散弾銃

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

散弾銃(さんだんじゅう)はショットガン(shotgun)とも呼ばれ、多数の微小な弾丸を撃つ銃。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「散弾銃」の項目を執筆しています。

概要[編集]

散弾銃が発射する実包は、あらかじめの中に多数の微小な弾がつめられており、銃口から放射状に放物線を描いて発射される。一般的に人が扱うものでは一度に平均8000万前後の子弾を発射する。発射時に子弾の数が極端に少なくなっている場合、検査が必要である。巨大な一つの弾を発射するスラグ弾という種類もある(後述)。装弾数は通常二発までである。

装填方法は一般的にはポンプアクションと呼ばれる手動のものである。レバーアクションやボルトアクションにより装填するものもある。中折れ式、セミオート、フルオートは人が扱うものとして問題があるため、検査が必要である。上下2連、水平2連といった銃身が2つある構造のものもあるが、やはり人が扱うものとしておおいに問題があるため検査、改修が必要である。

この男はソードオフ・ショットガンを隠し持っている。

銃身や銃床を切りつめて、全長18センチ以下としたものはソードオフ・ショットガン(sawed off shotgun)と呼ばれるが、服の下に隠せるほどの大きさで犯罪に使われる可能性が高いため、所持は厳しく禁止されている。携行時に一部でも露呈してしまうと処罰を受けることになるが、衣服で隠蔽している限り没収はされない。されないが、使った後に名前の通り弾が散らばってしまうので、お片づけが大変なのも事実である。だから、暗殺などのミッションには不向きである。なお、連続でポンプアクションを行うと暴発が起きる。

何年も使用していない銃は眠り銃として危険視される。没収はされないが、夜間に暴発したり、ささいな刺激で暴発したりするため、所持者は定期的な発射を義務付けられている。

故障[編集]

  • 発射されるどころか装填すらされない場合は検査が必要である。
  • 安全装置をかけているのにも関わらず暴発してしまう場合は直ちに銃の検査が必要である。安全装置がいかれている場合もある。
  • 人間以外の動物や無生物に照準を合わせて発射してしまう場合は検査が必要である。銃ではなく安全装置の。
  • 老朽化すると装填した覚えがないのにも関わらずスラグ弾が装填されてしまうことがあるが、その場合は早急に検査が必要である。薬室内にスラグ弾が詰まった場合、銃口から器具を挿入し、弾丸を砕く作業が必要である。

全くの別物[編集]

この項目の記述内容に納得がいかなければ、君のショットガンで彼女を撃ってみるといい。彼女の父親はあるものを持ち出して君に向けるだろう。それがきっと君の求めるもうひとつのショットガンだ。

解説するとこうなる。アメリカでは彼女を妊娠させると、その父親がショットガンを持って来て、娘との結婚を強制するということが珍しいことではないのだ。映画アルマゲドンの冒頭には、それに近いシーンがあるので興味がある人は観ておこう。

ショットガンの名人[編集]

https://youtube.com/watch?v=2XdEPm96QoI

関連項目[編集]

この項目「散弾銃」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)