日本バルサミコ酢普及研究会

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ウィキペディア専門家気取りたちも「日本バルサミコ酢普及研究会」については執筆を躊躇しています。そのような快挙を手際よくやりおおせたことは、我らの誇りです。

日本バルサミコ酢普及研究会(にほんばるさみこすふきゅうけんきゅうかい)とは、日本国内でのバルサミコ酢輸入業者による共同研究会。会長は柊つかさ

某テレビアニメで取り上げたことにより、ネット上で爆発的な人気を得たバルサミコ酢を巡り、会内では派閥争いが絶えない。ちなみに、その某テレビアニメの監督が途中降板した理由は研究会から多額の収賄をしていたことによる。

母体はイタリアのバルサミコ酢保護協会(CTAB)バルサミコ酢を名乗るまがい物から、本物のバルサミコ酢のブランドイメージを守り、確立することを目的に設立された。設立当初は「バルサミコ・ポリス」と呼ばれ、イタリアが一時国際的に孤立した。

なお、名前の似た「日本バルサミコ酢協会」は日本産バルサミコ酢の普及を目指す団体であり、本団体との共同活動は行っていない。

バルサミコ酢の現状[編集]

イタリアの厳しい食の法律DOPの認定を受けCTABのラベルの無い商品はバルサミコ酢を名乗ることはできないが、日本では商標として認められていないため、野放し状態であるのが現状である。バルサミコを名乗る殆どは熟成されていないブドウ酢を主体に着色料、香料、カラメル等を添加した粗悪な擬似商品である。そういったバルサミコ酢擬きは加熱することで風味が本物に近くなるため、飲食店などではこれらが使われてしまう事も多い。

活動[編集]

輸入業者間による交流会や勉強会が主な活動。非加盟企業や、消費者への啓蒙活動など。 警告などの権限は無いため、インターネットなどでDOP認定の無い商品をバルサミコ酢として販売している通販業者を発見した場合、消費者が誤解しないよう指導を行う。

また、バルサミコ酢そのものの知名度向上のために、資料の提供や広報活動を行う。

今では陸上自衛隊の一機関となり、活動範囲を何と中国にまで広げているが今日見たのはここまでで、当地の実情に合わせて遠慮している。