忘年会

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

忘年会(ぼうねんかい)とは、年末に行われ、年内のことを全てさっぱり忘れ去って無かったことにしてしまう日本の労働現場がいかに悲惨であるかを物語るとともに日本の白痴さを象徴する宴会である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「忘年会」の項目を執筆しています。

忘年[編集]

忘年会は日本において年末の仕事納めなどで行われる宴会であり、名前のとおりこの会ではを飲み騒ぎ暴れ、その年の間に起こったことを全て忘れることを目的としている。これは日本独自の文化であり、同じアジア文化圏の年末宴でも中国では年夜飯、韓国では送年会として年を忘れることを目的としていない。日本のみが忘年をすることを目的としているのは、日本では1年を過ごすことがあまりにも酷で悲惨なことしかないために、その全てを忘れ去ってしまわないことには辛すぎて次の1年間を耐え忍び切ることができないからである。これは過労死が日本独自の文化であることと同じく日本の過酷な労働環境からきていることがわかる。 近年では「忘年」の効果を最大限に活用するため、12月31日に忘年会を開催する企業が多いため、31日は飲食店にとっては花火大会と並んで書き入れ時になった。

二の舞[編集]

「歴史は繰り返す」 ~忘年会について、クルティウス・ルフス 忘年会によって日本人は心のバランスをとることに成功したが、その代償としてこの会合でその年に起こったことを忘れ去ってしまうため、人々は同じ失敗を何度も繰り返すことになってしまう。失敗の経験は、その出来事を冷静に分析し原因を見つけることで次の失敗を防ぐことができるが、日本人は忘年会によって経験がリセットされてしまう。大抵の事件や事故は年が明けると「そういえば、そんなことあった気がする」というデジャブー程度の扱いにされ再発防止措置も無かったことにされてしまうのが通例である。そのため、毎年の忘年会が始まる前から去年の二の舞を踊って見せる宴会芸好きが何人か出現することになる。

近年で忘年会の効果が大きく見られる例では、2011年に起こった原発事故も年を越せばなぜ止めていたのかも忘れ去ってしまい、2012年には電力会社と政府が原発再稼動を目指す姿などが挙げられる。

無礼講[編集]

忘年会は、その年のことを全て忘れ去ってしまうことを目的とするため、会社での上下関係も忘れ去って団結したホームレス同僚のようにダベる語らうことが正しいとされる。無論、そのことすらも忘れてしまうのが本来の忘年会の形であるが、なぜか上司は何年先になっても部下が気安い態度をとった事を憶え続けている。これは忘年会の最大の謎である。

関連[編集]