昭和一桁世代

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

昭和一桁世代(しょうわひとけたせだい)とは昭和元年(大正15年、1926年)から昭和10年(1935年)の間に生まれた人たちのことを言う。現代で言う老害は殆どが昭和一桁生まれである。

また、昭和一桁世代の子供ベビーブーム期に子供を産んでいることが多い。

概要[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「昭和一桁」の項目を執筆しています。

昭和一桁世代は昭和元年から昭和10年に生まれた人間のことを言う(ただし昭和は1926年12月25日に始まっている)。昭和一桁世代が生まれたのは世界的には世界恐慌の真っただ中、日本では関東大震災からの復興途中の時期に生まれた。

10歳から20歳の間に太平洋戦争を迎え食糧難の時代を生き延びた。また、中には戦場に派遣されたものもいる。終戦後は高度経済成長を支えながらアーン♥♥をして後の団塊世代を産む。この頃にテレビ洗濯機冷蔵庫のいわゆる三種の神器を購入していたことから相当の高給取りだったと思われる。

50代にオイルショックの時代があったが定年のころにはバブル景気の最中と社会人時代は相当幸せなものであった。

特徴[編集]

特徴としては非常に上から目線であることが上げられる。その理由としては

  1. 戦争の時代を生き抜いた
  2. 高度経済成長を支えた
  3. 三種の神器を購入した
  4. この時代まで長寿で生きている

という点であると思われる。

戦争の時代を生き抜いたことで「食べ物を大切に」と散々注意する。が自身はほとんど残しているという矛盾である。高度経済成長に関しては確かにそうであるが子供が食べ物精神で食べられないものを幾多となく食べさせられたであろう。その子供がまたその子供、つまりは昭和一桁世代のにも受け継がれている。三種の神器を購入したこともすごいが、今の若者にとっては普通に存在するものとして、またテレビ離れも深刻な中で若者がその価値を知らない可能性が高い。そして最後にこの時代まで生きているという点である。はっきり言ってお前以外の人間は「早く死ねよ」と思っているだろうが本人にとっては昭和を生き抜き平成の世もかれこれ25年以上も生きていることが一番自慢できることなのであろう。

そのような自慢などを無視した結果、わがままな老人が増えたという結果につながる。

主な昭和一桁世代の有名人[編集]

関連項目[編集]


この項目「昭和一桁世代」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)