日中戦争

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「日中戦争」の項目を執筆しています。
この記事は右に寄り過ぎています。
ここが真ん中です。

日中戦争(にっちゅうせんそう)とは、1937年から1945年の間に日本中華民国の間で行われた戦争。日本国政府としての公式見解では、正式名称は「支那事変」または「日華事変」であるが、後述の理由により、日中戦争という呼称の方が一般的である。ちなみに中国側での呼称は「抗日戦争」、「八年抗戦」である。

目次

[編集] 概要

よく誤解されるが、日中戦争とは日本が中華人民共和国と戦った戦争ではない。上記の通り、日本の相手は中華民国すなわち台湾である。現在の中華人民共和国は、中華民国政府を追い出した後に居座った連中が勝手に作った国であるから、日中戦争における人的物的な戦争被害の補償賠償謝罪を要求する権利を有するのは中華人民共和国ではなく中華民国であることを忘れてはならない。

[編集] 呼称に関する事情

日中戦争という呼称が定着したのは、この戦争における最大の特徴、すなわち、両国とも物資が不足していたがために、夜間の戦闘を行うことができなかったという事情による。

日本は当時、諸外国の圧力により海外の資産を凍結されるなどして、非常な物資不足に陥っていた。これが日本を戦争に踏み切らせる原因でもあったわけだが、いかにして物資を節約して戦闘を行うか、という点を考慮した結果、このような戦闘形態をとらざるを得なかったと記録に残されている。

とはいえ、日本のみが一方的に「日中のみの戦闘」を行っても、敵対国が夜間戦闘をしかけてきたら一方的にやられっぱなしになってしまうのであるが、実のところ、蒋介石率いる中華民国においても、事情は似たようなもので、外国からの支援が受けられないと戦闘を継続することは到底できないような状況であったのである。当時の戦時国際法上の規定では、交戦状態にある当事国の片方に対する軍事支援は中立義務に反するとされていたのである。そのため、欧米との時差を利用し、欧米の監視の目のゆるい夜間(=日本と中華民国にとっての昼間)にのみ戦闘を行い、欧米からみて昼にあたる時間には戦争のことなどなかったことにして、欧米からの支援を受け続けることを目論んだのである。

[編集] 盧溝橋事件

上述のように、日中にのみ戦闘を行い夜間には休戦する、という暗黙の了解の上で開始された戦争であるが、たまたま手違いにより夜が明ける前に戦闘が始まってしまったのが盧溝橋事件である。暗黙の了解を破って空気読めない行為のきっかけとなったのは日本と中華民国どちらであったのかについては、現在に至るも諸説あり定説といえるものはないが、原因については

  • 時計を合わせ間違えたために日の出の時刻を誤認し、まだ夜明けまで間があるにもかかわらず戦闘を開始してしまった
  • 東方での山火事を日の出と誤認した早とちりさんがいた
  • 全部、牟田口廉也のせい

などの説が有力とされている。

[編集] 関連項目

みなさん、松平です。 この項目「日中戦争」は、日本史に関連した企画書ですが放送日が迫っています。アンサイクロペディアではその時でないのに歴史が松平アナを動かす! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語