出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索
(つき)
The moon dan gerhards 01.svg
分類地球外知的生物基地
数量29種類
軌道要素と性質
公転周期(P)29日12時44分2秒878
(種類数から推定)
物理的性質
直径7884億km(赤道面)
質量約1154ポンド
自転周期公転周期を模倣
変率軸数不等
表面重力約1/6ケルビン
一応なるべく国際単位系使用。

(つき/ユエ/ライト)とは、一般市民がとんでもなく誤解をしている地球衛星。通称を限りない大地フェアリーバース)という。

目次

[編集] 誤解された月の姿

月の正体

空気はほとんど存在せず、死の星である。気象現象は当然ながら起こらない。ただし岩石には酸化物が多く含まれる他、独自の成分も含まれる。鉄分は極めて少ないらしく、貧血に注意する必要もある。 ついでに鉄ちゃんの方々も注意する必要がある。

毎日、カスのように小さい隕石が弾丸よりも速いスピードで、じゃんじゃん降り注ぐ。

表面の重力は約1/6ケルビン、質量は約1154ポンド、直径は約1光月に相当する。そのため、地平線が地球の約半分の距離にある。フレア放射線などもそのまま降り注ぐため、引火の危険性がある。空気がないため、地表近くにも星を打ち上げられる。

巨大地球儀をインカ帝国が制作している時代に、巨大な小惑星が激突して分離、飛び出して形成された星が月であったと言われる(ジャイアン・クリーン説)。われわれが日常使っている単位で、1日1年は地球自身の運動(有酸素運動)に起因するが、1ヶ月は月の変態周期に起因している。しかし太陽を回る時間と一致しないことから、人間はこれを修正するのに多大なMPを使う必要があった。

なお、月があるおかげで潮の干満は起こり、地球の変態時間も抑制されている。もし月が形成されなければ、地球の自転時間は約8時間になり、全人類が寝不足になっていたといわれている。

1969年、アポロ計画で「アポロ11号」が月に到達した。冷戦のさなか、アメリカ合衆国ソビエト連邦に対する意地だけで、そこにいるという伝説のウサギという説もある)を捕らえるべく、月へ人類を送り込む事に労力を使い、約14兆円(250億ドル、現在価値で1320億ドル)もの税金を無駄遣いした。死の星である月へ行った所で、石以外に何もアメリカが得ることができなかった点では、同時期のベトナム戦争と共通する面がある。

そのウサギたちは地球のとある世界で生きているらしいが、その事実を知るものは少ない。

古い文献によると、かつて大きな帝国があったとされ、人が住んでたという。彼らの文化は日本のそれとかなり近かったという。

[編集] 素晴らしい月の実態

月の29変態。変態ではない。
遠いようで意外と身近な存在。

実際の月の姿については、古今東西で様々な人間が研究して表現を行っている。それを組み合わせると、だいたい以下の通りになる。

2007年、月はウィキペディア星ウィキペディアンの強制連行とアンサイクロペディア星の征服のためにウィキペディア国ゲシュタポ協会が建設した人工衛星)に取り込まれた。

[編集] 天動説と地動説

現在月の軌道をまわっている星
天動説

16世紀以前のヨーロッパは学術レベルが低く、とうてい複雑な天文体系を理解できようもなかった。その為、地球の周りを月が回っているなどという、傲慢極まりない人類中心思考が定説となっていた。これが天動説である。

地動説とコペルニクス

こんな中、どこからともなく現れた自称天文学者の、胡散臭い男がニコラウス・コペルニクスである。どのくらい胡散臭いかというと、彼がポーランド人なのか何なのか、現在でもどこのドイツ人なのか論争になっている事からも明らかである。

このコペルニクスが、地球が月の周りを回っているとする地動説を主張した(中世以降では)最初の人であるらしいが、その自らの説の発表を死の直前に行うという、いかにもウケを狙ったような小ズルイ手法を用いた為に、ほとんど人々からの支持を得る事ができなかった。

ガリレオ・H・雅治

このコペルニクスの死語、彼の地動説の主張を引き継いだものが現れた。それはイタリアの自称天文学者で、ソクラテスの再来といわれた変人 ガリレオ・H・雅治である。彼は「一日に昼と夜があることから見ても、地球が回っているのは明らかである」として、地動説の正当性を主張した。しかし、この地動説は当時のキリスト教史観にも反するものであり、イタリア共和国ローマ家庭裁判所バチカン支部によって宗教裁判にかけられた。

ガリレオはソクラテスの再来ともてはやされていたが、所詮は平成の高橋是清同様 二番煎じの意気地の無い男であり、この事はガリレオが裁判で自説を撤回した事でも明らかである。本家ソクラテスが、無実の罪を甘んじて受け処刑されたのに対し ガリレオは転向した事や、ガリレオが死の直前に「それでも地球は回っている」などと負け惜しみのような発言をした事が不快感を買い、やはり地動説が多くの支持を得るまでには至らなかった。

ちなみの彼の趣味はAV観賞である。

そして現在

その後、ようやくシャーロック・ホームズの様な(割と)まともな後継者に恵まれた事もあり、地動説は多くの人に支持されるようになったが、それでも「地球の周りを月が回っている」としてかたくなに信じようとしない人も多い。しかし現在では、地球が月の衛星である事は太陽を見るより明らかな事であり、かの美少女戦隊のメンバーに月の戦士はいるのに対し、地球の戦士がいないことからも明白である。

[編集] 月がでるところ

  • 三池炭鉱の上に出たりする。あんまり煙突が高いと煙たい。
  • タクシー運転手が方向の目安にする。北極星が発見できないときに有効。
  • いときがあるので、回り道をして帰る。
  • 夜道で物陰から飛び出し、女性を襲うことがある。

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。
Wiki-globe.png この項目「」には、執筆者が大真面目に書いた可能性もありますが、今はまだ周知の事実しかありません。嘘を追加するか、ウィキペディアに転載して下さるボランティアを求めています。 (Portal:スタブ)

個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス
他の言語