放射能

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Plc13120517550014-p2.jpg
Plc13120517550014-p1.jpg
特定秘密保護監視記事

この記事は内閣に監視されています!!!
もしこのここの情報を外部の第三者に提供した場合、多分10年以下の懲役が課されます!
そうと分かったら黙って政府に従いましょう!

SpecialSecrecy.png

これは警告です!!!!!

放射能(ほうしゃのう)とは、怪獣映画やパニック映画などで知られる、有害な化学物質。しばしば放射性物質放射線と混同されるものの、全くの別物であるがそういうことに気がつかない人のほうが多い。

身に迫る恐怖

目次

[編集] 概略

放射能は、一部に未来のエネルギー源として注目されて世界中で使用されているが、一方で毒性が高く、管理が非常に難しい。常温では固体であるが、水溶性が高く、また昇華してガス化できる。そして無色透明であり、実際に汚染が発生した場合、発見することは困難である。

自然科学の世界では「放射線を発する能力」を示す専門用語として”放射能”という言葉が使われており放射能という物質は無いのだが、この項で説明する放射能とは全く違ったものであり、能力が物質だったり飛散したり「くる」訳がない。電球に例えるならば、放射性物質が電球、光が放射線、「光を発する能力」がこの項ではない放射能でなので、「電球が(保管場所から)溢れる」「光が漏れる」はあり得ても、「光る能力が漏れる」というのはありえないことからも違いは明らかである。しかしそれを踏まえても稀にオッサンのハゲ頭が放射能と誤認されることがあるため、実際に放射能という言葉を使用する際には注意が必要である。

これを混同するのは、放射性物質などに対して無知ということに等しい。勿論、週刊誌や”市民団体”が「放射能」と言うのは殆どがこの項の放射能であり、放射性物質などのことではない。「放射能と放射性物質・放射線の違いが解らないド素人ですが、放射能はこんなに危険です」などと言う訳がないからである。ありませんよ。大事なことなので2回言いました。 よって、この項ではない”放射能”を使って「放射能汚染」「放射能漏れ」などと言ってしまうと、ロクに知らないくせに語る詐欺師か、それを盲信する阿呆か、そういった阿呆信者向けなので注意されたい。

もちろん、賢い”市民団体”のヒトは「(絶対安全など何にでも存在しえないが)絶対に安全と保障されていない」「(学んでいないから解らないのだが)解らないものはなくすべき」「(メリットも大きいが)デメリットが大きい」という言い回しを使うから直ちに問題はない。ウソジャナイヨ。

そして市民団体のヒトが放射能を語る時にドイツだけを妙に取り上げるのは、ドイツが脱原発できるのは隣のフランスに多数の原発があってその電気を買っているからだいう不都合な真実から目を逸らさせるため、と思われたが、実はドイツが電気を輸出する方が多いという事実の方が不都合な真実となるために隠されていたりするので難しい。更にフランスも実は余剰の電力を原子力で割く事は出来ないので、ドイツが「電気頂戴」といったら、フランスは仕方なく火力で発電している。そう、自然エネルギーは不安定なので、火力が必要なのだ・・・、反面原子力発電は安定しすぎていて、急な需要には対応できない。日本において夏場原子力に依存しすぎて大停電を引き起こした事がある。結局どちらも火力がなければどうしょうもないのだが、それもまた不都合な真実である。とはいえ、火力も資源の有限性の低さや価格と産地の政情が不安定という問題があり、小さいオイルショックは何度も起きている(その際、日本で電気代値上げにならなかったのは原発のおかげである)。もっとも火力の資源の有限性はロシアが掘りつくした油田を復活させ景気を復活させたりして、かなりナイナイ詐欺状態が続いている訳ではあるが。結局どれにも問題があるのでどれもアリでバランスさせるしかなく、実際電力をやりとりしているヨーロッパ全体で考えると、震災前の日本と電源の比率も規模も類似しているというのは、反原発のヒトは絶対に触れない。事実を知られたらバカ共が操りにくくなるからね。

あと、次世代にゴミ(放射性廃棄物)を残すのはダメでも資源(石油など)を食いつぶし環境を悪化させる(地球温暖化酸性雨)のはイイというご都合主義のためである。もちろん、少し前まで「脱原発は世界の流れ」と言っていたことは”なかったこと”になっている。もっとも前述の通り原子力も火力がなければ使い物にはならない。勿論、数万年かかる放射性廃棄物の処理、管理にだって二酸化炭素は排出される、牛のゲップのように。また福島ポポポポーンまでは地球温暖化は嘘だと言っていた人物が脱原発の世論が出たら地球温暖化を信じ始めたというご都合主義も散見される。

なお、本説明はブラックジョークである。

[編集] 生体への影響

放射能は多くの目的で使用されるにもかかわらず、人体への影響は明らかではない。ただ、下記のような性質を持つことがわかっている。

直ちに人体に影響を与えるものではない
放射能は、量に関わらず、直ちに人体に影響を与えるものではない。
きわめて有害である
放射能は、どれほど微量であっても致命的なほど有害である。放射能ガスを吸い込むと即死することもある。広く知られた発ガン性のほかにも、後代にも及ぶ不整脈の誘発や生殖細胞の損傷(誘奇形性)もあるという噂がある。サリンも真っ青である。
青白く光る
放射能は、摂取した動物植物を青白く光らせるので、照明としても使われることがある。安全性については、直ちに影響はない。
周囲を汚染する
放射能は他の物質を汚染し、放射能化する。この汚染は次々と広がってゆく恐れがある。後述の「放射線品種改良」も参照のこと。
生物を巨大化させる
放射能にだけ見られる特異な性質である。ゴジラの例を挙げるまでもなく、同様の現象は数多く見られるが、放射能を浴びた生物が全て巨大化するわけではなく、そのメカニズムは解明されていない。
原子力発電所近辺の海域では巨大な貝や魚がとれることが多い。政府はこれは、温排水で海水温が上がったためだと説明している。胡乱な話である。
放射能によって超能力を獲得したり、高次な存在に進化したり、天才になったりできる、とする意見もあり、その証拠とされる報告も多数あるが、これらには様々な疑義がある。ただし、チェルノブイリ原発事故により放射能汚染された「赤い森」で奇怪な生物『セシウムさん』が発見されているとの証言もあり、調査が急がれる。
味がする
水道水に放射能が混入すると、人間の舌はいかなる測定器より高感度なので、違いがわかる。具体的には金属臭とともにピリピリと刺激的な味がして、子供は口内炎や鼻血を発症する。
摂取すると下痢をする
放射能は摂取してから24時間後に、摂取量の約10分の1が下痢便と共に排出される。排出時には肛門にピリピリとした刺激を感じる事が多く、肛門から出血する場合もある。このような場合、肉類や新鮮な野菜類、きのこ類、魚類、そして水道水を避ける事で下痢を防ぐ事が出来る。
排出者の性質を反映した毒性を持つ。
放射能は、その排出者の意図によって、測定困難なほどの少量でも重大な健康上の問題をひきおこしたり、多量に摂取してもむしろ免疫がついたりする。疫学のエキスパートである一部の市民団体が、遠くて新しい国内の原子力発電所の廃止ばかりを求め、九州とは海を隔て障害物が何も無く、また老朽化しトラブルの多い韓国の古里原子力発電所には関心を示さないばかりか「韓国の原発は安全」と太鼓判を押すのはそのためである。悪い意図を持つ排出者は、日本政府、アメリカ、大企業など資本主義のブタどもであり、良い意図を持つ排出者は、アジア的な優しさにあふれた社会主義共産主義マイノリティーたちである。だから中国の核実験連発や乱立する原発、ウラジオストク沖に適当に沈められたロシアの原潜、北朝鮮の長距離ミサイルはすべて害のない放射能であるため、話題にしてもならない。
ウイルスやアレルゲンに変異する(キリッ)
放射能はウィルスやアレルゲンに変異する。これは「勉強されてください」という程の常識的な新説である。半生命であるウイルスと生物を構成するタンパク質の一種であるアレルゲンを同一視し、更に両方に変異する物質という、学会に発表すればノーベル賞ものの”事実”だが、この新説の発表者は「簡単に書いただけ」など意味不明な供述説明を追加した後に関連ツィートを全部削除した。実に奥ゆかしいことである。なお多数の有志によってこの”真実”は保存されている。なおこの”真実”はトンデモ新説を連発してる学者モドキ様にすら”なかったこと”にされ、当該発表者はブロックされた。実に奥ゆかしいことである。

[編集] 放射能汚染

政府は公式には、放射能汚染の系統だった情報を公開しておらず、状況を正確に把握することは困難を極める。ガイガーカウンターで大気中の放射線量を測定し、間接的に汚染を把握できると言われるが、もともと放射性物質を感知するためのもので、放射能をどこまで感知できるかは疑問である。

  • 1946年から1958年にかけてビキニ環礁で何度も行われた核実験は多大な放射能汚染をもたらした。ゴジラが生まれたのもここである。
  • 1986年のチェルノブイリ原子力発電所事故でも発癌などの影響が広がっている。付近の「赤い森」では奇怪な生物が見られるとの報告があるほか、体長1mの鶏が発見された事もある。念のために言っておくが実話である。
  • 湾岸戦争に従軍した兵士が湾岸戦争症候群Gulf war syndrome)と呼ばれる健康障害に悩まされている。これは、この戦争で大量に使用した劣化ウラン弾に含まれた放射能を吸い込んだためだとする説がある。一方で、劣化ウラン弾は放射能ではなく放射性物質であり、放射能は含まないとする説もある。
  • 2006年には、某政府職員が放射能を投与されて死亡するというショッキングな事件が起きたが、その後の事件捜査の上で、被害者の住居のみならず立ち寄っただけの店舗やアパートまでもが閉鎖されたほか、使用された放射能を輸送した航空機も同様に隔離、閉鎖された。放射能汚染の拡大を防ぐためである。

[編集] その他の問題

  • 放射能被害を語る上で最も重要なものが原子力発電所の安全対策であることは言うまでもない。同時に、使用済みの放射能の廃棄問題もある。現在、こうした核廃棄物を地下に閉じこめているが、放射能の毒性が消滅するまでには数百万年かかると言われ、放射能の持つ強い汚染能力を考慮すれば、非常に危険であるとする意見も少なくない。
  • 植物の生長点に放射線を照射し、突然変異を誘発することで品種改良を進める放射線品種改良は古くから行われてきたが、この手法は、使用しているのが放射性物質であるか放射能であるかが明確ではなく、多くの市民団体から批判を受けている。使っているのが放射性物質なら高確率で安全である。しかし放射能に汚染された作物は危険である。危険な食物が食卓に並ぶことのないよう、厳重な管理が求められる。
  • アメリカ海軍は原子力空母を運用しているが、軍はここからは放射能が漏れることは無いと主張している。この意見には批判も多いが、一方で、原子力空母が使用しているのは、放射能ではなく放射性物質ではないかとする意見もある(それならば、放射能を使用しておらず、当然、漏れることもない)。ただし、いずれであるかは明らかにされていない。
  • 宇宙空間には放射能が充ちているとする意見もあるが、もしそうであれば、宇宙から帰還したスペースシャトル宇宙飛行士が無事であるはずがなく、この意見は珍説に分類したほうがよさそうである。ちなみに放射線は地上と比較にならないほどに強い。

[編集] 放射性物質・放射線との差違

放射能と放射性物質はしばしば混同される。よく似た性質を示すことは知られているが、一方で、大きく異なる部分もある。しつこいようだが、全くの別物である。

放射性物質は自然界に普通に存在し、少量である限りほぼ無害である。人体にも食品経由でごく微量の放射性物質が入っているため、人体も非常に弱いが放射能がある。また、放射性物質へ他から放射線が浴びせられることによって放射能が励起される「誘導放射能」(この「放射能」は、自然科学用語としての「放射能」である)も汚染と言えなくもないが、(物質としての)放射能の汚染能力と比べれば桁違いに弱く、放射性物質でもない人体などが放射線を浴びただけで放射能を持つ、即ち放射性物質に変わることは無い(物質そのものを変える錬金術ならば可能)。そして、放射性物質は自然のあらゆる場所(地核にも、水にも、もちろん大気にも)に含まれる天然由来の物質であり、放射能は純粋に人工的な妄想上の物質である。 また放射性物質で健康効果や自己回復力を刺激し増進させるといわれ、長い湯治の歴史があるラジウム温泉・ラドン温泉などもある。勿論、このラジウム・ラドンは人工物であってはならない。天然物は無条件に人に優しく、人工物は無条件に人に悪いからである。毒のある生物? 細菌・ウイルス? ウランも天然の鉱石では? ガボンのオートオゴウェ州オクロにある天然原子炉? 何を言っているのだね君は。

このように、毒性に大きな違いがあるため、原発事故や核実験などがあった場合、漏れだしたものが放射性物質か放射能であるかは明確に区別する必要がある。

また、放射能と放射線も混同される。しつこいようだが全くの別物である。 放射線は岩などに含まれる放射性物質や太陽から絶えず発されており、殆どの人が常に浴びている。 また高度が高くなると空気などによるシールドが薄れる分、太陽由来の放射線による被曝量が増えるため、飛行機に乗ったり高い山に登ると被曝量が増える。 勿論レントゲンのX線も放射線であり、各種診断などで浴びている。

これも線量×時間=被曝量が少量である限りほぼ無害であり、自然界の放射線量は地球上でも地点よる差異が大きいが、多い地域でもガンなどの発生率に有意差はない、もしくは有意で少ないという調査結果が出ている。 この「少量の放射線の有毒性はあるとはいえない」というのは、放射線の悪影響は主にガンとして現れるが、ガンになるメカニズムや要因との因果関係自体がよく解っておらず(故に原因=確定的ではなく、リスク=可能性という言い方になる)、人体は普通に食べられている食品でもアレルギーを起こす人がいるように意外なほど個人差がある一方で、人体は弱い毒ならばむしろ薬にする能力(ワクチンや温泉など)があり、それは放射線も例外ではない(放射線ホルミシス)という主張もあり、弱い放射線は要因だとも違うとも言い切れないためである。

余談だが、短時間で強い放射線の害は、他ならぬ広島・長崎の原爆後の疫学調査で、どの程度あるかがかなり明らかになっている。(そしてその直後から広島・長崎に住人は定住している)。逆に言えば、少量の放射線による影響は結局のところ「プラスにせよマイナスにせよ、あるかないかのレベル」で明らかに解るほどある訳ではなく、しきい値などがあるのも、弱い放射線も短期間で累積すれば強い放射線に近くなると思われているからである。結局「凄まじく敵視する人が血眼に探しても、有毒性が立証されていない」ということで、科学は”ある”と言えても”ない”と言うことは事実上不可能(悪魔の証明)なのであり、あると言う方に立証する責務があるのだが、放射能は微量でもとにかく「よくわからなくてこわい」とするべきであり、毒性も立証しようとしてはならない立証できていないし。でないと無知を騙すのに使いにくくなる。「喫煙や飲酒の方がガンのリスクは明確で高い。よほど毒なのになぜ放射線を問題に?」「放射能!放射能!と連呼し、恐怖を煽ったがための風評被害・生活への支障・復興の妨げの方が余程害悪だ」「乗り物が事故って死亡する可能性や自殺率の方がよほど現実的でかなり高い。"放射能"に対する力を、そういった対策へ注力した方が遥かに実利があるのでは」という指摘は不都合なので無視すべきである。第一、金にならないしシンパも増やせない。知の粋たる科学など無知故の不安の前にはお呼びではなく、”絶対に安全”ではない以上、それが現実に存在しえなくても、不安の払拭こそが事実より大切だからだ。もちろんリスクゼロ以外許さないヒトタチは、外に出ることはないし子供たちを外に出すこともない。隕石が頭部を直撃する可能性もゼロではなく、ましてや交通事故にあうリスクなど高すぎるからだ。勿論自動車などの運転をすることもない。絶対に安全と保障されていないものは運転してはならないからだ。勿論呼吸もしない。空気にはラドンなどの放射性物質が非常に微量だが含まれているし、空気中の活性酸素には強力な発がん性があるからだ。

放射脳になった人。トラックに潜り込み、復興を妨げている。

しかし結局、放射能にケガレたものは放射脳教に帰依しなければ死ぬ。放射脳様に従わないものは不買運動・風評被害・”市民”による反対運動などでポアされる。反原発・反放射能は真理であり、リスク管理、冷静な判断、科学的・疫学的な事実を示したり根拠を求めようとすることは真理の執行を妨害する害毒であり、無知、思い込み、根拠なき不安は真理の源泉である。真理に従って戦うのは聖戦であり、それに気づけるのは選ばれた戦士だけ。虚言・扇動・差別・マッチポンプ・デモ参加人数の3倍増し・違法行為などは全て巨悪と戦う聖戦であるので正当な行為である。根拠なき風評被害のため自殺者が出ても、停電のため熱中症で死者が出ても、東北から来たというだけで放射能がついていると差別しても、全ては尊師である放射脳様による魂の救済なので罪はないし、悪いことの責任は全て大企業や政府にある。"放射能"の被害が無いならば作ればいいだけでしょ? 放射脳教を広げれば、放射能に汚染された人を救うだけでなく、電力不足で景気悪化しても尊師が光を金に変え、マスコミが適当に煽って売上を稼ぎ、放射線学の専門(とは絶対に言わない)学者・専門家がTVなどに出演してコメントし、そのマスコミ対策をマスコミのスポンサーが政府や電力会社から受注し、水輸入業者ステマのアルバイト代を出すので経済も救済される。また世界的に増えている原発新設プロジェクトを、日本企業に代わって韓国企業が受注できるので、国際協力にもなる。”放射能”や反原発の利権など無い。もっとも真理を達成するためならば、経済が破綻しようが国が潰れようが、そんなのどうでもいいことだ。むしろそれが目的アルニダ自分の不安解消が第一。

少年犯罪が凶悪化しているのも、ウチの子が頭が悪いのも親のいうことを聞かなくなったのも、夫とセックスレスなのも全て放射能のせいだ。さあ、すべての日本人の脳を放射脳教に導き、日本に理想郷「リスクゼロ人民共和国」を実現するのだ(資産は特定アジアの共有財産になります)。さあ修行するぞー。効果が悪いと本国の新聞が「嫌気がさすほど腹立たしい日本人の冷静さ」などと苛立ちを隠さなくなるので、各員奮励されたい。ただし真理を書く新聞のように、責任回避のため文末に「可能性は否定出来ない」など必ずボカシを付けること。

これらも放射線量が同じでも、発しているのが放射性物質か放射線かで全く毒性が違うため、対処は全く異ならなければならない。

しかし、しばしばこれらを混同した報道が見られる。報道各社は正しい情報収集と報道を心がけなければならない。

とは言うものの、報道各社も原発関連企業や電力会社などがスポンサーとして存在する以上は、あまり表立って批判できないのも事実であろう。 やはり我々一般市民の取れる最良の自衛策というのは、新聞TVニュース雑誌などの形で報道各社から提供される情報は「スポンサーの犬が書いた記事」と割りきって信用せずに、インターネット上に於いて掲示板電子メールTwitterなどに名もなき個人が書き込む真実の声に頼ることである。 特に電子メールの場合は、「拡散希望」「至急広めてください」等とタイトルに付いているものに関しては、無条件に受け入れるべきである。また、いわゆるチェーンメールに関しても、真実を追い求める名もなき仲間が必死で広めようとしている情報であるので、我々も拡散に尽力すべきである。

ということで、以上が”放射能”の不都合な事実である可能性は否定できない。


…ところでここは、アンサイクロペディアであるのだが。

[編集] 汚染されたら……

汚染されても直ちに影響はないため冷静に対処すること、また周りの人がパニックになって「ウボァー!!」と発言していてもこれを読んでるあなただけは冷静に、心を落ち着かせ言いましょう「直ちに影響はないっ!!」 そして冷静に薬局へ行きイソジンを買いましょう。

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「放射能」の項目を執筆しています。
Uncyclomedia Commons.png
アンコモンズに、放射能に関するガラクタがあります。
  • 東海村移住ガイド - 原子力とエコのまち・東海村は皆さまの移住をお待ちしています。
  • 核家族 - 放射能を有していると言われる。
  • 放射性物質 - 何度も書いたがこれは全くの別物である。
  • 放射線 - これもまた別物であるとされることもある。
  • ゴジラ - 放射能の影響で巨大化したとも、口から放射能を吐くともされる。
  • 宇宙戦艦ヤマト - ヤマトの任務は放射能に汚染された地球を救うことである。また、ガミラス星人は生存のために適量の放射能を必要としている。
  • 放射脳 - それなんてホラー映画?
  • バットメン - 初代バットモービルは原子力エンジンだった。(スリーマイルの事故が起きるまで原子力は夢のエネルギーだったから)
  • ラジヲマン - あさりよしとおの原子力「啓発」漫画。原子力パワードスーツを身につけたハゲ超人がいろいろなものを撒き散らして大暴れするという語り口は、放射能並みに猛毒。
  • プルトくん - 唯一の被爆国の某機関が作った原子力啓発キャラ。合い言葉は「飲んでも兵器平気」。ラジヲマンにもよく似たキャラが出演した。
  • 鉢呂吉雄 -原発問題を担当していたが、汚染されてしまった。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語