木刀

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

木刀(ぼくとう)とは、を原料として鍛造により作られたで、日本の伝統工芸である。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「木刀」の項目を執筆しています。

木刀の歴史[編集]

木刀は室町時代から存在していると言われているが、現在のそれとは作り方が異なり、詳しい資料はすべて消失してしまっている。現在は江戸時代に盛んだった鍛造で作られている。しかし古刀には及ばないものも、江戸時代の製法で十分な性能がある。昭和に入り、銃刀法が制定される際、なぜか木刀は範囲外とされたため現在も大量の木刀が出回っており、殺人に使用されることがある。これを規制する動きは現在も無い。近年では競馬騎手同士の抗争に使用される事もある。

サムライソードとしての歴史[編集]

外国人からすると、近代的な木材を利用した木刀より、近代的なメタリック調を好む傾向にある。しかし亜鉛化合物など、サプリメントから取り出された金属のため、実用性が全くない。単なるインテリアにしてもテラテラ光るため、日本人には好まれない。ただ外国ではその脂ぎったテラテラがいいようだ。

修学旅行との関連[編集]

の被害が多い観光地でお土産用と銘打って護身用の木刀が売られている事がある。修学旅行へ行った男子のお土産はたいてい木刀で、男子の兄弟がいる家では末っ子が中学生になるまでに人数分木刀が揃っている。お土産用なので神経質になる必要はない。どうせ頭がかち割れるぐらいであろう。

木刀の生産手段[編集]

現在では良質の木が工業生産されていないため、代替品としてアガチス材やベニヤが使われていることがある。しかし本来は良質の木材を磁石で集め、たたらで作り出す必要がある。鍛造により硬質の木材を柔らかい木で挟み込み、強度と切れ味を両立させている。

特に辺境の星の「金剛樹」と呼ばれる樹齢一万年の伝説の大樹からつくられたものは「星砕」と呼ばれる。非常に強力であり隕石がぶった斬れるという妖刀であるが最近は通販で購入できる。

木刀の切れ味[編集]

現在世界中の刀、剣を持っても木刀には及ばないとされている。良質の木材と職人の腕があってこその性能と言える。漫画などにあるような、振っただけで周りのものが切れるほどの切れ味が確保されている。また大変軽いため誰が使っても色々切れるようになっている。

漫画「風魔の小次郎」の中では「風林火山」「黄金剣」などといった、木刀なのに人間を一刀両断し、又材質は黄金といった木刀の範疇を超えた木刀が登場して、読者に混乱を与えた。これらの威力は凄まじく人間が巻き藁のごとく真っ二つになる切れ味をみせた。

また、木刀・正宗 はロボットを一刀両断にしたりする位、並の金属刀剣類よりも遥かに鋭い切れ味と高い破壊力を持ち。さらに装備者の潜在能力を極限まで引き出す事が出き敵の動きを完璧に読み取らせるほどである。また、持ち主が呼べば地球の反対側でも召喚できる。

関連記事[編集]


この項目「木刀」は、執筆者がクラックをキメていた可能性もありますが、今はまだクソの山です。より愉快にしてくださる協力者を求めています。さぁ、これを見ているあなたも、恥ずかしがらずに書き込んでみよう! (Portal:スタブ)