旭日旗

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「旭日旗」の項目を執筆しています。

旭日旗(きょくじつき)とは太陽とその光線をデザインしたものであり、これを振ると災厄やら面倒ごとが寄ってくる魔寄せのアイテムである。なお、旭日旗判定委員によれば、デザインに沿っていれば旗に限らないとしている。

概要[編集]

旭日旗は朝日がでくるときの光の線を模したデザインの旗であり日本古来より使われてきただの、どうのこうのという話があるが、そこら辺はどうでも良いことである。結局、なんだかんだあって旧日本軍の一部が軍旗として利用したら、一緒になって軍で戦ってた国の人たちが昔はしゃいで色々やっていた過ぎし日の過ちを思い出すのが辛くなり、これをみると憤慨たまらなくなるようになった。現在旭日旗が公の場で出されると、そんな人々が集まって難癖をつけたり焼いたり食べたりするようになってしまった。

このため、現在はそんな厄介な人々を引き寄せる魔寄せのアイテムとして使われている。自信のある人々は、これを使って経験値をためよう。しかし常に騒動に巻き込まれる諸刃の剣でありレベルの低い素人は使わない方が無難である。なお、そんな人々が集まり旭日旗かどうかを判定する旭日旗判定委員会では、過去の判断例から旭日旗は旗に限らないと言う判定が下っており、様々なものが魔を引き寄せる旭日旗と成っていっている。

[編集]

旭日旗の例を挙げる。

武器を持たない一般市民は、以上の物に類するデザインのものは持たない方が無難かもしれない。ある国籍の人々や暴力団におそわれるかもしれないからだ。

関連項目[編集]