心のメモ帳

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

心のメモ帳とは、脳 (コンピュータ)にプリインストールされた、テキストエディタのことである。ファザー・ソフトマザー・コンピュータの共同開発である。

機能[編集]

テキストエディタのソフトであるが、テキストだけでなく、カメラから取り込んだ画像・映像データや、マイクから取り込んだ音声データを読み込み・保存することができる。

基本的に、すべての人間にインストールされており、脳 (コンピュータ)の対応言語それぞれに対応している。

なお、脳の対応言語以外のデータを読み込むには、外部メディアを利用し、その言語をインストールする必要がある。インストールに要する時間にはスペックに大きく依存し、スペックがあまりにも低い場合にはインストールが不可能な時もある。

使用方法[編集]

起動法[編集]

「覚えておこう」、「心のメモ帳にメモしとこう」と念じるだけで、起動することが可能である。さすが脳である。なお、「心のメモ帳」の存在を知らなくても、このソフトを使用することは可能である。

保存方法[編集]

心のメモ帳を起動し、メモした段階で、自動的に脳独自の形式で保存される。

保存したものを読みだす際も、起動と同様に念じるだけである。なお、脳の使用しているプロトコルの仕様により、保存したデータの一部またはすべてが読みだせないときがある。

印刷方法[編集]

保存したテキストは、プリンタを用いると印刷することができる。

しかし、印刷の精度もスペックに大きく依存し、一般的なプリンタより良い精度の印刷機能を持つものもあれば、読解困難なレベルでしか印刷できない個体も存在する。

その他の機能[編集]

ほとんどの個体に標準搭載されているスピーカーを用いると、心のメモ帳に保存した音声データやテキストデータを音として出力できる。

また、一部の個体に搭載された特殊なソフトを用いると、画像データを画像として印刷することができる。

使用例[編集]

一般にあまり認知されていないが、一部の小説では登場人物が心のメモ帳を使用することが多い。

また、意識していなくても、「しっかり覚えておこう」と思った時には心のメモ帳を利用している。

一般的なコンピュータでもどんなファイルももとはテキストデータだが、脳 (コンピュータ)もほとんどのデータを心のメモ帳で読みだせる。

関連項目[編集]


NOW LOADING .... Loading bar blue.gif
心のメモ帳の執筆者をロード中です。しばらくお待ちください。
待ちきれない場合は自分で執筆してください。 (Portal:スタブ)