既視感

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「既視感」の項目を執筆しています。

既視感(きしかん、デジャヴ、デジャブ、デジャヴュ)とは、一度も体験したことが無いのに、以前に体験したような気がする。或いは一度も目撃した事が無いにもかかわらず、見た事があると思いこむ妄想の一種。


目次

[編集] 概要

一般的には、その体験を知らないくせに「絶対この場面見たって。覚えてるもん。」などと言い張るくせに、具体的な内容を全く思い出せないケースが多く、周りの人達の失笑を買う場面が・・・あれ?この文章前に書いた気がする。

同様に過去同じ場面をで見たと言い出すケースも多く確認できる。この場合他人の夢の話について真偽のほどを調べようとしても絶対に解決できる問題ではないため、周りは冷笑するしか・・・あれ?こう書く場面、夢で見た。

[編集] 注意点

本当に体験しているのに既視感だと思う人は、脳の記憶を司る海馬に問題を抱えているかアルツハイマーなので、早めに病院へ行く事をお勧めする。またその場面を本当に夢で見たと言う人は、予知能力を持っているので今後に生かしてほしい。

[編集] 検査

以下の項目に何個当てはまるかで、簡易な検査が可能である。見た・聞いた・体験した事があるものに○をつけよ。


○の数が8個以上の方は早く病院へ、満点の方はあきらめてください。

[編集] その他の説

このくだらないサイトでこんなくだらない文を読んでいる事全てが、まるごと妄想である可能性も捨てきれない。
もしかしたら君が生きている世界全ては、君の創り出した妄想かも知れないという事である。考えてみてほしい。世の中は君にとって都合の悪い事ばかり、お金ない彼女いない定職ない勉強ではアイツに負けて、スポーツではコイツに負ける。こんな理不尽な世の中なんてあるはずがないのである。全ては君の妄想である。こうやって人が書いたクソ記事も誰かが書いた秀逸な記事も、全て君が執筆者なのである。つまるところ全員が君のソックパペットという事なのだ。

[編集] まとめ

君この場面見た事あるでしょ。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語