文化の日

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「文化の日」の項目を執筆しています。

文化の日(ぶんかのひ、The memorial day of culture)とは、日本における国民の祝日のひとつである。

概要[編集]

11月3日を文化の日としたのは平和憲法と呼ばれる日本国憲法が公布された日付であるからとされているが、その当初は明治時代を偲ぶ日であったとされている。しかし現在では、その名前からして文化文政年間を偲ぶ日であると認識されている。

国民の祝日に関する法律では「自由平和を愛し、文化をすすめる」ことを趣旨としているが、これを真実の八百科事典の定義に照らし合わせながら読み解いた結果、導き出された真実は「自由」とは「自分こそがこの世で唯一絶対の存在で、この世の全てが自分の思い通りになる」ものであると説かれ、「平和」とは「次の戦争への準備期間」であるとしている。さらに、「平和」の項目が説明する「文化」とは「誰かの妄想によって生産された、自慰の代用品」とされており、すなわち文化の日とは「日本国戦争を愛し、自慰史観を逞しくする」ために定められた国民の祝日であると解釈するのが正しいのである。[不要出典]

このことからも、日本人が「文明開化」や「脱亜入欧」を合い言葉にそれまでの日本文化を貶め、他のアジア諸国に対する優位性を示すために、西欧文化を崇拝し、他のアジア諸国と一線を画してきた明治時代の象徴である明治天皇の誕生日を、明治憲法にかわる新たな日本国憲法の公布日とした理由は容易に察することができるだろう。

歴史[編集]

チョコレートの危険性は、戦後当局によって強く警告された。

昭和天皇の新日本建設宣言に始まり、国号が「大日本帝国」から「日本国」に変更された戦後元年(西暦1946年)に、「明治も遠くなった」という風潮が強まったという建前によってまもなく廃止される予定だった明治節の後釜ないし代打として登場した。

ちなみに明治節(めいじせつ、The ceremony of MEIJI)とは、天皇陛下が自ら育てたカカオから当時まだ貴重だったチョコレートを手作りし、八百万の神々に奉げた後に皇室の人数分に割り分けて慎ましく召し上がることで皇統の繁栄と国体の護持を祈願するための神事である(昭和20年、マッカーサーによって廃止されたのも無理からぬ話であるが、その後バレンタインデーという形でチョコレート崇拝は復活。当局によって厳しく規制されることとなるが、隠れチョコレート中毒症患者は社会に蔓延している)。

という訳で明治時代の文明開化を肯定的にとらえる人間は、この祝日の「明治の日」と呼び、そうでない人間は化政文化を至上の文化ととらえ「文化の日」と呼ぶことが知られている。当然ながら思いを馳せる時代もまったく異なるため、一般人は「日本国憲法公布記念日」とでも呼んだほうが無難であると言われている

同じ日付の記念日[編集]

11月3日の文化の日にあやかり、それと同じ日付を業界の記念日とする商業組合が見受けられ、漫画業界が「まんがの日」を、レコード業界が「レコードの日」を、さらには文具業界が「文具の日」をそれぞれ制定しており、今後も文化の日の威光にあやかる業界が増えるだろうと見込まれている。

業界の記念日を文化の日と同じ日に制定することによって、一般的に文化として見なされていない事物の地位を、広く世間に認めさせようという下心丸見えの策略であることが見て取れるが、その効果のほどは定かではない。

関連項目[編集]


この項目「文化の日」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)