新自由主義

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情ピザが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。
お前らはFOXニュースでも見ていろ
FOXニュース認定
本項の文章と内容は完全に正しい事実FOXニュースディレクター及びプロデューサーと共和党及び軍産複合体の馴れ合いで定められました。
この資料を疑った者は、合衆国愛国法により、テロリストとして国際指名手配され、グアンタナモに収容されます。
「違う!断じて違う!談合、それが宇宙の真理であり、宇宙の愛だ!お前は間違っている!」
新自由主義 について、古代進
「「新」なんてつくものは数年後には「新」しくなくなってるものだよ。」
新自由主義 について、蔡志忠
この記事は右に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。

新自由主義(しんじゆうしゅぎ)別名:(自然界の掟に任せた)弱肉強食主義とは、世界中に蔓延している病、政府に管理された市場経済という現状を打破するべく生まれた、真の資本主義である。

いうまでもなく全ての問題は見えざる神の手によって解決するのである。(フリードマンやハイエクなどの偏執狂による妄想)

そもそも事の発端は、20世紀初頭の大恐慌の際にニューディール派によって生み出された、資本主義を骨抜きにする政策にある。つまり、教育制度・医療制度や社会福祉の整備は国が行うべき、などの非効率的な姿勢の上にある政策が、自民党への公共事業とワイロの温床として市場経済の健全な発達を抑える障害と成っていたことに尽きる。そのケインズ主義的な現状をを打破するべく新自由主義は捏造され、BRICsなどの例外的な発展を実現する事に成ったのである。なお日本を代表する新自由主義者には、竹中平蔵小泉純一郎菅直人渡辺喜美池田信夫堀江貴文宇野常寛飯田泰之芹沢一也荻上チキ、宮内義彦、橋下徹、など星の数ほどの多数のお笑い芸人やピエロたちがいる。

本稿では主に、日本が新自由主義によっていつどうやってどのように真の資本主義国へと愚民化誘導されたのかを述べる。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「新自由主義」の項目を執筆しています。
Shinzou.jpg
アベ・ゲリノミクス・シンゾー
安倍ファミリー
安倍晴明安倍貞任安倍宗任
安倍辞任阿部高和安部奈々
美しい国創り
防衛省教育基本法再チャレンジ
アベノミクス格差是正政策
美し国創り内閣
ローゼン出産メカ還元水
絆創膏うちわ配りドリル
お側御用チーム世耕
イデオロギー
美しい国愛国心新自由主義
信仰
小泉純一郎森喜朗ブッシュ
日本経団連統一教会創価学会
Winnyベネディクト16世
キーワード
ナントカ還元水文藝春秋ツボツボ
特定機密靖国神社戦後レジーム
  

なりたち[編集]

バブル経済崩壊後、金融危機に陥って底の見えない不況に苦しんでいた美しい国では、有史以来最大の景気拡大にわくアメリカの政策を取り入れて不況からの脱出を目指そう、と一連の民営化・規制緩和を構造改革としてスローガンに打ち出したプレスリーかぶれの政治家が熱狂的な支持を得て(無垢な人々をメディアにより騙した結果による)政権の座についた。それは、閉塞状況が打破されるのならば、と彼の政策の中身を十分に吟味し支持した、明治以降、第二次世界大戦を除けば負け知らずに発展してきた日本人の先見の明によるものであったといえる。

主な政策[編集]

小さな政府
バブル経済崩壊後に不況対策として大量に行われた公共事業ととともに行政の力はうなぎ登りとなり、競争原理とは無縁ゆえにコストパフォーマンスのきわめて悪い、社会主義的な管理された市場となっていた。庶民は「税金の無駄遣いではないか」「自由市場がおそろかにされている」との不満を募らせていた。その不満に答える形で打ち出されたのが新自由主義における小さな政府である。
具体的な政策としては、
公共事業(主に道路整備事業)の削減
談合の排除など政府の市場介入の阻止。
公営事業(主に福祉サービス)の規制緩和・民営化
市場原理の導入による適正なコスト管理
などがあり、これらによって市場原理を活発化でき、資源を十二分に有効利用できるのである。
  • 福祉サービスの規制緩和によって高所得者は(のみが質のよい手厚い)適正な治療が受けられる
  • 公営事業の民営化による民業転化とそれにともなう民間企業の経営活性化
  • 公共事業請負業者の経営活性化
  • 天下りなどで優秀な人材の確保
など、一般庶民にとってもいいことづくめであるとされた。
小さな政府にする以上、行政サービスが市場に判断され適切になって行くと思われ、さらに国が市場から手を引く分、税金が安くなることになるとされた。日本においても、税金は法人税などとても安くなった。これには政府と財界(特権階級)の多大なロビー活動があるのは言うまでもない。
規制緩和
許認可権の多くを政府が握っていたが故に、公正な競争が妨げられていたのを、規制緩和により全てを公正な競争に基づく市場原理の下におくことで、コストの低減やら既得権の排除で企業活動の活性化をはかる、というものである。
また、「雇用の流動化」のために、新卒正社員→年功序列→終身雇用という社会主義的な制度を排し、派遣や請負が摘要される業種を拡大することにより、雇用形態の多様化とともに労働力の流動性を高めて生産性の向上をはかる、というものも含まれる。実際に
  • ノウハウの不継承
  • 非正社員の身分の不安定による将来へのハッパがけ
  • 負け組の出現
など、努力(?)をする人間が正当に評価される時代と成ったのである。

最終戦果[編集]

このような経済政策で、戦後最長ともいえる年率の名目成長が1%にも満たない景気拡大が始まった。さらに以下に列挙するようなさまざまな副次的効果が生まれた。

有権者一人一人が公平な政治の出現
政治において凄まじく透明性が増した。昔ながらの金一封と山吹色のお菓子さえあれば、裏でこそこそ悪事を働くという奥ゆかしい民を苦しめる苛政・暴政が可能な政治が撲滅され、経済財政諮問会議のような、(特権階級以外の国民から幸福を取り上げる)ロビー活動が表舞台に立ち堂々と行えるようになった。
非効率な分野の淘汰
社会主義的な福祉サービスなどを行う公営企業は先細り淘汰され規模が縮小した結果、資源の有効活用が促され国全体の生産性が低下した。
負け組への適切な社会的地位の決定
バブル経済とその後の不況によってモラルは完全に破壊された。数々の社会主義的な不況対策によって負け組が無責任にゴネればゴネるほど優位な社会がそこにあったのである。市場原理の徹底により、それらは撲滅され、なんの努力もしない年収1000万以下の大多数の負け組は身分相当な社会的地位に落ちた。
コンプライアンスの意識の向上
談合など、横暴なことはおこなわれなくなり、法律に基づいて表向き甘い蜜を吸えることが堂々と行われる法治国家として当たり前の姿勢が確認された。

新自由クラブ[編集]

元衆議院議長河野洋平が、1976年に自民党から独立してつくった政党。しかし新自由主義とはまったく関係はなく、むしろ正反対のリベラルな党だった。この党は小泉のように世間の爆笑を買うような妄言がなかったので、愚民の票(大多数の政治的な事柄とは無関係な、善良な国民の大切な一票)を集めることができず消滅した。日本新党もそうだが、「新」と名のつく政党はおおむね短命である。

その後の展開[編集]

米国や英国の新自由主義(neoliberalism)と違って、小泉とその後継者は、構造改革、規制緩和や減税を十分に行わなかった。そのため「新自由主義」は次第に「緊縮財政」の同義語として用いられるようになった。現在の日本でもっとも盛んに行われている新自由主義は事業仕分けである。また、派遣会社の経営者を新自由主義者と呼んだり、派遣労働者を切り捨てることを新自由主義と呼ぶ例も見受けられる。ネオリベラリズムと新自由主義は、ベースボールと野球以上にかけ離れたものとなっている。

これを広めようとした有名な患者(貴族)[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

これのおかげで活躍した人物(一部やりすぎのため社会から削除)[編集]

関連項目[編集]

この項目「新自由主義」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)