宮内庁の検閲により削除

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索


宮内庁の検閲により削除は平成の後の日本の元号。期間は2019年5月1日から宮内庁の検閲により削除まで。

由来[編集]

元来、元号は古典籍から縁起の良いものが選ばれる。この元号もその例に則っており、宮内庁の検閲により削除は中国古代の詩人宮内庁の検閲により削除が書いた宮内庁の検閲により削除史上の古典である『宮内庁の検閲により削除』の中の「宮内庁の検閲により削除」に由来し、国家は宮内庁の検閲により削除、君臣みな宮内庁の検閲により削除の意味である。

改元[編集]

今次の改元は事前に予定を立てられるものであり、内閣府と宮内庁では宮内庁の検閲により削除ごろより元号の候補を挙げ、有識者も交えて協議を行っていた。特に、元号の頭文字をローマ字で表したときにM、T、S、Hと宮内庁の検閲により削除する必要があったため、当初有力であった宮内庁の検閲により削除ではなく宮内庁の検閲により削除が選ばれたようである[要出典]

また元号を民間から公募するという動きもあったが、試験的に行った応募では企業名や個人名、英語等が多く見られたことや、同時期に行われた駅名の公募の悪評もあったため本公募は見送られることになった。

告示の時期に関する議論[編集]

元号の発表時期については、保守派と革新派の間で激しい議論がなされた。

  • 保守派は日本の元号の持つ宮内庁の検閲により削除年の歴史に鑑みて、元号は元々慶事弔事に際してこれを改めるものであるから、天皇の代替わりがわかっているならば即位の日時にこだわらず、臣民の生活に差しさわりが無いよう、あらかじめ告知しておくよう求めた。
  • 革新派は維新後に定まった一世一元の制を進めるため、元号は天皇と一体のものであるとして、国体に関係なき人民の都合を考慮するのはナンセンスであり、天皇の退位・即位に合わせて、理想的には代替わりの瞬間を以て元号を発表するべきであると主張した。

このような世論を受け、政府は元号の発表を平成の終わる一か月前に行うこととした。まるで短期決戦か長期決戦が迷った挙句、間をとって中期決戦になったような感じであった。

付録[編集]

宮内庁の検閲により削除を定めた政令は以下の通りである。

平成三十一年政令第宮内庁の検閲により削除

元号を改める政令

内閣は、元号法(昭和五十四年法律第四十三号)第一項の規定に基づき、この政令を制定する。

元号を宮内庁の検閲により削除に改める。

附 則

この政令は、公布の宮内庁の検閲により削除から施行する。

関連項目[編集]