彗星

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

彗星(すいせい)とは、太陽系で確認される隕石の一種である。水との相互作用が強い物質を多く含有する隕石であるため、疎水性を持つことはなく親水性を示す。この性質から、水に溶けやすいということが確認されている。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「彗星」の項目を執筆しています。

性質[編集]

彗星は水星の地表ないし地下に存在する物質を主成分としている。大気がほぼ存在しない水星では水成鉱床はおろか水成の岩石類は存在しておらず、そのような環境下で生成される彗星にも水分の形跡は確認されない。内惑星である水星で誕生した彗星がどのような趨勢において太陽系のより外側に位置する地球へ向かうのかは不明であるが、太陽の引力に逆らって移動するため、地球に近づくころには推進力を失ってその速度は衰勢に向かう。地球の引力にひかれることで趨勢が変化し彗星の速度は衰勢を脱するものの、彗星は耐水性を持ち合わせていないために、地表の7割以上を占める海面に落下して水溶したり、大気中に存在する水分の影響を受けて水性ガスとなって消滅したりする事例が大半である。このため、彗星の現物が地球上で確認されることはまれである。

彗星は水星由来の養分を多く含有しているため、などに着水した場合には親水性ゆえに溶解して水生植物や水棲動物の栄養源となる。また、彗星が大気圏内でも衰勢に向かわずにダムなどの水制を目的とした構造物に衝突して甚大な被害が確認される事例も確認されており、このような凄惨な災害が相次げば人類にとってこの世は衰世へと向かい、水声しか聞こえない終末を迎えるとの懸念も一部で存在する。

彗星と文化[編集]

水生生物にとってしかメリットのない彗星は古くから恐れられてきたため、秩序をぶち壊す人間のことを彗星のような人と呼称することがある。またこの意が転じ、相手球団に厄災しかもたらさないほどの俊足を具備した元阪神赤星憲広には、「赤い彗星」という別称が定着した。

上述したように肯定的な印象を持たれない彗星ではあるが、大航海時代の人々は彗星の欠片を保存する技術を保有していたらしく、のちに中国へと伝来して吹青の装飾に使用されたという。

関連項目[編集]