本気

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索

本気(ほんき)とは、出そうとしても出てこなかったり、「出してない!」と言ってる人ほど実は出てたりする不思議

概要[編集]

本気とは自身の持つ本来の力を100%、あるいはそれ以上の力を指す。初心者ほど出しやすく、プロ上級者ほど出しにくい、扱いの難しい力である。勝負事においては基本的に後出し優位となるが、例外(後述)もある。

例外となるパターン[編集]

  • 「俺に本気を出させたのはお前が始めてだ!」
  • 「見せてあげあげましょう…これが私の本気の力です!」
これらの様なセリフと共に出される本気はフラグにより後出し優位の法則が無効となる。

死神界における後出し[編集]

死神界においては後出し優位の法則を重視しており、「相手の本気を見てから自分の本気を出す」が戦術としてパターン化している。死神上級者ともなると、相手よりも後に本気を出そうと、ちょっと力を出して相手の本気を誘発した後に本気を出すといった戦術も取るが、相手が一枚上手だと実は本気ではなかったと言い更なる力を出すが、それすらも思考の内であり扱いが難しいため出せずにいたと言う力を出し上回ろうとするm

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

出ない本気[編集]

自身が得意なことほど本気は出しにくく、その出しにくさは周囲に初心者がいれば更に増す。勝負事であれば負けてから「今のは本気じゃない」「本気出してたら勝ってた」等の発言をする為、本気を出すことの難しさを伺い知ることが出来る。汗だくであったり大人気ないことをしていたとしてもきっと出ていない。

本気の出し方[編集]

前述の通り、本気はなかなか出てくれないこともあるが、本気を出すためのプロセスは研究されており、以下の方法が有力視されている。

  • 上着を脱ぐ
  • 袖を捲くる
  • 両頬を景気よく両手で叩く
  • 修行用の凄く重いリストバンドを付けていた旨宣言してから外す
  • 変身する

関連項目[編集]