日刊小沢一郎

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日刊ゲンダイ」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文が読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「日刊ゲンダイ」の項目を執筆しています。

日刊小沢一郎(Daily Ozawa)は日本の中二病患者が発行する夕刊紙風の何かである。諸説あるが新聞でない事は専門家の一致した見解である。日本においては講談社が発行を委託されている。

概要[編集]

40過ぎになっても中二病を患っている大人のリハビリ事業として発刊された。そのため、レベルは中二病~高二病程度のものとなっている。

取材などを行わず、自称記者の個人的な妄想などを掲載していることで有名。「~関係者」・「~事情通」なる人物が情報源となる記事もあるが、記者の脳内に存在する架空の人物がそれに該当するため、結局のところ妄想の域を出ていない。

日本新聞協会からは、読むことよりたき火やキャンプファイヤーなどに使用することを推奨されている。ただ、窓拭きなど新聞紙を使用することが有効なことに関しては、「日刊ゲンダイは新聞ではないので、使用するとどのような結果になるかわからない」と注意が出ている。

1面の見出し[編集]

夕刊紙はでの販売が主である。そのため、通りすぎる人に目立つように1面に主義主張を見出しという形で大きく印刷される。この夕刊紙も例外ではない。

日刊ゲンダイの見出しを分類すると、以下のものしかない

  • 日本を救う唯一の政治家である小沢一郎大先生以外、日本の全ての政治家(特に自民党)はクズだ!
  • 小沢一郎大先生を無視するアメリカ政治家もクズだ!
  • 小沢一郎大先生を助けなかった官僚もクズだ!
    • 特に小沢一郎大先生を罠にはめた検察庁はクズだ!!
  • 小沢一郎大先生に協力しない創価学会はクズ集団だ!
  • 小沢一郎大先生についての真実を何も報道しない(講談社以外の)マスコミ(特に大マスコミ)はクズだ!
  • 芸能人がまたクズなスキャンダルをやりやがった!
  • 日本の野球はクズだ!
  • 日本のサッカーはクズだ!
  • アメリカも韓国も中国もクズだ!
  • (東日本大震災以降)東京でマグニチュード9クラスの大地震は必ず発生!関東全土がクズになる!(なお築地の編集部と講談社ビルは耐震設計・1000日分の非常食や発電装置を備えます←自称)
  • お馬マンセー!!!
  • グズだらけの日本を救えるのは小沢一郎大先生だけ!

記事の内容[編集]

上記の見出し一覧からわかるように、記事の内容は「日本は馬の馬による馬のための国になるべきだ!」という主張により論調が展開されている。日本人は馬にも劣る人種だ、と毎日主張し、馬による最大のスポーツである競馬を異常なまでに崇拝している。但し土曜日発行紙面のチラシの裏止まり木ブルースの内容については禁則事項です

また、前述したように自民党政治家を目の敵にしている。特にあらゆる社会問題小泉純一郎に原因があるとする主張は当紙の名を轟かせる最たるものとなっている。当紙によると、ワーキングプアの増加から中年男性オナラをする回数の増加に至るまで、全てコイズミ失政のツケであるようである。

ここまでJRAを崇拝しているにもかかわらず、今日に至るまでJRAの競走において「日刊ゲンダイ杯」はやらせてもらえない。ライバルの夕刊フジはとっくの昔に冠競走があるにもかかわらず、この差はいったい何だ。

その他の記事の内容は夕刊フジと差がない。もちろん大人のための記事に力を入れているのも同じである。だって書いている人が同じ中二病だもん。

しゃべる机とゲンダイブーメラン[編集]

日刊ゲンダイには記者と会話ができる机(デスク)がある。デスクは机のことではないと言う人もいるが、その人はきっと頭がおかしいのだろう。 机のくせに、記者に対して偉そうな態度をとっている。

また、記者がこの机と会話しながら日刊ヒュンダイを秘伝の方法で折ることで完成するのが、秘密兵器ゲンダイブーメランである。 このゲンダイブーメランにはとんでもない魔力が宿るとされ、ゲンダイに叩かれる人物がなぜか躍進したり、逆に持ち上げられた人物が撃沈するのはこの魔力の為だと囁かれている。

読者[編集]

読者は仕事帰りのサラリーマンが多い。もちろん、中二病記事など読む人はほとんどおらず、全体の半分を占める大人向けのぴー記事しか読んでいない。ぴー記事と並ぶ読者の愉しみであるアーン♥♥漫画はオットセイを長期連載していたが、作者の死後しばらくして特命係長・只野仁ファイナルが連載されている。でも如何せん1日1ページなので週刊誌時代に比べるとお察し下さい

関連項目[編集]


この項目「日刊ゲンダイ」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)