教頭先生

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
教頭から転送)
移動: 案内検索

教頭先生(きょうとうせんせい)とは、どこの学校にも一人はいる、校長の付き人である。



概要[編集]

日々、いじめ問題日本語の通じない保護者に叩かれ、保身のために骨身を削っている校長の機嫌を常にいい状態にしておくことが、彼らの主な役割である。

他にも副業として学校の行事などを実質的に総括していたりする。 学校の運営が円滑に進むのは教頭の力によるものが大きいのだが、なにしろ存在感がないので・・・お察しください

尚、一定の経験値を獲得すると校長にジョブチェンジできるらしい。これは校長先生に「これなら、来年の君の昇格も考えないとね」と言われた回数で判断することができる。言われた回数が少ないほど昇格の確率があがる。



存在感[編集]

学園ドラマでは、主人公の敵対役などとしてやたらと存在感があるが、実際では皆無である。




特徴[編集]

存在感が・・・・・




普段の仕事[編集]

地味だが実は校長がめんどくさいからお前やっとけよと判断したやっかいごとをやってることもある。 でも地味だから評価する人はあまりいない。

関連項目[編集]


この項目「教頭先生」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)