恐るべき子どもたち

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
危険な名前の項目に注意:この項目によりご自身の何かを狂わせてしまった方は、専門の医療機関に相談してください。
1120826849129.jpg
おわあ、こんばんは おぎやあ、おぎやあ、おぎやあ おわああ、この記事の作者は病気です。
Stop hand.png どくいり きけん よんだら しぬで
この記事にはが含まれており、読むことで不快感に襲われる場合があります。

恐るべき子どもたち(おそるべきこどもたち、Les Enfants Terribles)とは、コクトーというアヘン中毒のおバカさんが書いた、オフランスで有名だった小説である。黒糖じゃないよ。

Les Enfants Terribles.

概要[編集]

アヘン中毒の入院中に僅か17日間で書き上げたというだけあって、全くわけのわからない内容の物語で、子どもたちは自分達で作り上げた「広場」という閉鎖空間においてなにやら「雪合戦」というバトルロワイヤルゲームをして楽しんでいる。 また「家」も広い意味で結界術を取得している聡明な子どもたちによってある種の閉鎖空間に作り変えられており、自分のが家に入っているときに家に帰ってしまうと姉は戸口に「結界」を張って自分のが大怪我していようと明日の朝まで家から出られないようにしてしまったりする。弟カワイソス

スポイラー
スポイラー

警告:以下の文章にはネタバレ、いわゆるスポイラーが含まれています。これにより記事はより空気力学的に洗練され、その結果としてより高速で疾走できるようになります。

もしあなたが、アルバス・ダンブルドアセブルス・スネイプに殺害されることや、坊っちゃんは東京の路面電車の運転士になることや、落ちなかった最後の一葉はベアマン老人の描いた絵だったことや、カフカの父親はナカタさんに殺されることや、結局主人公が呉一郎なのか、呉一郎が犯人なのかも最後までわからないことや、アンサイクロペディアウィキペディアのパロディであることを知らないのであれば、充分注意して、初版本を手放さないようにしてください。

登場人物[編集]

  • ダルジュロス - きれいなジャイアン。だが、文字で綺麗と書いてあるだけで、実物が綺麗かどうかは、K-POPによる。異名は、ドリアン・グレイ。ノストラダムスで、イッキューサン(人名)として出現する恐怖の大王の種類であるらしい。その場合、イッキューサンを漢字名で表記すると、「仇さん、又の名は、仇SUN」となり、邪悪の権化で地球の命の源である太陽を仇としている立場にピッタリである。但し、原作では詳しい正体は秘められている。冒頭にひどい事をやらかす割には出番が少なすぎる。
  • ポール - ダルジュロスに対するポールの思いは腐女子向けといえる。おそらくコクトーは日本におけるBL小説の誕生を予見していたものと考えられる。
  • エリザベート - 「鉄の処女」恐るべきポールの姉。恐怖の大王と共謀しているだけあって、残虐残酷残忍さは、その名に恥じない実力を持つ。どSなので愛する弟を虐められずにはいられない。弟カワイソス。(´・ω・`)
  • ジェラール - お菓子屋とかで売ってそうなアイスクリームのようなもの。でもアイスクリームと比べて粘り気がない。
  • アガート - ポールを巡るエリザベートとの戦いに備えていつもモビルスーツをはいていたためそのようなあだ名がついた。

特徴[編集]

  • あえて言うなら、本の最後の部分だけで十分お腹一杯になる小説であるというのが最大の特徴である。正直それ以外はすべて蛇足だ。前半部分は雪合戦の事件の前後を読めばそれで十分だし、最後の数ページを読めば本小説の最大の特徴がどういった物であるかを肌で知ることが出来る。とりあえず、「猛スピードで子供同士のの戦いを変人が書き上げた小説」とだけ思っていればこの本を一応は読んだことになる。

ここから具体例の手前迄は、この小説に於ける著作者も知らないかもしれない極秘情報なので、読んでシマッタと思いたくなければ、別に読まなくともいいけど、読んだって結構。

タイトルと「シンデレラとガラスのクツ」の様にピッタリな子供達は、言うなれば、フランス革命以来、心当りの王侯貴族および金持ち暴力持ちシリー持ち達が、「もしもの時には、お互いに逃がし合おうぜ世界同盟」を結成した、その子供達である。鉄骨コンクリート塗壁バリヤー建ての生粋の実在の弾圧者達の血を色濃く引き継いだ子供達。世間一般に流布させている「子供は無邪気で純粋で可愛い」との蛸墨煙幕で実像を隠し、オクトパス・ガーデンで蛸に偽装したり紛れ込んで泳ぎながら計画的悪行三昧な子供達で、罪悪感は無い。「うちの子に限って」という親の愛を裏切らせて自らの仲間とし、仕返しされないようにメンバーを増やして来たが、その事も本文の行間を読まないと見えない。それ迄ずっと遣りたい放題だったのに、「フランス革命遣られたら、どうしてくれんのよっ!」と怒る大人達や、「その様な事は遣ってはいけない事である。直ちに辞めよ!」と注意していた人達が邪魔だったので、第一次世界大戦以降、善良な大人達の大量虐殺を計画実行して来たお陰で、第二次世界大戦以降は善良な大人達に叱られる事が少なくなって、彼等の遣りたい放題になって来て居た事は、チョー大奥様な極秘条項なので、選ばれたる極僅かな優れた新しい時代を担う他の人々よりも格段上の能力を産まれながらに持ち合わせている光り輝く煌めく時代の到来に相応しい人間にしか、明かされていないかもしれない。。。

子供達が、子供という隠れ蓑を悪用している事で、底知れぬ邪悪さとおぞましさが巧妙に描かれている。

注記:この欄の記述者の中では、私は正常である。

具体例 ↓の記述者は、日本人の中では著名なヘンナオジサン・イミフなので、読む価値無し。

具体例(本文から抜粋)[編集]

あなた、読んじゃだめ!」の叫び声にコクトーの動きが止まった。
「ばかなことをいわないで」とコクトーは小声で言った。「あたしがあなた洗脳してるみたいじゃない」
あなたならやりかねない」
糸色望的な現実に糸色望するほどの苦痛が加わった。絶望したー!コクトーはよろめいた。
何か答えようとする。
「カワイソスな人でなし!人でなし!」
あなたはつぶやきつづけ、ため息をつきながらPCを片手にショボーン(´・ω・`)とした青いまなざしでコクトーを刺しつらぬき中なう。PCを見つめすぎたには、熱っぽい輝きと冷たい燐光が浮かんでいる。
レティさんが窓ガラスを叩きつける。コクトーはあとずさった。
「そう、そうなの。そのとうりよ。嫉妬していたの。あなたを失いたくなかった。週刊少年サンデーが憎い。週刊少年サンデーがフランスオフランス文学からあなたを遠ざけていくなんて、許すことができなかった。自分の知名度的な意味で
自虐ネタがコクトーからシュールレアリスムという名の衣装を剥ぎ取り、無防備にして、弱小に見せた。
ルー大柴!な髪の毛が突風で後ろに跳ね上げられ、広くのっぺらぼうな額があらわになった。だがぬれた目の上の額は、貧相で、哀れにすら見えた。
コクトーは隠し持っていた縄をつかむ。
「締めるわ!あなたの目の前で自殺するつもりよ!」うわごとをいうあなたマンガ愛好者はしがみついた。
だが、コクトーを読んだことをなかったことにしたマンガ愛好者と、萌死の苦しみに喘ぐあなたを前にして、自虐は意味を失っていた。
すると、震え上がったマンガ愛好者の目に、いきなりこんな情景が飛び込んできた。錯乱した男?が、ぎくしゃくと体を震わせ、鏡に近づいて、ドヤ顔をしたり、両腕を広げたり、うへへへへと奇妙な笑い声を上げたり、ここからが神の領域だ!といって髪をひっぱったりしたのだ。
「気が狂ったのよ!なんとかして!」
記事そのものを長くする必要があるため、その時間を生きぬかなければならない。糸色望はとだえなかった。コクトーは話し、議論し、加筆し、削除し、この前思いついたネタを思い出し、その全てを加筆し、間違え、やり直した。急に、自分のの「Moe!!」が、「アンサイクロペディア」に出てくることを思い出した。あの百科事典では「萌え」とは麻薬の一種を意味していた。あの百科事典の居場所はウィキアだったかしら、と考えた。するとウィキのつくサイト名が文を追いはらった。チャクウィキ、アットウィキ、久米田康治ワールド Wikiサイト、YoutubeアニメWiki 無料動画。サイト名を暗誦し、ごちゃごちゃに混ぜると、WAWAWA忘れ物~が広がり、うわごとになった。
コクトーの落ち着きがあなたを驚かせた。コクトーはあなたの新たなまなざしから目を離さず、惰性的な行為を続けた。議論し、なおも議論し、暗誦し、WAWAWA忘れ物~を広げるにつれて、あなた催眠術にかかり、「魔法」をふたたび見出し、軽やかなかきこみ部屋に戻っていくのが分かった。

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

他作品への影響[編集]

「子どもたち」が自分たちのいる「閉鎖空間」において果てしないサバイバルゲームを続けていくという斬新な構図は近代における「可愛らしい子ども」という固定観念を生み出した文学界のショタコン達を震撼させた。このような子供たちの「セカイ」を超現実主義的な視点から再構成した独特の世界観は現代の作品にも大きな影響を与えている。

影響された作品[編集]

関連項目[編集]