更衣室

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

更衣室 (こういしつ) とは、人類(人類のみしかこの空間を使用する事は無いとされている)が更衣、すなわち着替えをするところのことである。

場所[編集]

更衣室の場所は多岐に渡り、小学校中学校高校(高等学校という名称は死語である)、大学プール、温水プール、温泉などにその存在が確認されている。特に、中学校・高校・温泉に存在する更衣室は特に人気が高く、黒い人などによってターゲットにされるほどである。なお、温泉のものの場合、その存在が曖昧なものも存在する事も注意すること。

強度[編集]

更衣室の強度は、竹箒の持ち手の先で24時間58分15秒連打して(竹箒が折れたので、途中から金属バットに切り替えた)やっと壊れるほどのものであったという、レイヤーズからの試験結果が出ている。しかし、ドアに対して同じことをしたところ、15時間3分2秒しか持たなかったそうなので、間違っても立てこもろうとしてはならない。なお、ピッキングに対する耐性が風呂のドアの次に弱いとされているので、最新の鍵に換装してある名門学校は数多い。

特徴[編集]

特徴としては、以下のことが挙げられる。

  • その性質からか、ロッカーと呼ばれる鉄製の箱が並んでいることが多い。
  • ロッカー内部に潜入する事は不可能ではないが、ばれた場合は潜入ゲームと同じようにゲームオーバーとなる。但し、ばれなければ別に犯罪ではない。
  • 当然、性別ごとに二種類の部屋が存在するが、圧倒的に『生物学的に自然な方(女性)』の部屋のほうが評価が高い。それは、『生物学的に自然でない方(男性)』の部屋のほうが、ホルモンの関係上、圧倒的に汗苦しいことなどが挙げられているが、根本的な解決には至っていない。
  • そのサイズは様々だが、基本的に内部の通路の幅はそれほどには無い。これは、経済・心理・物理的にその方が有利なのではと世間で見られているお陰である。それ以外の理由など無い。
  • ちなみに、上記の幅は、統計的に『生物学的に自然な方(女性)』の部屋の方が心なしか『生物学的に自然でない方(男性)』の部屋よりも広い。こちらも、原因は不明である。

注意[編集]

  • 基本的に、更衣(すなわち着替え)をするところであり,決して覗いたり窃盗(主に下着)したりするところではないはずであるが、一部の人(現実の世界だけではなく、マンガ界の住人にも存在する)はそれに及ぶ事もある。
  • 居心地が良くても住んではならない。
  • 濡れた物(食物・植物・布・下着類など)を放置してはならない。何者かがかもすかもしれないから。
  • 地震が起きたとき、間違ってもロッカーに避難してはならない。大怪我をしたくなければ。