彼女

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

彼女(かのじょ)とは世の中の全てのと称される生命体から見て、と称されるに対し特に使われる言葉である。その言葉の使用用途は非常に幅広く、生物学的には男であったり(→同性愛ニューハーフ)、二次元に存在したり、一次元に存在したり、実体としてではなく脳内に存在したりと非常に様々である。

[編集] 用途

彼女に求められる役割。

いずれの場合もその用途は共通しており、一般の外見的特長上にの要素を持つものには射精の為に存在していると言っても過言では無い。しかし、三次元空間上に有機物として展開している個体によって墓場へと引きずりこまれたり、二次元平面上にデータとして展開している個体によって精神を蝕まれたりするため、過剰に入れ込むことは避けるべきである。しかし、その一方で彼女は実際には存在しない、空想上のモノのではないかという説も一部で有力である。実物の彼女を見たことがあるという情報は存在するが、そのいずれもがイケメン、金持ち、口達者という全く信用できない生物からの情報であるため、立証できない。そして三十年間生きてきた人でも確認できないため「架空の存在である」というのが一般的である。

[編集] 取得方法

取得方法としては、ナンパ合コン紹介譲渡釣り、描画、彫刻、執筆、想像などが一般的である。またどの方法を選んだかによって、それによって得られる彼女の存在次元が変わってくる。一昔前までは、三次元上で、と似たような特徴を持つ人間しか彼女として認められなかったが、現在ではそのような偏見による差別が非難され、存在次元の自由が認められるようになっている。

なお、生物学的にの遺伝子を有しながら彼女を作るのは、まったくもって変態であると言っても過言では無い。しかし、例外として両者の外見的素質が極めて高い場合、逆に賞賛される事例も存在する。

三次元から二次元への展開が進む21世紀、今後の課題は四次元から十一次元にかけての展開とされる。

[編集] 取得後

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「第十四章 彼女」の項目を執筆しています。

取得した彼女の取り扱い方法は法律によって規定されている。

  • 第十四章
  1. 彼女の開発・製造・運搬・保管は自力更生を原則とする。
  2. 一切の彼女は部長の所属とし、通常各課に貸与されているものとする。
  3. 保管は居住と分離して行い、いついかなる時にも商×体制へ直に移行できる様にする。
  4. 防衛的彼女は家具の一部として改良し居住地に保管しておく。
  5. 彼女開発に関する基礎学習、訓練実験を課の責任で行い、蓄積する。
  6. 材料、製品、兵站等を開発し蓄積する。
  7. その成果は質、量、所在などは部長に報告し、徴発に応じる。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語