文字通り

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

文字通り(もじどお - )とは、文字列を感覚で理解すべきであることを意味する日本語である。

概要[編集]

日本語は、日本で使用されている美しい言語であり[要出典]、その表記には、漢字ひらがなカタカナアルファベットが使用されている。

特に漢字は、表意文字であることから、その意味が直感的に伝わるとされているため、この言葉が広く使われている。また、ひらがなやカタカナも漢字を崩した文字であり、感覚的な理解が可能な文字である。

文字通りとは、そうした「見るだけで理解できる」ことを重視し、発音や本来の文字の意味とは無関係に、「文字の見た目だけ理解をするべきである」と注意を喚起する言葉なのである。通常、文字通りは「文字通り~」や「文字通りの意味で~」という用法で使用される。読者は~に当たる部分の意味を、文字の見た目だけで理解するのが望ましい。

なお、アルファベットで書かれたEngrishの単語に関しては、原則として文字通りの対象とならない。

使用例[編集]

おしらせ
文字通りゲシュタルト崩壊の危険性
この記事は文字通りゲシュタルト崩壊を起こす可能性があります! 「ゲシュタルト崩壊」という文字列をじっくりと見て、第六感で意味を理解してください! なお、これらの遺伝子工学の権威、ひよこ陛下殿が身をもって確認しました。目に自信がない方、見るのを止めといたがいいとのことです!!! でも、意外に耐えられることが多いそうなので、文字通り見てみなさい、とのことでした。つまり、「見てみなさい」という文字列を感覚的に理解しなければいけません。

ここでは、いくつかの例を挙げる。しかし、文字通りの意味を会得するのは難しい。文字の見た目だけで意味を理解すると言われたところで、なんのことだかさっぱりだろう。

よって、読者はまず、文字を一つひとつしっかりと見て、音や意味を思い浮かべないよう気をつけてほしい。そして、文字の止め・はね・はらいなどを、しっかりと目で追うことを意識してほしい。

初級[編集]

例文1「あれとは、文字通りあれのことである。」
この場合、文字通り見なければならないのは「あれ」である。「あれ」とは何なのか想像することすらできないため、初心者にはうってつけの例文である。
さて、「あれ」という文字列を見てみよう。全体的に丸みを帯びている文字の中に、一本だけすっと立っている線があるのがお分かりだろうか。また、末尾が外側にはねているのが分かる。他にも、一筆で書かれた線の長さ、流麗さを感じとるのが重要である。

中級[編集]

例文2「これは、文字通り赤いリンゴである。」
この場合、文字通り見なければならないのは「赤いリンゴ」である。
あなたは色の「赤」という概念と、果物である「リンゴ」を真っ先に思い浮かべたはずである。しかし、文字通りの意味を理解するためには、思い浮かべた概念を消去しなければならない。
赤いというのはどういう概念なのか、そもそも概念に含まれるのか。リンゴとはどんな形なのか、あるいは形のないものなのか。
さて、改めて「これは、文字通り赤いリンゴである。」という例文を見てみよう。はらいやはねのある漢字・ひらがなから、直線的なカタカナへの移り変わる様から受ける印象を感じ取ってほしい。繰り返すが、文字の発音や意味は一切忘れるべきである。文字通りの意味は、言葉で言い表すことが文字通りできないのである。さて、「できない」とは文字通りだとどういう意味だろうか。そう、何も考えず、感覚で「できない」を理解しよう。

文字通り上級[編集]

文字通り例文3「あなたは文字通り文字通りの意味を文字通り理解している。」
この場合、文字通り見なければならないのは「文字通りの意味」と「理解している」である。さあ、本来の意味は何も考えず、文字通り、直感だけで理解しよう。そう、文字通りの意味で。何も難しいことはない、あなたの心の目は文字通りひらけているのだから……

文字通り関連項目[編集]

文字通りあなたは文字通り誰なんだろう。文字通り自分とは……