忍者外人

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
この記事は、en:Ninja Gaijinから翻訳されたものです。
『忍者外人』の貴重な箱画像

忍者外人(にんじゃかいじん)は、ゲームボーイ対応ソフトの一つ。任天堂が北アメリカのビデオゲーム市場に参入を開始した初期の頃のソフトだが、売上本数はわずか5本であり、北米市場でのビデオゲームソフト最低売り上げ記録を持つ『Plumbers Don't Wear Ties』(日本未発売。邦訳:「配管工はネクタイをしない」)より3本多いだけという結果となった。任天堂の北米市場参入時の失敗例の一つとされている。

目次

[編集] 背景

タイトル画面。インクとブラシのグラフィックは、倫理規定チェック回避のためにマスターアップ5分前に急遽加えられた。

当時任天堂が製造していた多くのビデオゲームは、文化的な違い(巨乳とモンスタートラックとショットガンの欠如)により、アメリカではあまり人気が出なかった。しかし、80年代の忍者大流行は2ヶ国の文化的な違いを橋渡し役であるビデオゲームにもインスピレーションを与えた。日本のゲーム開発者とアメリカのユーザーは忍者を賞賛し、気の狂った忍者がピザの配達と同じくらい普通に人を殺すシーンを盛り込んだゲームが開発された(残念な事に、このシーンは開発時間の制限上、為に最終版からは削除された)。

[編集] 技術的問題

ゲームボーイの限られた処理力の為、画面は白黒であった(ゲームボーイ自体はフルカラー表示が可能であるにもかかわらず。実際、古いゲームボーイの液晶画面は後にアップル社によってiPod nanoに流用されている。なお、この理由で最初のファームウェアのボタンを全て同時に押すと初期のマリオを遊ぶことができる。ただしアップル社は、後の最新版でこれを取り除いている)。

ゲームボーイハードウェアでは、画面上の白いドットが0で、黒は1として表現されるので、出来るだけ0を使う事によって多くのメモリースペースを確保した。フレームレートを一定にするために主人公を白くする必要があった。これが原題「忍者」から「忍者外人」へ名前を変えられた理由となった。

[編集] 難度

平均外人コスプレ

忍者外人の主な欠点の内の1つは、伝説にすらなった低さの難度であった。忍者外人の開発は開発ハードウェアの不足によって苦しめられ、テストプレイは任天堂ゲーム&ウォッチで行われる有様であった。低解像度液晶ディスプレイのためにゲーム自体はどうしても難易度を下げざるを得ず、製造が始まってハードウェアの非常により大きくて明瞭な表示が想定外の難易度の低さをもたらした。

より難易度を上げ、またキャラクターとしてよりクリアの難しい「忍者蛙」を選択できるようにした特別版「忍者外人ホワイト」の発売が計画されたが、オリジナルの売り上げが低すぎたために断念された。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語