暴力

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「暴力」の項目を執筆しています。
この記事にはユーモアが不足しています。治療には十分な栄養と日光愛情キノコが必要です。
ユーモアの摂取方法にも十分気をつけましょう。

暴力(ぼうりょく)とは、相手を困らせたり、傷つけたりするために最適の手段である。最適の手段であるがゆえに、むやみやたらに多用してはならない。人生においてここぞという場面で効率よく使うべきである。

「暴力を振るって良い相手は悪魔(バケモノ)共と異教徒共だけです」
暴力 について、アンデルセン神父

目次

[編集] 暴力の使い方

  • あなたが暴力を使うことによって、あなた自身に利益が生じる見込みのある場合にのみ、暴力を使用しましょう。逆にあなたが暴力を使用することによって、あなたが不利益を被る見込みのある場合には、使用を控えましょう。例えば公衆の面前では、おまわりさんに捕まらない自信がある場合でなければ、暴力を使用してはいけません。ただし、「誰でもいいから人を殺したい」「有名になりたい」「死刑になりたい」などの理由がある場合には、人生を棒に振る覚悟で不利益を覚悟で暴力を使用するのも手かもしれません。その場合は完全に自己責任で暴力を使用してください。
  • あなたが暴力を使用する前には、その行為がいかに正当かつ合理的であるのかを、周囲の人々に分らせてあげるのがよいでしょう。そうすれば、正義というものを隠れ蓑にして、あなたの暴力行為を正当化することができます。例えばどこかの国を攻撃する場合、嘘でも「この国大量破壊兵器を隠し持っている」と言っておきましょう。そうすれば、味方も増えるし、同盟国もあなたの行為を支持してくれるかもしれません。
  • あなたが暴力の使用を計画している場合、攻撃しようとしている相手を事前に十分見極めて、勝てるという自信がある場合にだけ実行に移しましょう。負け戦に打って出るのは愚の骨頂です。もっとも、あなたが格闘家サイヤ人であるならば、自身の限界に挑戦してより強くなるために、強力な相手に対して暴力を使用してもよいでしょう。
  • いまどき、無鉄砲に正面から相手を攻撃しても、勝てる可能性はありません。暴力を使う場合には、悪知恵を働かせて、いかに少ない労力で相手にダメージを与えることができるかを考えて行動しましょう。騙し打ち工作活動世論操作など、あらゆる手段を講じましょう。
  • 以下で見るように、暴力は非常に恐ろしい側面を持っているので、なるべく使用しないようにしましょう。使用する場合には大義名分が必要です。使用前に適当に考えておきましょう。なお、精神異常者の場合には大義名分は必要ありませんが、暴力使用後にどうなっても知りません。

さあ、宅間守さん、酒鬼薔薇聖斗さん、ジョージ・ブッシュさん、麻原彰晃さん、これを読んで暴力を使ってみましょう。

[編集] 暴力の種類

[編集] 肉体的暴力

[編集] 精神的暴力

[編集] 暴力に関する用語

この項目「暴力」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語