文春砲

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちによって「文春砲」はリダイレクトページになっています。変なページに飛ばされるので、クリックしても意味はありません。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「文春砲」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「文春砲」の記事を執筆しています。

文春砲(ぶんしゅんほう、英語: sentence-spring-canon)とは、物理的破壊力を持たない特殊兵器の一種である。

概要[編集]

文春砲は小型カメラや集音機・スマートフォンなどに擬装された兵器であり、使用者のコードネームは「文春(ふみはる)くん」に統一されている。また容姿や声から使用者を特定されることを防ぐ為、任務中は顔を大型のオーバーマスクで覆うと共に会話を行う際にはボイスチェンジャーやフリップを使用する。

その特性として、ロックオン対象の未来位置や移動速度を完全に解析する高度な演算能力が挙げられる。その為誘導性は非常に高く、また物理的破壊力を持たない為ターゲットは着弾認識を持てず、結果としてチャフやフレアによる誘導切りはほぼ不可能となる。そして着弾すると、ターゲットの情報(多くは不都合なものであり、中には致命的なものもある)を吸い上げ周囲へと放出する。[1]。これによりターゲットの社会的信用や家庭生活或いは人生そのものを破壊し、自殺へと追い込む事で「間接的排除」を行うのである。

規制議論[編集]

上記の通り文春砲は直接的な破壊力を持たない為、製造元である「文藝春秋」や使用者(上記の文春くん)は「必要以上の被害を生まない」として文春砲の使用は奨励されるべきだとしている。しかし、長期にわたり周囲を巻き込んだ後死に追いやる文春砲は失明兵器[2]や焼夷兵器と同じく非人道的兵器だとして規制議論が巻き起こっている。国連による国際条約では「必要以上に苦痛を与える兵器」や「民間人への被害が大きい兵器」は開発・生産・貯蔵が禁止されており、今後文春砲の使用に制限がかかるのは確実と言える[要出典]

脚注[編集]

  1. ^ その際には、「~かも」「~と思われる」「~だとすれば」などエクスキューズ加工を自動的に施すことであたかも全ての情報が高品質であるかのように偽装する
  2. ^ 有名な所では、第二次世界大戦時に米軍で導入が検討されていた失明レーザー兵器が挙げられる。

関連項目[編集]