惑星

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Disambiguation

ここでは、まーそのー……いわゆるひとつの世間様に最も一般的とみなされていると考えられているとされている
惑星につきまして説明している項目です。はい。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「惑星」の項目を執筆しています。

惑星(わくせい)とは、時々空の上で基地外のような動きをする天体である。見る人を惑わすという意味で、「惑星」の名がついた。人々をもてあそぶという意味から、「遊星」と呼ぶこともある。太陽系の惑星のことを水金地火木土天海(すいきんちかもくどってんかい)ともいう。

本来、一定の周期で地球の周りを全ての天体が回っているはず(天動説の日周運動)だが、この惑星はその様な世界の秩序に逆らい、日常的には恒星が東から西へ進むのに対して、西から東へ動く。それだけならまだいいが、正に人を弄ぶかのごとく、東から西へ逆移動することもある。

このような怪奇な動きをするため、古くから恐れられてきた。日月火水木金土の曜日や、占星術などはその様な悪戯にしか見えぬ動きから、将来を予想するために生まれたといえる。

昨今では科学の進化により、これらの惑星の動きも一定の法則にしたがっている事が分かっているが、2006年に惑星の一つとされてきた冥王星が消失して「自称惑星」(準惑星)になってしまうなど、未だにこのわけの分からない天体に対して解き明かされていない事は多い。中には迷惑になっていることもあり、「迷惑星」になったりするなど学者を困らせることもしばしばある。

小さい子供たちの間では「わくせい」のことを「わーくせぇ」と呼ぶことがある。小学生がおもしろがっていう分には可愛らしいことであるが、大人がこれを言うと冷たい視線を集めることとなってしまうため、使う場面を慎重に考えなければいけないものである。

[編集] 関連項目

Uncyclomedia Commons.png
アンコモンズに、惑星に関するガラクタがあります。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語