悪の枢軸によるホットドッグ早食い競争

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
この記事は、en:Axis of Evil Hot Dog Eating Competitionから翻訳されたものです。


左からフィデル・カストロ、セイエド・アリー・ハメネイ師、金正日。金正日がリードしている。

悪の枢軸によるホットドッグ早食い競争(あくのすうじくによる - はやぐいきょうそう)は、一年ごとに枢軸国の異なるメンバーの地下掩蔽壕で開催されている。このコンテストは枢軸国のメンバーにとって誇りの源であり、このコンテストの期間中は、枢軸国のあらゆる悪の活動が中止される。

目次

[編集] 沿革

悪の枢軸によるホットドッグ早食い競争の歴史は、第二次世界大戦以前に遡る。1939年、ベニト・ムッソリーニは枢軸国の結束を固める方法について考えていた。結局、ムッソリーニはアドルフ・ヒトラー近衛文麿[1]を、ローマで行われた首脳会談に招聘した。ヒトラーは旅行中の楽しみとして、好物であるフランクフルト・ソーセージを大量に持ってきていた。それを見たムッソリーニは、「私なら、君より大量のフランクフルトを食べられると賭けよう」とヒトラーを挑発した。ヒトラーはムッソリーニの挑戦を受けた。仲間はずれにされるのがいやだったので、近衛もこの勝負に加わった。これが、悪の枢軸によるホットドッグ早食い競争の始まりである。

これ以来、悪の枢軸の国名や指導者は変わり続けているが、コンテストの伝統は受け継がれている。

[編集] ルールと賞品

ルールは単純明快である。「30分以内に、可能な限り大量のホットドッグを食べること」。最も多くのホットドッグを食べた者が、コンテストの優勝者となる。優勝者には黄金のトロフィーだけでなく、一年間アメリカ合衆国の宿敵として扱われる権利が与えられる。

[編集] 最近の優勝者

[編集] 関連項目

Potatohead aqua.png アンサイクロペディア特集記事
本項はアンサイクロペディア英語版メインページで特集されました。

[編集] 脚注

  1. ^ 翻訳元では天皇裕仁(昭和天皇)になっているのに、何故か日本語版では近衛に差し替えられてしまった事情については、お察し下さい
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語