新型コロナ感染者

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「新型コロナウイルス感染症 (2019年)」の項目を執筆しています。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「引きこもり」の項目を執筆しています。

新型コロナ感染者(しんがたコロナかんせんしゃ)は、社会的に認められた引きこもりのことである。

背景[編集]

平成30年度の厚生労働白書によると引きこもりは「様々な要因の結果として、社会的参加を回避し、原則的には6か月以上にわたっておおむね家庭内にとどまり続けている状態を指す現象概念」と定義されている。引きこもりは2000年代に社会的に認知され始めメディアの報道によって一般化した。引きこもりの社会的イメージとしては、社会的経験が浅い、ニート、コミュニケーション能力が低いなどネガティブなイメージが多い。また、引きこもりは現実から逃げた弱者と認識され差別される傾向が多い。引きこもりの親も子が社会の歯車となっていない事で世間体が悪いため引きこもりを隠すことが多い。

このように引きこもりは総じて社会的に認められない存在として扱われていたが、2019年に出現した新型コロナウィルスの影響で新型コロナ感染者が発生したことで引きこもることが社会的に認められるようになる状況が生じた。

概要[編集]

新型コロナ感染者は新型コロナに感染し、PCR検査で陽性と判定されるとなることができる。コロナ感染者と判明した場合、感染を広げないために入院が必要になるが、病床が足りない状況で軽症者の場合自宅療養となる。

自宅療養となった場合は引きこもりと大差がない状況となる。違いとしては引きこもりの場合は周囲が外に出ることを勧められるのに対して新型コロナ感染者は中にいることが要請される。引きこもりが引きこもりを辞めることでニュースになることはないが、新型コロナ感染者が無断で外出した場合はニュースとして扱われる事例がある[1]

このように新型コロナ感染者が外に出ることは社会悪とされており、引きこもることが社会的に認められる例外として扱われている。

新型コロナ感染者のその後[編集]

新型コロナ感染者は最悪死亡するリスクがある。また、退院あるいは完治と判断されたとしても後遺症に悩まされるケースも報告されている。

それ以上に感染者の社会的地位にダメージを受ける。誰もが感染するリスクがあるにも関わらず感染するのは自己責任とみなされる。また、コロナ感染者は完治した場合でも、本人や家族から誹謗中傷を受けるケースが多数報告されている[2]

よって、コロナ感染者は完治されたと判断されても引き続き引きこもることが社会的に認められている。

脚注[編集]

関連項目[編集]

やめられない、止まらない この記事「新型コロナ感染者」は病気にかかっています。
どうかこのかわいそうな記事が早く治るように、治療をしてあげてください。
お願いします。 (Portal:スタブ)