妊法

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
出典: 八百科事典アンサイクロペディア(大丈夫、本当の項目名は忍法だから。君は間違っていないよ。

Icon-not-under18.png この項目には、18歳未満には有害な記述が含まれています。

下の毛がまだ生えていない等の理由で情報入手に法的制約のある方は、お母さんに見つからぬよう背後の気配に細心の注意を払いつつ閲覧してください。アンサイクロペディアの連中は、そんな面倒臭い検閲を行っておりません

妊法(にんぽう)とは、「効率よく妊娠する方法」及び「妊娠したまま戦う方法」の事である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「妊法」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「くノ一妊法帖」の項目を執筆しています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「妊法」の記事を執筆しています。


概要[編集]

妊法を修めた女性。

女体における非常に大きな変化として知られるのが妊娠であり、270日前後という短い期間でボディサイズの大幅変更を行いつつ子供を出産するまでの状態をいう。基本的に妊娠とは婚活における切り札であり、妊娠してしまえばほぼ確実に婚活は成功する[要出典]。しかし人間の生殖効率はあまり高くなく、受精に至っても無事に着床してくれるかは神のみぞ知ると言う領域にある。その為可能な限り妊娠の確率を上げる為の手段が、効率よく妊娠する方法としての妊法である。そして妊娠が成立したあと、それを有効に活用するのもまた妊法。女にしかできない、まさに必殺技と言えるだろう[要出典]

妊娠するための妊法[編集]

とにかく妊娠確率を上げるためには危険日を狙う必要があり、そこをピンポイントで撃ち抜いてもらえるように「安全日だから」と嘘を吐いてノースキンセックスへと持ち込む技術が求められる。妊法の中にはわざとガードを緩める素振りを見せて攻撃を誘う誘い受けの法や、形だけ口だけの抵抗で男の獣欲を掻き立てる獣隠れの法という技が存在し、それらを駆使してNSNS(生挿入生中出し)という勝ちパターンへと持ち込むのが妊法における有効戦術として有名。また、膣筋肉の鍛練で精液を溢さないようにする種封じの法などを併用すると更に確率が上がる。

戦闘での妊法[編集]

こちらの妊法は妊娠が成立し所謂「ボテ腹」になってから使用される。妊婦が相手ではほとんどの人間は社会的刷り込みから手荒な行為を躊躇うようになり、一方的な攻撃が可能になるのである。万が一追い込まれたら「破水しそう」「陣痛来た」などと言えば、余程の事がない限りは迅速な撤退を完了させられる。

また戦闘だけでなく、あらゆる場面で応用が効く。妊法を使えばインフルエンザワクチン処方から電車内の席取りまで、ありとあらゆる場面で優遇される事が可能になるしそれを咎める者もいない。妊法の活用こそ、人生を豊かにする好手である。

関連項目[編集]

この項目「忍法」は、嘘です。よく近所の物知りおじさんが教えてくれた豆知識も大抵は嘘です。アンサイクロペディアを真に受けてはいけないのです。大事なのは、ジョークを笑い飛ばす心の広さです。