恋愛

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
ひよこ陛下
秀逸な記事

Featured.png

この記事は秀逸な記事だよ。書いた本人とひよこ陛下が言うんだから間違いない。より素晴らしい記事にできるってんなら、してみやがってください。お願いしましたよ。
「女と男が出会った時、
愛する役と愛される役は決まっている。
それを忘れて過剰に愛を注いだり欲しがったりするとその関係は早く終わる事もある。
愛するということは相手を信じる事であっても、相手の全てに寛容であるということではない。束縛された時に感じる愛もある。」
恋愛 について、B'z

恋愛(れんあい)とは、特定の異性ないし同性に対し特別な感情を抱き、その相手と繋がりたい(肉体的にも精神的にも)と思う感情を指す。ただしその願いは、特に精神面においてほとんど叶うことは無く、自殺オタク化の原因となっている。現在、少子化の抑制と景気回復を狙って、政府とマスメディアは結託して恋愛至上主義論を流布している。

ただし、中高生における恋愛は、一部を除いて「彼氏(彼女)がいる自分自身に酔うこと」が目的となっているため、大人の恋愛とは区別して考える必要がある

尚、恋愛とセックスフレンドの異なる点は、セックス目的である。前者は肉体的な快楽に加え、相手との繋がりを実感することが主な目的だが、後者は完全に肉体的な快楽のみを目的としている。

上杉謙信ランスに惚れてしまったところ。畜生!謙信公は俺の嫁なのに!!

目次

[編集] 概要

恋愛の目的は、繋がり(主に心)によって、精神に安定をもたらすことであるが、それは叶うことが無い。なぜなら、人は他人と交流する際には必ず「作り物の性格(=ペルソナ)」によって、人を欺くことによって世間に適応しているからである。つまり、「相手を好きになる」ということは「相手の作り物の性格が気に入った」ということであり、恋愛に勤しんでいる人間とは「相手を騙したつもりになり、自分も騙されていることに気付きもしない人間」を指している。

そもそも所詮、肉体的関係に至るまでの過程を美化しているに過ぎないので、恋愛により精神的に繋がれるというのはマヤカシであり、ただの妄想である。

また、恋愛をしている人間の脳では脳内麻薬であるエンドルフィンが大量に分泌されている為、彼らの精神は正常な状態にあるとは言えない。相手の性格が作り物だと気付かないことの原因は恐らくこれであるだろうと言われている。

[編集] 恋愛対象

恋愛対象の条件は、重要な順に、におい、顔の良さ、性格である。関係は以下の通りである。

\mathrm{money} \ge \mathrm{smell} \ge \mathrm{looks} \gg \ldots \gg \mathrm{personality}

[編集]

一番重要な条件である。多ければ多いほどいいが、多くても相手に貢がなければ無いものと見なされるので、注意が必要である。また、継続して大金を持っていることが必要であり、例えば宝くじで3億円を当てたとしても、3億円使いきった後に破局するのがオチである。

[編集] におい

異性の顔や口や手やおっぱいなどから漂うにおい・・・。これを24時間365日ずっと嗅げたら、俺の満腹中枢は狂おしく刺激されること間違いなし。特に女子の足のにおいは男性から重要視されることが多く、少し匂っていることが求められる。そのため、行為時には靴下を脱いで、足の裏を嗅がせる、舐めさせるということが求められるのは言うまでも無い。

[編集] 顔の良さ

これも良ければ良いほどいい。ただし、複数回見ると飽きられるし、年を経て衰えることも考えられるため、この1点を狙う場合は継続して整形を行なうことが必要である。

[編集] 性格

性格を重要視する人もいるが、元の性格で接する人はいないのでこれはあまり重要ではない。元の性格を良くするより、被った仮面がはがれない努力をすべきである。

[編集] 主な症状

恋愛感情は、苛立ち、神経質化、心身不安定などの精神的なものから、動悸、息切れ、眩暈、多臓器不全、心室細動、脳溢血のような肉体的なものなど、様々な影響を人間に与える。症状が進行するとえてして自殺に走ってしまうことが多いが、二次元へと活路を見出せた場合はオタク化することにより立ち直ることができる。これが原因によってオタクとなった場合は、専らアニメ(主にハーレム系)の中の主人公に自分を重ねることによって精神の安定を得ることとなる。

しかし、以下にあげるようなわかりやすい例が出ることも稀にだが有る。

  • 夜中にいなりずしをどうしても食べたくなる
  • 海に向かって「バカヤロー」と叫ぶ
  • 「僕は死にましぇん!」と道路の真ん中で訴える(普段は公立中学教師)
  • 特定の異性に毎朝みそ汁を作ってもらいたくなる

動物発情期とは異なり、木にしがみついてミンミン鳴いたりすることはあまりない(一部上場企業を除く)。

一般的に女性は恋愛を神聖化する傾向にあるが、現実では恋愛は主に金と肉欲と世間体によって構成され、心が繋がるケースは稀であるため、このような症状を引き起こす人は女性が中心である。稀に「心から愛してる」などと上辺だけの薄っぺらい言葉を吐き捨てて心の繋がりを錯覚するケースも見られるが、ほとんどの場合数日後には嫉妬と嫌悪にまみれた昼ドラを繰り広げることになるため、世間ではタブー視されている。

特殊な例としては、恋愛によるストレスで殺人事件を引き起こす場合もある。特に男性がこの症状を発症しやすい。この場合、殺人を引き起こす側は要するに男が女に敵うはずも無い心理戦や情報戦に挑み、あえなく敗れた「勇気と無謀を履き違えたクズ」であるため、存在価値の比較の結果、罪を問われる場合が多い。

恋愛は都市伝説精神病の一種と考える学説も存在する。前者は前項で述べたように、心の底まで相手を好きになるという理想的な恋愛は存在しないが、多くの人間に語り継がれているというこの事象が、口裂け女当たり屋連盟に似通っているということから唱えられたと言われる説である。同じような存在に彼女性格美人などが存在する。 後者は本項の最初に述べたような症状を引き起こすためである。これにより一生を棒に振る人間も多いため、本来なら早急な対策が必要なはずだが、カウンセラーはこの手の相談を面倒くさがるので、むしろ恋愛を推奨することが多い。

[編集] 中高生における恋愛

中高生が恋をしたがるのは、恋をすることが格好良いことだと思っているからである。キスやセックスをしたがるのも同じ理由である。

中高生はちょっとした体の成長を「大人になった証」などと勘違いし、それを「大人には恋人がいるはず」という考え方に発展させている。そのため、相手のことを好きでなくても恋仲になり、すぐに破局してしまうのである。愚か者が。しかし、彼らはその「破局」ということにすら「大人っぽさ」を感じてしまう愚かな存在である為、意味ありげなメールアドレス変更の連絡を友人に一斉に行ったりすることで新しい恋人をつくりすぐに破局、と、これらが永久に繰り返されてしまうのである。

もちろん、人と付き合うことや破局することは格好いいことではなく、そもそも自分のステータスを目的として人と恋仲になるのは、相手にとって非常に失礼なことである。 恋愛に溺れる間抜けな人間どもよ、少し考えればわかるだろ? 孤独を恐れただつながりを持とうとしたところで結局人と人はつながってなどない。 形成と崩壊を繰りかえす無限連鎖の中に人間はいる。

[編集] 恋愛によるメリット

あまり知られていないが、恋愛によりメリットも発生する。ただし、非常に小さなもので、デメリットの方がむしろ大きい。そのためメリットを期待して恋愛をすることは止めたほうが無難である。

[編集] 精神の安定

非常に稀であるが、心が繋がることも無いわけではない。もし心が繋がった場合は本来の目的である「精神の安定」を得ることができる。ただし、一度心が繋がってしまった場合、破局すると二度とその繋がりは修復不可能であるため、細心の注意を払う必要がある。

[編集] 少子化の抑制

誰かと恋仲になると、必ずといっていいほどセックスをするため、妊娠の可能性がある。凡そ日本人は中絶することを良しとしない傾向にあるため、少子化の抑制が出来る。しかし最近はセックスレスカップルも増えてきているため、必ず発生するメリットではない。

[編集] 緊急時の対処

家などで倒れてしまった場合、自分ひとりだと誰にも助けられることは無く、そのまま死んでしまうケースがある。恋人がいた場合、その人が基本的に助けてくれる為、メリットが発生する。

[編集] 良い世間体の獲得

恋人がいない人はいる人よりもお金を散財しないため、企業やマスメディア、またはすでに散財した人々により蔑まれる傾向にある。恋人を作ることによって、彼らを一転して味方に付け、良い世間体を獲得できる。これは上述した3つとは異なり、必ず発生するメリットである。

[編集] 景気の刺激

上述の通り、恋愛には出費がかさむ。単に沈滞しがちな関係に刺激を与えるためだけに、味も分からない高級料理を食べたり、今まで何度も行ったネズミ園に繰り出したり、別段いきたくもない場所にドライブに行ったり、家ですればいいセックスをラブホで行ったりする。それによって本来であれば発生しなかった消費が行われ、経済が活性化する。

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「恋愛」の項目を執筆しています。
他人の恋愛を鑑賞および干渉することを非常に好む人種である。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語