戸塚ヨットスクール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「戸塚ヨットスクール」の項目を執筆しています。
第40回 (1981年
エクストリーム・謝罪優勝プレイヤー
第42回 (1983年
エクストリーム・謝罪準優勝プレイヤー
「あの事件以来、なぜか問い合わせが後を絶たずに迷惑しているじゃん。とんでもない奴だ!!」
戸塚ヨットスクール について、横浜市戸塚区の住民&ドラえもん

戸塚ヨットスクール(とづか~)とは、名古屋共和国の知多半島に位置する、学校に名を借りた強制収容所である。決して、横浜には存在しない。なお、自殺の名所にもなっていて、自殺を願望する生徒が後を絶たない。また、そこの看守、別名「中二病のツァーリ」は容易に人を傷つけることで有名である。殺したこともある。

ここの校長は「2〜3人殺せば死刑だが、もっと多量に殺した挙句、反省すらしない人間は、数年で娑婆に出て来る事が出来る上に、石原慎太郎がパトロンになってくれる」と言う事の実例としても、つとに有名である。誰かを殺したいと思っている者は、ここの校長を模範として、大量虐殺を行なった上で、お縄になった場合でも、裁判においても、反省の態度を一切示さない事が肝要であろう。

概要[編集]

本学校に関する一般的な見解

弱虫から巻き上げた金で海外へ出た殺人常習犯の戸塚宏は、ギリシアの鄙町で地中海の景色を眺めながら、が当然のように裸で過ごした古代ギリシアの都市国家スパルタに想いをはせていた。なぜなら、スパルタの教育システムはサディズムの本家だからであり、女を塵屑のように扱える最高のシステムだからである。この題材で物語を書くことは彼にとっての一つのであった。ギリシア滞在中に構想をまとめた彼は、オーストリアに帰国後、古代ギリシアを舞台に、究極の教育とSMの快楽を追求する戸塚宏をめぐる一大SM小説を書き上げた。

戸塚宏率いるスパルタ式教育を柱とした戸塚ヨットスクールでは、多くの死者を出す程の虐待が行われ、サディストの読者の妄想を著しく刺激し、大変に評判となった。しかし、余りに残虐で冷酷な内容、それに加えて戸塚による生徒への暴行と大量死を見聞した為、近隣の三重県庁(安濃津)と滋賀県庁(京都)は、「戸塚の魔手を畿内に入れるな!!」って戸塚の著書を発禁処分とした。なぜヨットをテーマにしたのかといえば、それは女の水着を合法的に(以下省略)

こうしてこの小説は長らく出版できないままであったが、オーストリア帝国崩壊後に公開され、世界各国語に翻訳され出版されている。岩波文庫邦訳版の訳者は澁澤龍彦

ストーリー[編集]

この物語は、「を刺激すれば、ドーパミンその他の脳内物質が分泌されて病気が治る。従ってSMプレイによって脳に激しい刺激を加えて脳を鍛えれば、どんな病気でも治る。アトピー喘息登校拒否心筋梗塞中二病エイズ水虫白血病インポテンツアルコール中毒801病ぼくのかんがえたおもしろい記事多発症、全部治る」という医学的に根拠のないことを、独自の信念による教師ファイロスの暴走を描写している。

物語の序盤では、彼の説は多くの、特に上記のような病気(しばしば不治の病と思われた)の子供を持つからの絶大な賛美を受け、彼の学校には次々と入学希望者が訪れた。ファイロスはその子供達に独自の教育と治療を与え、少なくとも一部の(あるいはほとんどの)子供達に救いをもたらした。

しかしそれは上辺だけの話であった。多くの賞賛を浴びたファイロスは自説に溺れ、やがて暴走を始める。行き過ぎたSMプレイにより多くの者を出したが、そのことは彼を賛美する人々によって隠し通された。だがそれも限界を迎え、子供を失った親の一人の告発により事態が公となり、教師ファイロスは逮捕され、ムチ打ち500回の刑に処された。

だが、この刑罰により彼は更なる快楽に目覚め、ますますSMプレイにのめり込む。しかもこのことを聞きつけた老人達がファイロスのSMプレイを賛美したため、都市国家スパルタの教育業界は大混乱に陥る。ファイロスを支持する人々が増える中、教育と変態行為の区別がつかなくなったスパルタは人材が枯渇して破滅した。

つまり、この小説に従うと、ヨットスクールの卒業生は将来必ず国を滅ぼすということになる。

真の教え[編集]

  • 俺様の体罰は神聖なる儀式だぞ!
  • 怖い顔していれば、少しぐらい変なことをしてもいいんだ!
  • イジメはよくない、しかし左翼的なガキの場合は必ずしもその限りではない。
  • 格下の喧嘩は両成敗で収めよ、高貴なる俺達の身分を分からせるんだ!
  • 独裁者とは世界で一番寛大な人間のことなんだぞ!

正に、[保守思想を奉じる厳父]であることは、公然と中二病の行為を行うための早道である。

影響[編集]

この小説に感動した石原慎太郎は、思わず興奮のあまり怒張した1.4cmの逸物で障子を破り、戸塚ヨットスクールを絶賛した。また小泉純一郎安倍晋三もこの作品の愛読者であり、教師の生徒に対するSMプレイの解禁など安倍晋三の教育政策に、大きな影響を与えている。教師と同じ国に住む長田百合子にあたっては感化までされてしまい、教師のものまねにはまってしまった程である。

また、相撲界にも少なからぬ影響を与え、時津風部屋の新弟子への執拗な「かわいがり」、挙句死に追いやるなどの事件が起きている。この事件が日本において戸塚ヨットスクールの所在地である愛知県で起きたのも何かの縁、否、何がしかの直接因果関係があったものと認められる。

ここの卒業生は心身ともに鍛えられさぞや立派な大人になったものと推察されるが、今の所ここの卒業生が社会で顕著な業績・実績を上げたという報告はされていない。おそらく社畜として使い潰され、新小岩辺りに飛び込んで物言わぬ肉塊と消えていったのだろう。

関連項目[編集]


Syazaai.jpg この項目「戸塚ヨットスクール」はエクストリームスポーツに関連する書きかけ項目である。この項目へ加筆すれば、君もエクストリームスポーツへの出場が優遇されるのである。ただし、出場しても命の保障がないから気をつけろ! (Portal:スタブ)