそのにおいが良いと感じ始めると要注意である。

  • ズボンやパンツを履いて行うとパンツに精子が付着するために意外と洗濯するときバレ易い。

皮オナニーやオナホールなどのティッシュなどの周到な準備を必要とせず、便利ではあるが一長一短である。

  • 膣内射精障害になり易い。
  • おかずが限られる。

手を使う行為と違い、うつぶせにならざるを得なくなるので本類、携帯、妄想など非常に限られている。当然パソコンもノートに限られる。

  • 机や寝具の利用などを踏まえれば、デスクトップPCでもできない事は無い。その内背中が痛くなるが。

床オナの危険性[編集]

ほぼうつぶせオナニーの危険性と似ているが、全て自覚がないためうつぶせオナニーより遥かに危険である。

  • 無自覚なために会社や学校で無意識のうちにしてしまう。

発見しよう[編集]

床オナニーは早期発見が非常に重要である。以下のことに1つでも当てはまれば床オナニーの虜になっています。

  • トイレをするとき、ペニスを手で固定せず放尿したら尿の軌道の左右にズレが生じている。
  • 明らかにペニスが左右のどちらかにに歪んでいる。
  • 気がついたら精子がパンツに付着していた。
  • うつぶせオナニーをしてみたらペニスをあずけるほうの左右の一方しか抜けない。

実際にうつぶせオナニーをしてみましょう。する際にペニスを左右の太もものどちらか一方にあずけるはずです。右より左の方が気持ちが良いなどを感じたら要注意です。

  • ひとりでいる環境のとき、気が付くとペニスを触っていた。
  • 寝るときに、うつぶせになって寝ている。ちなみに、自分は小三の時から床オナと知らず毎晩布団にこすりつけていた。あの頃はよく、ドライオーガズムしてたなぁ。と今になって思う。あと自分は右より左の方が気持ちが良い。



床オナニーとうつぶせオナニーとの相違[編集]

うつ伏せオナニーは19世紀が起源とされているが、床オナニーは明確な資料などは残っていない。というのも床に陰茎を圧迫、摩擦をさせる自慰のことを資料では緊急時に行う自慰であると記されていることから故意の自慰であると考えられるためである。うつぶせオナニーは故意のある行為であるが、床オナニーように無自覚から自覚後も継続的に床に陰茎を圧迫、摩擦をさせる自慰を行えば床オナニーと呼ぶ。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)