日本酒

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日本酒」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「日本酒」の項目を執筆してくれています。
Pixiv
同人マニアのために、ピクシブ百科事典では同人ゴロとその愉快な仲間たちが「日本酒」の記事を執筆しています。

日本酒(にほんしゅ)とは、日本生まれ日本育ちなガラパゴスアルコールの総称である。

概要[編集]

日本酒は稲の実を発酵させて作るアルコール飲料。アルコール度数が強く、また「水の如く」と言われるほどスッと入っていくため短時間で酩酊するのが特徴となっている。日本のでは最初に日本酒を煽ることで羽目を外し、乱痴気騒ぎを起こそうとする場合が多い。日本では貞淑や謙遜が文化となっているが、日本酒を飲むことでこれらを無視しても問題なくなるのである[要出典]

製造においては、全ての材料を日本産にしなければならないという厳しいルールがある。発酵に用いる酵母菌や醸造施設の建材、作業に携わる職人まで純日本産でなければならない為そのシェアは年々減少傾向にあり、自治体の保護を受けなければ存続が危うい状態にある[1]

また「日本酒」ではなく「酒」の一語で呼ぶことを求められることも多い[要出典]。酒とは日本語でアルコール類全般を指す単語だが、「日本酒こそアルコールの代表である」という驕りから出たものだと思われる[2]

歴史[編集]

日本酒の発祥としては、「口噛み酒」と言う古代の酒がルーツとされる。これは巫女や幼女など性的に無垢な女性の口に米(その白さから精液を例えたもの)を押し込み、咀嚼させたものを手のひらで受け止めさせてから再度飲み込ませる(口内射精から、一度嘔吐してからの飲精を例えたもの)という非常に性的なものであり、様々な儀式の際に行われていた。

これを行った女性が興奮状態になったことから、その半固形物を第三者が飲んでみたところやはり興奮できたと言うことで口噛み酒は興奮剤として一般にも広まっていった。それにより大量消費が求められるようになると、一々口に押し込んでいる暇が無くなって龜や壺で醸造するようになっていき、これが今で言う日本酒へと発展していった。

偽通との関係[編集]

偽通、いわゆる半可通と日本酒の関係は非常に深い。日本酒を語れば格好イイ、と思い込んで半端な知識をひけらかす輩が非常に多いのである[要出典]。しかしこれらは殆ど『美味しんぼ』や『酒のほそ道』などで得たもので、やれ日本酒は淡麗がウリだの日本酒は割ってはいけないだのと幼稚な原則論に終始するのが常。そもそも日本酒というのは世界的にはマイナーなアルコールでしかなく、その程度のものを得意気に語るのはまさしく「井の中の蛙」であり滑稽なものでしかない。

脚注[編集]

  1. ^ 新潟県長岡市のように、「日本酒乾杯条例」を発布して消費を促すなど。
  2. ^ 英語圏では本来「ライスワイン」と呼ばれていたが、バブル期の狂乱地価を背景とした経済力を盾に「サケ」に改名させたという経歴も持つ。

関連項目[編集]

酒乱幼児.jpg この項目「日本酒」は、まだまだ執筆者が酔っていないので、ハメをはずしきれていませんどんどん呑んで、中川大臣の待つバッカスのお膝元にこの項目を飛び立たせてください。 (Portal:スタブ)