数独

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「数独」の項目を執筆しています。

数独(すうどく・Number Place)とは、数字を利用してマスをかくパズルである。

[編集] 概要

「数独」の「数」は、もちろん数字を使ったパズルであることに由来するが、「独」は発祥地を指しているのではない。独りで遊ぶこと、即ちオナニーを示しているのである。また「オナニー」とはドイツ語だが、数独の発祥地はオナニー先進国、日本である。

「なぜ数字オナニーという名称なのか」ということを説明するためには、数独の解答結果の横にジグソーパズルのそれを並べるだけで事足りる。あるいはお絵かきロジックでもよい。数独の解答は数字が一見ランダムなように見えて規則的にならんでおり、数列に関心がある者にとってはたしかに理知的である。このような図は数学的楽しみのひとつ「魔法陣」に似ている。しかし現代において、たった9×9マスの魔方陣に魅力があるのだろうか。むしろコンピュータで用紙いっぱいにプリントアウトした細かい魔方陣をつなぎ合わせて家を囲ってしまった方が確実で効果は高いであろう。こうしたことから、数独のプレイヤーは解答結果を眺め、「オレ何やってたんだろ……」とすっかりプレイ前の熱意が抜けてしまったようになることが多い。

[編集] ルール

  • 縦、横、3×3のブロック内に同じ数字が入ってはいけない。制約を無くすとフリーダムすぎて、誰も遊ばなくなる。
  • 紙の上で解かなければならない。ゲームにすると制約が大きく、誰も遊ばなくなる。
  • 解答の途中で、解答を中断することは絶対にしてはいけない。解答を中断した場合、日本人の誇りを掛けて切腹をしなければならない。

[編集] バリエーション

普通の数独といえば9×9のマスを用い、1~9までの9種類の数字を使うものが多い。 だが、それに飽き足りない人々が新しい数独として、そのルールを無視して自分勝手なルールを使う場合がある。

巨大盤面
数独は、盤面や使う数字が大きいほど難解になる傾向がある。そのため、飽きた人はまず巨大な盤面を作ることから始める。難しすぎるので誰も遊ばない。
極端な例では156×156の盤面を12×13のブロックに小分けし、列、行、ブロック内で1~156の数字を各1回ずつ使う、といった問題を作成したイギリス人男性が、ノーベル数独賞を獲得したという。
対角線
普通の数独では同じ数字の重複が許されないのは縦、横のみであるが、対角線も制約を受けるタイプ。地味なので誰も遊ばない。
不等号
隣り合ったマスを、大小関係としてヒントに示すパターン。見栄えが悪いので誰も遊ばない。
変形ブロック
本来3×3の正方形になっているブロックを、いびつな形に変えてしまうもの。見栄えが悪いので誰も遊ばない。
偶数奇数
網掛けのマスを用いて、偶数しか入らない・奇数しか入らないのを示したもの。見栄えが悪いので誰も遊ばない。
脱衣
正しい数字を入れるごとに、その部分のパネルが半透明になりエッチなCGが見られる仕組み。年齢制限があるので誰も遊ばない。
球体
球体に印刷された数独
球体に印刷してしまったもの。見栄えが悪いので誰も遊ばない。


この項目「数独」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語