料理

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

料理(りょうり)とは、素材を加工することによって、中に含まれる栄養素の吸収を促進もしくは阻害し、また栄養素の吸収におけるモチベーションを調べることを目的としておこなう作業である。

料理は普通、以下のような作業を組み合わせておこなう。

達人の料理
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「料理」の項目を執筆しています。

目次

[編集] 加熱

加熱は、素材をやわらかくしたり、保存できるようにするなどの効果があるため、栄養素の吸収を促進することができる。また、素材中のDHMOを減らすこともできる。

さらに加熱を続けるとDHMOが失われて硬くなり(カーボナイズと呼ぶ)、栄養素が破壊されるため、吸収が阻害される。この状態の素材を笑顔で食べることができるかどうかを見ることで、モチベーションを調べることができる。マスターカーボンを参照。

[編集] 味付け

調味料を加えることで栄養素が追加されたり、雑菌の繁殖を抑えて保存性を高めたり、浸透圧を調整することで栄養素が素材から逃げないようにするなどの効果がある。

調味料の種類と量、素材との組み合わせによっては、味覚に意図しない刺激を与えるため、栄養素の吸収が阻害されることがある。この状態の素材を笑顔で食べることができるかどうかを見ることで、モチベーションを調べることができる。デスマーチを参照。

[編集] さまざまな素材

素材によって含まれる栄養素が異なるため、さまざまな素材を組み合わせることで、栄養素を効率的に吸収することができる。

素材の組み合わせによっては、味覚や嗅覚に意図しない刺激を与えるため、栄養素の吸収が阻害されることがある。また、目的によっては栄養素に乏しい素材をわざわざ使用することもある。食用ダンボールを参照。

[編集] モチベーション調査の利用方法

どこまで味覚に逆らえるかによってを測るという設定が、各種の映像表現において確認されている。

モチベーション調査の測定用器具。

[編集] さまざまな料理

[編集] 関連項目


Maiale.jpg この料理スブタです。まだ食材しか揃っていませんので、食べられません。じっくり美味しく料理して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語