木村拓哉

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
こっち見んな
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「木村拓哉」の項目を執筆しています。

木村拓哉(きむらたくや、1972年11月13日 - )はジャニーズJr.に所属する、SMAPのメンバーの一人。身長はhydeよりかはマシだが、それでも低い方である。

人物[編集]

  • 性格・かっこよさともに草なぎ剛とは雲泥の差である。
  • 身長は公称で176cm(ウィキペディアにも176cmと書かれている)、ウィキペディアの悪戯な書き込みは162cm、インターネットの情報では168cmとさまざまである。
  • また、生年についても1863年生まれという異説があるようだ。
  • 韓国ではキムタクが、実は韓国人であると社会的にいつの間にか、おかしな確信をもって認知されており、「日本人は韓国発祥の文化を盗んだ」と例の如く反日デモが行われ可哀相なことに数百匹ものキジ、数千枚もの日の丸が、焼かれた事実は記憶に新しい。キジもいい迷惑である。その根拠は、韓国人に多い「金」なる姓が「キム」と発音されることに由来するため…だそうである。
  • プロ野球の選手でも読売ジャイアンツ木村拓也なる選手がいるが上に、通称キムタク(金濁)と呼ばれるため、そちらの方が有名である。実際は交友はあるようだ。また、キムタクとはキムチたくわんの略称でもあるが、どちらが先にキムタクといわれたかは不明である。
  • 某時代劇に姓が同じ木村だからという理由で木村重成役にオファーがかかったが、本人が「真田幸村じゃなきゃヤダヤダ」と駄々をこねたので交渉は決裂した。
  • 某巨大掲示板でその本名について議論がなされた際に、彼が実はチョンガマコン川の主であるメハリマ族のヌ・メレプンであるという事実が判明し、世間を騒がせた。
  • 某日曜劇場で、何度も死んでは生き返るを繰り返していたから、木村はばけm うわなにをするやめr
死亡確認.jpg
死亡確認

ごめんなさい。ごめんなさい。
この時代ではお伝えできない事実が含まれていたため、投稿者は消去しました。

ウィキペディアでの身長記入問題[編集]

ウィキペディアでは編集合戦保護扱いとなった。内容は→のとおりである(関係のない記事は省略してある)。(注、ウィキペディアではアンサイクロペディアの同項目へのリンクを張った数分後には差し戻しされた。アンサイクロペディアへのリンクは全面的に禁止される情勢である。)

来歴[編集]

  • 身長は165cm
  • 座高は100cm
  • SMAPで一番演技金を稼げる男であり、同時に一番身長の低い男でもある。レギュラー番組は2本(テレビ1本・ラジオ1本)とSMAPの中では一番少ない。さらに、顔の大きさから想像される割りに、身長も165cmと一番少ない。
  • 身長176cm公称・どういうわけかウィキペディアにも書かれてる)だが本当は165cm
  • 2004年には最優秀男優賞を取れると信じて自信満々でカンヌ映画祭に乗り込んだが、柳楽優弥くんに奪われ「キムタク閉じちゃった」状態になった。さらには履いている靴がシークレットシューズだとバレて、身長詐称が明らかになった。映画の製作期間は約5年。オファー当時より香港での人気は低下。映画では、カットの連続で出演時間は5分。それでカンヌに行くキムタクは尊敬(とっても恥ずかしい)に値する。
  • 幼少の頃からドラえもんのしずかちゃんのお風呂シーンを好み、それをとって嫁を静香と名づけた。

性格・特徴[編集]

  • 広島東洋カープ木村拓也と、実際にテレビ番組に共演した事がある。また、同じ1972年生まれである。しかし、広島東洋カープの木村拓也の身長が173cmであるのに対し、SMAPの木村拓哉の身長は165cmとかなり異なる。
  • 身長が165cmである。それを証拠に、電車男で有名になった伊藤淳史162cm)よりかは高く、伊藤美咲170cmちょい)よりかは低かった。
  • 仕事柄、おばちゃん達をおだてたりあしらったりして場慣れしているのかトークが堪能で語彙も豊富。口癖は「ぶっちゃけ~」「すげー」「ヤバイ」「ちょ、待てよ!」。聡明さの片鱗を窺わせる。

衣装[編集]

  • 毛髪状の帽子を愛用しており、テレビ出演のほか、公式の場に出る際には、必ず帽子を着用しているようだ。アデランス社製かアートネイチャー社製かは解明されていない。

関連人物[編集]

しつこいようだか、ウィキペディアでは、キムタクの身長は176cmと書かれている。

愛車[編集]

  • カローラフィールダーのCMに出演するが、天下のキムタクがそんな大衆車に乗るはずもなく、ハマーH2を乗り回している。カローラフィールダーもそこそこ広いが、よりアッー!しやすいハマーH2を選んだ。
  • フィールダーを見ると出かけたくなるので、ハマーH2に乗って出かける。なおシボレーに乗り半年のあいだに二度もスピード違反をした。

英語力[編集]

堪能な英語力はテレビを通して知られている

彼はカンヌ国際映画祭への招待に招かれるわけだが、どういうわけかその数年前から国際化への対応をするべく英語力を身につけていた。さすがはイケメンジャニーズとも云われ、頭の良く、馬鹿なTBSへの対応にも毅然とした態度であちらの社会的倫理のおかしさを指摘するしっかりした人間であった。そんな彼が愛すべきドラマのシーンはLove Seansであり、数多くのドラマに抜擢されては彼なりのLove Seansを演技して茶の間のおばちゃんとかを喜ばせていた。しかし、現在ではあまり彼がLove Seansとして演技することは少なく、演技したとしても普通のLove Scenesとなってしまったのである。これには多くのジャニオタ遺憾の意を表しちゃって、再び我らの知る木村拓哉が本流たるLove Seansの復活を日本全地域から願っているとかいないとか。

関連項目[編集]