悠長戦隊ダラレンジャー

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

悠長戦隊ダラレンジャー (ゆうちょうせんたい -) は、萌える戦隊ヒーローを作ろうとして制作されていた幻の番組。

概要[編集]

当初の予定では、仮面ライダーシリーズとの商品の販売時期をずらす目的で放送時期を変更し、放送局も独立UHF局に変え、2007年4月から9月までの放送するはずであった。

だが、その当時UHFアニメの路線の1つであった「萌え要素を足す事」や「声優たちが実写で出演し戦う事」へ東映側が異論を示し、企画は流れ幻の作品となった。

没となり、代わりに「らき☆すた」が放送されることとなる。

涼宮ハルヒの憂鬱」で起用した声優の多くをもう一度使うつもりであったため、企画時点でオファーされていた声優も多い。

悠長戦隊ダラレンジャー[編集]

正義の戦隊。珍しく構成は女性のみ。炎・水・大地のそれぞれの力を宿したタリスマンを使い変身する。

  • ダラブルー
水の戦士。変身前の名前不明[1]父親は先代戦士。必殺技は、戦隊ヒーローなのに必殺技が「最終キック」というキック技
演じる予定だったのは、実写作品への出演経験のある平野綾
  • ダライエロー
大地の戦士。変身前の名前不明。「パワーレンジャーシリーズ」と共通のキャラクターを出すという下、考え出された海外からの戦士。必殺技は飛び道具「らき☆くろ」。
演じる予定だったのは、特撮への出演経験もある佐々木望ではなくささきのぞみ
バーニング・ザ・ファイヤー
  • ダラレッド
炎の戦士。変身前の名前不明。古代怪獣ツインテールと共生しており、必殺技はツインテールの食べたグドンのエネルギーを炎として吐き出す「バーニング・ザ・ファイヤー」。
演じる予定だったのは、加藤英美里。本作の後、ある特撮作品に出演している。

先代ダラレンジャー[編集]

ブラックが闇に落ちたのをきっかけにバラバラになった…と思われていたが、ある者は客として、ある者は店長として、ある者はバイトとして、あるアニメショップに集まっている。

先代の水の戦士。主人公の父親で、戦隊の総司令というおいしい役回り。
水どころか氷も使うことができ、必殺技は冷気を手に集め敵を切り裂く「ブリザードクロー・エクスキュージョン」。
現在も総司令として正義のために戦っている。演じる予定だったのは、平松広和
その能力は他人に迷惑をかけまくる。
シャーイニング…
先代の炎の戦士。自身の熱気により、体から炎を放つ。必殺技はその熱気を手に集め敵の頭部を破壊する「シャイニングフィンガー」。
現在はアニメショップの店長として、一線を退いているが、自分を鍛える事は忘れてないらしく、何故か「シャイニングライダーキック」や「クリムゾンスマッシュ」や「ジャガーショック」と同名の技まで使える。[2]
演じる予定だったのは、実写作品への出演経験のある…というか、同名の役で特撮への出演のある関智一
闇に落ちてしまった戦士。先代の大地の戦士。必殺技は大地の力を手に集めて放つ「ダークネスヘルクラッシュ」と自爆技「キングスワールドエンド」。
現在は、ロリィタ帝国の配下として働いているが、それだけだと生活が苦しいため、アニメショップの店員としてバイトもしている。
演じる予定だったのは、杉田智和
ブラックの変身アイテム。没になった結果、少しデザインが変わり、自分が変身アイテムになってしまう。

ロリィタ帝国[編集]

歯科技術の粋を集めて造られた人造人間。設定では敵か味方か不明ということであったが、OVではロリィタ帝国の配下にいる。
  • ビジョフラディーヌ
悪のカリスマ。モデルは、「女優 兼 悪のカリスマ」という伝説の女優。
演じる予定だったのは、かつて「仮面ライダー」で緑川ルリ子を演じたこともある島本須美
かつて、フラッシュマンと戦った暗黒のハンター。「フラッシュマン」で死んだと思われたそれは、洗脳により見せた幻覚であったことになっている。
演じる予定だったのは、実写作品への出演経験のある…というか、同名の役で特撮への出演のある中田譲治
かつて、ライブマンと戦った天才科学者。「ライブマン」で死んだと思われたのは、大教授ビアスの姿を移植した少年王であり、大教授ビアス自身は生きていたという強引な設定の変更が行われている。
あの強引で、実際にそれを公式と判断してしまって仕方なく最近は東映がそれに合わせる形にしている非公式解説本に従う形で別人として登場[3]
演じる予定だったのは、「らき☆すた」でもギロロの声として出演していた中田譲治

OV[編集]

没に終わった「ダラレンジャー」であったが、企画案が何故か(もしくは、話題性ほしさに、わざと)ネットに流出してしまったためもあり、放送されてないにもかかわらず人気を得るという自体となってしまい、急遽OVが造られることとなった。

第1巻
2007年8月29日発売。設定資料集とともに発売された。同日、同名のCDも発売された。

主題歌[編集]

急遽制作したため、OPの「悠長戦隊ダラレンジャー」と混入歌「コスって!オーマイハニー」までしか完成せず、EDは「らき☆すた」で使用されたものが再利用されている。

宇宙鉄人キョーダイン
第1話ED。
勝利だ!アクマイザー3
第2話ED。
行け!ゴッドマン
第3話ED。

戦隊シリーズや仮面ライダーシリーズへの影響[編集]

同時期企画中だった「電王」は、「ダラレンジャー」が没となったことで声優を前面に出すことに決定した。また、当初、本作のキャラクターの口癖として考えられていた「俺の必殺技」や「参上」の台詞はそのまま使用されている。
企画時点ですでにオファーしていた声優にもうしわけが無いということで、出演が決定した。
「声優たちが実写で出演し戦う事」を再考した結果、「シンケンジャー」で行われることとなる。
声優が戦うという面以外は本作と同じコンセプトで制作された作品。
本作のED用として制作された楽曲「LUCKY STAR」がOPに再利用されている。あれから10年経ったので許されたと東映が考えたのだろう。
元々本作のEDとして使われる予定だったという名残として、歌詞中に「宇宙戦隊キュウレンジャー」の言葉が入っていない事があげられる。


脚注[編集]

  1. ^ 設定が決まる前に没となったため。ただし、父親が大森栄二郎なので、苗字は「大森」と推測できる。
  2. ^ 設定のみのため、同じ技かは不明。
  3. ^ ただし、設定資料では軽い反発として別世界の同一人物となっている。

関連項目[編集]


ゴーオンイエロー 今、「悠長戦隊ダラレンジャー」はかつてない危機に瀕しているの!
マウスでここをクリックして助けて! (Portal:スタブ)
柊つかさ2.jpg つかさです。この項目「悠長戦隊ダラレンジャー」はらき☆すたに関連した書きかけ記事なので、誰か加筆してあげてください。それじゃ私はもう寝るね。おやすみ~。あっははバルサ巫女すぅ~ (Portal:スタブ)
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「悠長戦隊ダラレンジャー」の項目を執筆しています。