文学

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「文学」の項目を執筆しています。

本記事では文学(ぶんがく)について解説する。

概要[編集]

文学の最も普通の定義としては「文章についての学問」というものがある。ただし、おおよそ人類に言語が発生し、文章として取りまとめられた古代メソポタミア文明での楔形文字以降、常に「文学とは何か」「表現とは何か」「思考とは何か」ということが問い直されるようになっており、人間の思考が文字と文章で行われるようになってからは、常に文学というものは対象、方法、文化史的な価値などについて様々な角度から研究する学問、いわゆる哲学の大本に遡ることが可能であり、古代より人間の思考や意識を司る意味で文学はもはや「言葉およびセンテンスについての学問」といった単純な定義で済ませておけない状態にある。

上記のありきたりな定義の延長で言うならば、とりあえずは「文学は、言葉、構造、変化、意識といったものを対象として、いくつかの仮定から始めて、決められた意識の流れを進めることで得られる普遍的な感覚を研究する学問」などとも言えるかも知れない。 文学とは、狭義には伝統的な詩や小説などの分野における研究とその成果の総称として、またそれらの成果を肯定的に内包する文化と、さらにはその破壊と新たなる創造からなる実績と歴史の体系を指して言うものである。また広義には、超文学(メタ文学)などと呼ばれる枠組みにしたがって価値観の破壊と創造が定められた体系一般を指す。

実際、中世の文学においては、神学によって定義される抽象的な構造を、文化および常識、何よりも時代の変遷を共通の枠組みとして用いて探究。現代の幻想文学に劣らない架空の世界を創造し、何よりもそれを現実のものとして取り扱うことで思想として体系として後世に伝えていく。

心理学[編集]

そのため、現代では文学とは最終的には「心理学」に分類され、自然科学とははっきり区別されている。けれど人類によって培われた様々な表現の如何によらず最終的には、文学としての成果というものは他の心理学のように実験や観察によるものであってはならない。

それは、文学、特に伝統的な純文学では文学研究が自己目的化されており、文学への内的な興味のために研究がなされる。このような文学ではいかに本質的な概念なり経験なりを得ていかに体系的な文学を構築するかが重要視されており、文学的対象を記述するのに適した概念や創造を定義したり、文学的事象をうまく表現したパターンを得たりすることが文学者の主な仕事である。一方で、美的な理由からそれぞれの分野での研究をしている文学者もいる。彼らは対称性や直観性などその独特の審美眼を以て、文学を芸術に近しいものとみなしているのである。この分野については哲学や特に美に関する歴史上の様々な表現が詳しい。

伝統的な文学分野で研究される対象は人間界の現象と深い関わりを持つものが多い。一方、応用分野では文章モデルという形で例えばリズムや言語などといったものを対象とした研究が行われる。もちろん、文章のパターンにおける心理から得られる結果と実際との間にいくぶんかのずれを生じることもあるが、そのずれの評価とパターンの実用性・実効性については多くは文学の外の話である。また、文学と数学の類似性が指摘される事があるが、文学が本質性や体系性を重要視しないことに照らせば、数学はむしろ文学とは非対象的である。こうした研究姿勢がしばしば様々な文学の諸分野を統一するような概念へと導いたり、他分野の学問の発展に貢献したりすることに繋がる。

なお[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「数学」の項目を執筆しています。

以上の文章はウィキペディアの数学の記事を丸ごと引用しまくったものであり、世の中に多数存在する自分で考えもしないで答えをインターネットから得ようとする連中を引っ掛けるために用意したものである。

そうでもしないと文化がやばい。それぐらい、思考に関する積み重ねの排除は恐ろしい。つまり、自分で考えずに調べるだけで知った気になるという世界では、思考を文章にする力が衰える。おっそろしいほど衰える。なお、この話も自分で考えもしないで適当に得た知識を自分のものにする連中を引っ掛けるためのものである。

しかし、実際の文学と数学の関連性について、上記の文章のように適当に言葉を入れ替えて、これまた適当にシヴィライゼーションから得た体系的な思想をちりばめて、それなりにそれらしい話にしただけなのに、それなりに人を騙せる文章が整えられるという事実については、文学の一つの真実でもある。結局のところ、それもまた文芸のほうの文学が持つ一面であると同時に、文学における数学的本質を示している。実際、人間も社会も巨大な最大公約数かもしくは最小公倍数のようなものとして考えることで、文学を用いて様々な現象の解を得ることが可能になる。なお、この話についても、ショッキングな話を真実だと思い込むような連中を引っ掛けるためにわざわざ用意するものである。

ちなみに、文学についても基本は人を引っ掛けるために用意されたものである。

関連項目[編集]