春一番

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

春一番(はるいちばん)とは、冬の終わりごろに神様が起こすエッチイタズラのことである。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「春一番」の項目を執筆しています。

語源[編集]

一文字目の「春」という漢字は、「売春」や「春画」などと同じく「エロい」という意味で、続く「一番」は「その年で初めての」という意味である。

言葉をそのまま直すと、とどのつまり「その年で一番目のエロ」という意味になる。

概要[編集]

日本の天候は俗に「おてんとさま」と呼ばれる神が左右しているのだが、神様もオスであるため、一年中天気を操作する仕事を続けているとムラムラが溜まって来るものである。そのムラムラを発散させるために年に一回起こすイタズラが春一番であり、その日は一日中女性のスカートめくりに勤しむことになる。

女性は、春一番が吹く日はスカートで外出することが推奨される。スカートの下にブルマスパッツハーフパンツなどを着用することは厳禁であり、そのような不届き者は神からの裁きが下るとされている。具体的に言うとこれらは全て脱がされる。

関連項目[編集]


この項目「春一番」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)