出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索
(ほん)
Big Book.jpg
一般情報
IUPAC名セルロース・タンニン酸
硫酸第一鉄混合物
構造式B-O-O-K
式量約500
形状強剥離性薄膜多層構造
性質
密度と相1g/cm3ぐらい, 固体
DHMOへの
溶解度
判読不能になる場合が
多い
融点高温で分解
沸点高温で分解
一応なるべく国際単位系使用
&標準状態下。

(構造式:B-O-O-K 、ボーク)とは、セルロース重合体及びタンニン酸水溶液硫酸鉄(Ⅱ)を主成分とする物質の総称。また構造式にB及びKと示してある通り、ホウ素とカリウムも含まれている。安定性が高く、平均分子量は約500ほどである。

技術と発展[編集]

人工の物質で、紀元前2世紀には既に中国で原材料が知られており、ヨーロッパの中世後半にはある程度の原材料の量産も行なわれていたが、情報の転写による複製には非常な時間と手間を食い、増殖は難しく、値段も高かった。

しかし、1405年にグーテンベルグという名のドイツ人が

を用いた一連の反応で情報転写を高速化して、この物質を多量に増殖・生産することができることを証明し、生命科学分野などで広く用いられるようになった。が、「本」というのが一文字だと田中が言うので、のちに「書物」と変わった。

性質[編集]

  • 服用によって得られる効果は種類によって様々だが、一部のものは性的高揚などをもたらす。
  • 摂取しすぎると中毒を起こすこともある=「Type中毒」。
  • またこの物質に対するアレルギー・拒絶反応を示す者も多数報告されている。これらの症例は一種の「免疫システム」による過敏反応とみられているが、一方でトム・クルーズのように、この物質の摂取そのものができない者もおり、現在もまだ完全には解明するに至っていない。
  • いくつもの種類があるのも特徴。多岐にわたる分類がなされており、例としては服用基準ごとにR-18種、R-15種などと分けられる。

代表的な種類[編集]

  • ビブル ( bible ) 種
    服用した者に錯乱作用を与えることがあり、特に幼児にはその影響が強いが、成人にも少なくない。
    一般的な症状としては「神の国が来た」とか「アーメン」とつぶやいたり、あるいは十字に組み合わさった棒状の物体を崇拝したりする。
    ビブル自体も様々な種類があり、紀元1世紀初頭に作られたものが原型とされ、「聖地」と称される土地から流出し、全世界規模の汚染が進んでいる。
    和名は聖書
  • クラーン( qur'an )種
    かつてはコラン( coran )種と呼ばれたが、国際命名規約に基づきクラーンが正しいとされている。ビブル種と近縁だが錯乱作用はいっそう激しく、充分な耐性及び免疫を持たずに服用すると生命に危険が及ぶ事も珍しくない。
    和名は未定。
  • イーロ ( ero ) 種
    性的高揚をもたらすと同時に、その高揚を鎮めるための効能も有する。その多くはR-18種に属し、特殊なセルロースを生成に使用している。
    20世紀後半の一時期、ビニールの外皮を持った種も繁栄した事が地道な発掘調査で明らかにされている。
    和名はエロ本
  • ディクティオナリ ( dictionary ) 種
    ある種の人々が服用すると、たとえ微量であろうと死に至る。
    和名は字引く書なり


現代社会における課題[編集]

  • 最近では携帯電話での摂取が可能になっており、いわゆる電子ドラッグとの関連が示唆される。
  • 「最近の子供はあまり摂取しない」という言葉から、戦前までは日本の子供たちも多く摂取していたと見られる。
  • 各家庭における平均摂取量の低下が顕著だが、これは構造式:[ G-A=M-E ]で表せるとある物質が頻繁に出回るようになってからであり、この物質の過剰摂取によって失明した児童もいることから厚生労働省へ事態の改善が望まれている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「」の項目を執筆しています。