新幹線300系電車

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
「うおおおおおお~~~ん!!! 何で無くなってしまったんじゃあああああ~~~~っ!!!」
新幹線300系電車 について、超特急ヒカリアンファン
Wikipedia
海外安全情報
ウィキペディアの「新幹線300系電車」周辺は治安が悪化しているため、渡航の延期をお勧めします。

新幹線300系電車(しんかんせん300けいでんしゃ)とはJR東海のご都合主義によって粛清された、新幹線車両のことである。融通の悪さから短編成化されることなく、2両だけを残しリサイクルへと回された。

概要[編集]

初の「のぞみ」用車両として1992年に登場。国鉄解体後、東海道新幹線というウハウハ路線をゲットしたJR東海が調子に乗って作った。新幹線としては居住性を犠牲にして初の時速270kmを達成。東京ー大阪間を2時間30分で結んだ。最初はJR西日本にこんないい新幹線は勿体無いとして、山陽新幹線での運用は登場の翌年に持ち越された。

構造・設備[編集]

東海道新幹線において300系が後の新幹線の設備(16両編成・座席数・ドアの位置等)の基準になったことは言うまでもない。これが車両のバリエーションの無さへと繋がっていった。

外観
その様相から鉄仮面と呼ばれる[1]。また、側面には白の車体に青の線が2本ある。鉄道ファンはこのラインで300系(細いのが上、太いのが下)と700系(逆)を見分けられると言う。しかし300系がなくなった今、そんなことはどうでもいい
ドア
始めはプラグドア(車体側面が滑らかになるやつ)を採用。しかしそんなことに金を掛けなくてもいいことが分かり、後の車両は安い引き戸にされた。
ユニット
15÷3の5ユニット。1両余っている。よって短編成化しにくい。これが悲劇の元となる。
サービスコーナー
食堂車が消滅したことからできた、車内販売コーナー。しかしワゴンサービスの登場で食堂車と同じ運命をたどることに。
空調
効率がハチャメチャに悪い。実質的に壁が外気温の影響を防いでいるとしか言いようがない。
乗り心地
単に恐怖。

運用[編集]

始めはのぞみとして活躍。ブーイングとともに名古屋を通過した。しかし700系の登場によって次第にひかり・こだま運用が多くなってくる。やがてN700系が出現すると、重機のもとに向かう車両が現れ始めた。

最終的に短編成化できない(=西に売ることが出来ない)300系は東海道・山陽どちらからも不必要な存在となり、よりによって先輩の100系とともにさよなら運転を行うはめとなった。

番台[編集]

東海道・山陽新幹線の中でもバリエーションがない。

9000番台(J0→J1編成)[編集]

量産先行車。時速325.7kmで走ったり、N700系の試験車代わりになったりとパシリにされた。そのせいか他の300系よりもガリガリな印象がある。

0番台(J編成)[編集]

JR東海所属。他はF編成と同じ。

3000番台(F編成)[編集]

JR西日本所属。他はJ編成と同じ。

脚注[編集]

  1. ^ ということになっているが基本的に全然浸透しておらず鉄ヲタの間でも初耳という声が多く見受けられた。この愛称については引退間際にマスコミが勝手に付けたと噂されている。

関連項目[編集]


東西線で押しくらまんじゅう.jpg この「新幹線300系電車」は、延伸の案が出ています。延伸して下さる協力者を求めています。 (Portal:スタブ)