日経平均株価

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日経平均株価」の項目を執筆しています。

日経平均株価(にっけいへいきんかぶか、Nikkei 225)とは、一部の人間にとって、死活問題となりえる重要な数字である。

概要[編集]

日本経済新聞社が特にお気に入りの会社株価を平均として算出したものである。すべての株の株価ではないことに注意されたい。したがって株価の高い会社をお気に入りとして算出すればいくらでも高くできる。実際に2000年にお気に入りを入れ替えてそうしようとしたところ、見事に失敗したのは懐かしい思い出でもある。

マスコミでの扱い[編集]

NHKでは、ニュースの最後におまけのように報道される。天気予報より扱いは軽い。一方、テレビ東京では、朝、昼、夕と一日三回は報道され、その数値が大幅に下落した時は、世の中の終わりだ的報道を行うが、テレビ局のビルから一歩出ると、太陽はさんさんと輝き、鳥は謡い、地球はそれでもまわっている。

世間一般の意見[編集]

平均株価は1万2千円もするのに、勤務先の株価は数百円。なんてダメ会社に勤めてしまったのだろう、と悔やむ人がいないとも限らない。平均を意識する典型的な日本人である。あなたもそうでしょ? 学校のテストで平均点を下回ると親に叱られたでしょ。

死活問題[編集]

代表的評論家

一部の人にとって、この数値が下落することは死刑宣告を受けたも同様である。なぜか、JR中央線が止まったり、青木ヶ原樹海へ旅たつ人が増えると言われている。 経済評論家にとっては、この数字が変わることによって、勝手気ままなことが言える飯のタネとなっている。こちらは下がったら下がったで、景気が一段と悪化する、と世間を驚かせてその反応を楽しんでいるようである。

絶対採用基準[編集]

高流動性銘柄群のうち上位75銘柄は必ず採用すると日本経済新聞社は決めているが、SBIホールディングスなどの様に、絶対採用基準到達していても採用されないなど、絶対に採用されるわけではない様である。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「日経平均株価」の項目を執筆しています。

外部リンク[編集]