時計

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Undictionary Logo Text.png
この記事「時計」は何故か「アンディクショナリー」にも項目がありダブっています。どちらが真実なのかは神のみぞ知ります。
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「時計」の項目を執筆しています。

時計(とけい)は時間を区切る拘束具。 もしくは、一日、または日中の何分の一が無駄に経過したかを知らせる道具のことを指す。

目次

[編集] 時計の歴史

有史以前の人類には、すでに朝-昼-夕程度の時間の概念はあったものの、 それ以上に細かく時間を拘束するようなことはないおおらかで平和な時代だった。

しかし、人類の歴史が進むにつれ、支配欲に駆られ多くのものを自分たちの支配下に入れてきた人類。 時への支配も例外ではなかったものの、簡単にはいかず、一子相伝の錬金術によって時を拘束する実験が毎日のように続いた。 そしてA.C.112年、ついに「時」を拘束する方法を編み出した。

こうして人類が時間の拘束具として錬金術を用いて編み出したものが時計であり、すべての時計はこの錬金術を使って作られている。 現在では、その拘束した時を2D化し、観賞するための展示方法として、アナログ式、デジタル式などに分類されている。

[編集] 時計の種類

日時計
地面に棒や板などを突き立てて、時間を拘束する。棒や板の影に拘束した時が表れる。
時が拘束されているのを気がついていないこともままある。
最近では、こんな壮大なプロジェクトもある→日時計
水時計
大掛かりなものは川などから水を引き、水の中に時を拘束し、その水の流れを使って、時を展示する。
コンパクトなものは、時を拘束した水を容器に閉じこめ、それをひっくり返した時に落下する水により、時を展示する。
ちなみに、日本で最初にこの方法で時を捕まえたのはあの無能将軍。こんなことより政治に力を入れてほしいものだ。
花時計
花の咲くタイミングで時間が分かる。筆者はこれをやろうとして枝豆の触手に犯され孕まされた。
砂時計
水時計のコンパクトなタイプと同じで、水の代わりに砂の中に時を拘束する。
柱時計、壁掛け時計、置き時計
歯車が大量に据え付けられ筐体の中に、時を閉じこめる。
呼び名は時計の設置場所による。
歯車に巻き込まれた、時が苦悶する際の叫び声を、毎時0分に聞くことができるタイプもある。
鳩時計
上記の3タイプのバリエーションで、時の叫び声を動力に、鳩を模したフィギュアが飛び出し、鳥の泣き声のような音を奏でる。
目覚まし時計
置き時計の一種で、時の苦悶の声を、ユーザーが設定した任意のタイミングで発生させることができる。
懐中時計
ポケットに収まるほどの小型の筐体に、時を閉じこめる。ごく稀に、柱時計などと同様に、時の苦悶の声を聞けるタイプもある。
ペット感覚で、時を連れて歩けるという点で、人類史上に残る道具となった。
腕時計
懐中時計をさらに小型化して、手首に留めるためのバンドを装備する。
常に腕上に時を展示できるという点で、最も洗練度の高い時計である。
機械式時計
ゼンマイと歯車を介して、時を展示するタイプの時計の総称。
旧態然としたクラシカルで洗練されたメカニズムだが、ほとんど自己満足のための時計。
クォーツ時計
超小型の水晶に時を閉じ込め、ボタン電池などにより電圧を掛けるタイプの時計の総称。
電気ショックを逃れようとする、時の運動する様を展示するより現代的なメカニズムである。
腹時計
鳩時計の派生型。時が人間の体内に捕らえられている。
鳩は飛び出さないが、朝昼晩夜の特定時間近辺で、腹部から「グゥゥ」という時報音を発生させる。
特にユーザーが大食漢の場合、数分〜数十分ごとに音が発生し、さながら警報の如くである。
腹腹時計
目覚まし時計の派生型。ユーザーが設定した時刻に時の苦悶の声が轟音の如くに発生する。
その音は凄まじく、時計の筐体はおろか、半径数m〜数十m以内の物体を吹き飛ばすほど。
相当に寝起きの悪い人のために製作されたと思われるのだが、周囲にいた人間を永遠の眠りにつかせることもある矛盾を秘めた時計である。
腹時計との関連は今もって不明である。
電波時計
クォーツ時計の派生型で、特定の周波数の電波が、時を鞭打ち、正確な時刻を表示させる。
お花畑でゆんゆんになるための道具ではないので要注意。
原子時計
電波時計に電波を配っている迷惑な時計。なぜ迷惑なのか。携帯電話とかラジオとかそんな電波がいっぱい飛び回っているのにさらに電波が出てきたら困るだろう。
時計の中では最も正確とされているが、日時計にはかてない。なぜかって?地球の自転速度は毎日遅くなったり早くなったりしてるからだよ。

[編集] 時間の反乱

普通の秒針のリズム。
早い秒針のリズム。朝に多く発生するとされる。
遅い秒針のリズム。退屈なシチュエーションで多く発生するとされる。

今日では、グリニッジ標準時協定世界時のように、時間の拘束方法について世界的な取り決めが設けられている。時計は最早ごく日常的でありふれたものであり、時計を見ずとも既に時間のリズムが人類に刻み込まれるようにまで至ったため、人類が時計を鑑賞するなどという機会はほとんどなくなった。それゆえ、時計の刻むリズムが時折狂っているという現状を把握し告発する者は、ほとんど現れていない。

時計のリズムの狂いを認識する数少ない専門家によれば[要出典]、狂いの発生する可能性が高いタイミングがあるという。この説によると、社会が動き出す時間帯、つまり学生たちの登校前やサラリーマンの出勤前といった朝にリズムが早くなることが多いという。また、会議場や講義室など、退屈さを象徴する場所においてはリズムが遅くなる傾向がみられるという。ただし、身体に刻み込まれた時間のリズムの精度には個人差があるゆえに、時計のリズムが狂っているかどうかについてしばしば意見の食い違いが発生しているという。こうした現状を受け、時計が勝手なリズムを打たないように監視する者が必要である、と彼らは主張している。

[編集] 関連項目

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語