書き初め

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
文章に決まりは無く、自由に書いて良い。

書き初め(かきぞめ)とは、初詣に行き、その後自宅での寝正月に飽きた人々が普段は使わない筆をあえて使って、やはり普段使わない半紙に書を書く暇潰しの手段である。

概要[編集]

かつては年末に年賀状でひたすら同じ事をまったく失敗せずに短時間に書き続ける事でたまったストレスを、だらだらと書を書くことで新年を感じてストレスを解消する目的でも行われていたとされる。また、冬休みの宿題の定番でもある。この場合、たいてい正月に関係するおめでたい言葉を書かなければならない。例としては「初日の出」や「元旦」などである。用具の出し入れが面倒なので、子供には好まれない傾向がある。

内容[編集]

詳細は書き初めの題材にすると親呼び出しにされる言葉一覧を参照。

年賀状などと違って、特に書く内容に規則なども無く気楽にできるが、以下の内容を書いたものを書き初めとして飾ると人間性が疑われる恐れがある。もちろん、一人でこっそり楽しむものであれば関係は無いが。

明けましておめでとう
確かにめでたいが、どちらかというと年賀状に書くべきである。
生きていて良かった
癒されるかもしれないが、めでたいとは言いがたい。
大富豪になりたい
あまりめでたくもなく、正月らしくもない。これは七夕の短冊に書くべきである。
世界征服
これを書くと危険思想呼ばわりされることがある。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「書き初め」の項目を執筆しています。


この項目「書き初め」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)