本田技研工業

提供:Uncyclopedia
移動: 案内, 検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「本田技研工業」の項目を執筆しています。
Chakuwiki.png
長文を読めないバカな人のために、チャクウィキバカたちが「本田技研工業」の項目を執筆しています。
にーこにっこどーが♪
ニコニコ動画中毒患者 (略してニコ厨) のために、ニコニコ大百科ではニコ厨たちがお金をかけてまで「本田技研工業」の項目を執筆してくれています。
本田技研工業のマーク。天使とダンスする行為をイメージ化したものと言われている。

本田技研工業(ほんだぎけんこうぎょう)、通称「ホンダ」とは、日本の自動車メーカーである。創業者は本田宗一郎を名乗っているが本名は豊田佐吉である。軽自動車から大型自動車、二輪車、トラック、さらには戦闘車両・農業機械に至るまで、車とつくものは全て手にかけている。他にもロボットや航空機といったものを、正式社名の本田技研工業株式会社という硬さを未だ残しているところからも分かるように、自主開発に意欲を見せる野武士のような側面がある。

一説によれば、本田技研工業株式会社の前身の東海精機時代、トヨタ自動車に冷たくあしらわれた経緯もある。そこから一念発起し独自の路線を歩むようになる。これは俗に「ホンダイズム」と形容される。

目次

[編集] CIほか

2000年より「The Power of Dreams」のグローバルスローガンを掲げられ刷新された。ソビエトロシアでは「The dream is power」(夢が力する。)となる。その際、英語表記ではロゴ以外「HONDA」という表記はNGとされていて「Honda」と表記するルールが 推奨されている。「ややこしいやってられるか~」と言わんばかりに自動車雑誌ではしばしば無視され「HONDA」とモーターマガジン社などの雑誌では表記されている。あげくの果ては枻出版が発行する雑誌ですら「HONDABikes」である。

また、「The Power of Dreams」のグローバルスローガンは販売店では使えないが、そんないちいち説明しないと分からんようなことを実際に説明しているかは不明。若しくは社員ですら知らない場合が多い。

二輪はウィングマーク、四輪はHマークが使われている。時折、欧米ではヒュンダイ(現代自動車)に間違われるという弱点がある。ヒュンダイのマークは楕円で歪つなHで、明らかにホンダのパクリである。

二輪部門は「ウィング店」「プロス店」「ドリーム店」とチャンネルが分かれているが、ドリーム店以外は位置づけがハッキリしないのが難点である。

一時経営不振だった場合、「ウィング店」「プロス店」を統合させて「ロス・プリモス店」チャンネルも計画されていたが、ロス・プリモスから承諾を得る事ができず断念した。[要出典]

四輪部門では、2006年「プリモ」「クリオ」「ベルノ」のチャンネルが廃止され統合された。その情報が事前に日本経済新聞に筒抜けになったのは痛かった。そりゃそうだろう。社員に説明してなかったんだから…。

以前、汎用製品には「マリオ」というチャンネルを考えていたが、任天堂が意匠登録しているためあえなく断念したというエピソードがある。その為か後年、取締役だった入交昭一郎氏はセガの代表取締役に就任した。その因果関係は不明。

その後、統一チャンネルはHonda Carsとなったが一時は「この名前どうよ?」と物議を醸し出した。

汎用製品にはウィングマークやHマークが存在せず。英文ロゴのみが採用される。一番判りやすいのが量産型エヴァンゲリオン 「ASIMO」にも英文ロゴのみしか入っていないことでも確認出来る。

また中古車を扱う「オートテラス」は、他のディーラーの中古車取扱店と違い、ホンダ車以外を取り扱わないという、頑固で面倒くさい都市伝説というか、そんなポリシーを持っている。

[編集] 二輪車など

オートバイ、スクーター、スリーター、フリーター、ブリーダー、トライク、ストライク、バギー等を製造している。 主力製品は

他に

などがある。

ぐるぐる回る回る回転寿司用

などがある。

NSRを作ったという噂があるが、先に作ったのは羊羹屋さんで、今でもせっせと作っているが無茶苦茶高い。

一般的には、オートバイは車輪が縦に並んだ状態のものを呼ぶが、二輪平行に並んだもの(いわゆる大八車やリヤカー)も、ホンダではオートバイと分類している。二輪平行に並んだ物はどのモデルもGX200エンジンを搭載している。

また、韓国の二輪メーカーであるデーリムでは、ホンダのオートバイをモデルに2人または4人で操縦する1輪車モデル名は軺軒(チョホン=猫車)を製造している。デーリムはホンダに対し一方的に「これは我々のウリジナルだ」と訴訟を起こしている。

デーリムの製造するチョホンは一人の乗車に対し2人または4人で人で操縦を行うため、非常に効率が悪いので盗用されているのは皆無と考えられる。

[編集] 軽自動車

ホンダの軽自動車は他の追随を許さないスピードで知られ、その最高時速は156km/hにも及ぶが、国道ではこのスピードが出せないため、完全に宝の持ち腐れとなってしまっているが、国内のサーキットで軽自動車レースが行われると9割ぐらいホンダ車が優勝する。いやこれマジ。

ホンダが初めて自動車に進出したのも軽自動車である。最初に作られたT360などは軽トラックにも関わらずDOHCエンジンを搭載し、実用性よりも趣味性の高い軽トラックと評される。大量生産であるにも関わらず、製造毎にマイナーチェンジを行っていた為、同じ型式であるにもかかわらず部品が合わないなど、かなりエンスー泣かせのトラックである。今の軽自動車ではそんなことはない。(しかも軽自動車全車種OHCエンジン)

徐々に自動車製造にこなれてきて、N360で一躍成功をおさめる事になる。水中メガネと愛称を持つZも同様である。念のために言っておくとホンダもZを製造していた時代があったのだ。しかしやたらうるさくガソリン臭いのが玉にキズらしい。N360の欠陥車騒動でいろいろあったりしたがSシリーズはガチというのが定説である。

そんなこんなで空冷だからじゃないかってことに気がついて水冷エンジンで世に送り出したのが初代のライフである。もちろんチップアップシートやスライドシートなどもなくエンジンをかけると誕生日を祝ってくれるなんてシャレた機能は皆無だが、まっとうな軽自動車だったと言えよう。

その後、裁判沙汰でもめたので次の軽自動車はトゥデイまで待たなければならなくなった。 (とはいってもアクティとかいう軽貨物車は細々と作られていたらしい。)

トゥデイが登場あまりにも低い車高に乗車の際に身長が制限されたが、もちろんHydeはらくらくクリアした。 他にも軽自動車で初めて1本アームワイパーを採用するなどカウンタックを意識したのか解らない。今でも一部のマニアによってボアアップやプラズマダッシュモーターへの乗せ換えなどのチューニングを受けた個体がレースによって酷使されている姿が見受けられる(ほかにも警視庁のとある警察署にて、とんでもない改造を施したミニパトが確認されている)。

トゥデイから世代交代するかのように「ライフ」が2代目として復活する。この時同時に時代を行き過ぎたかつてのバモスホンダを意識した「バモス」も名前だけ復活を遂げる。そして4人乗りミッドシップに4WDターボという訳の解らないコンセプトでZも復活したがあえなく消えてしまった。復活したライフはトールボディーがトレンドだったため初代のライフとは似ても似つかない姿になった。他にもライフダンク、ライフディーバなど登場するがスズキ自動車のワゴンRやダイハツのムーブの二番煎じ感が拭えなかった。3代目になると女受けを狙った路線に思いっきり方向転換をし空気抵抗を減らすため軽自動車で初めて風洞実験を行うなどでアピールを行った。女受けを狙いすぎて思うように販売が伸びなかったのか2代目の顔に近い顔になった。だからといって軽自動車の売上げがスズキ自動車やダイハツを上回るように向上したという話は未だに聞かれない。

生産すらしてない日産に軽の販売台数が負けたり、10年近く主力であるバモスのフルモデルチェンジを行わなかったり、ゼストのCMに起用した某自称歌姫の例の発言アレになったりと投げやりに生産してる感は否めず、Sとビートだけはガチな状況が続いている。といってもSは軽自動車扱いではないけどね。そんなビートも相次ぐ欠品部品の為、相次ぐ高齢化が目立つ(当然Sも)。最近では DQNのハートをわしづかみN BOX(とくにカスタム段ボール)が瞬間的にタントを追い抜いて人気になったり、N360の皮を被ったゼストと呼ばれるN-ONEなどで女子アピールを心がけるようになった。またN-WGNに至ってはフリードをクラッシュテスト時のつぶれたフロントフェイスにインスパイアされて全体のスタイリングが行なわれるなどユニークな手法でデザインが行なわれている。

車種

[編集] コンパクトカー

広々と載れる軽自動車と言うイメージが近く、関取や太りすぎた人、また背が高い人でものびのびと乗車することが出来る。最高速度はやっぱり156km。CMなんかで燃費がいいって散々言ってるけど実燃費は…だったり、存在しないはずのタイプR仕様が多数存在することが確認されている。

現在、生産されているこのクラスのクルマはほとんどの場合、ウルトラシートと呼ばれる変形メカを取り入れたシートを搭載しているのが特徴。コンパクトカークラス以降はこのマーチンベイカー製のものを採用している。また、変形メカは新中州重工とセンチネンタル社の協力に基づきファイター、ガウォークファイター、ガウォーク、バトロイドの4変形が可能。

世界に先駆け乗用車でゼロ・システムの射出座席を初めて実用したのもHondaである。射出の際には、ルーフトップが上方に爆砕するシステムも取り入れられている。射出システムはロケットモーターにより秒速30mで射出されるが、ベビーシート・チャイルドシートを装着している場合、乳幼児に配慮し秒速20mに減速されるようされてる。

車種

[編集] ミニバン

積載量最大5tという脅威のパワーをもつ大型自動車である。しかしトラックのような荷台はなく、軽自動車を除きまた連結するわけでもない。

現在の本田の生命線。床が低いと安定感が増すらしいです。

ミニバンばっかり製造しスポーツカーがなくなったと嘆く本田信者は多い。しかし、車をよく見てみると他社が真似しないようなギミックがたくさん詰まっている。例えば、床を低く見せる為に屋根を下げて室内空間を犠牲にしてみたり、スポーティー感を出す為に無駄に足回りを固めてみたり、無駄に300馬力のエンジンを積んでみたりとかなり本気の本田イズムを見て感じ取れるだろう。

なお、このジャンルも生産されてないはずのタイプR仕様が多く確認されている。

車種

[編集] セダン

存在自体が空気。ただしレジェンドガチ

アメリカで売れてるから日本市場はどうでもいいや感が出まくってるのは仕様です。特にアコードは日本で発売する意味が不明と言われるくらい売れていない。しかしアメリカではそれを補って余りあるほど売れているので無問題。かつてはバラードに「BLスペシャル」という腐女子向け仕様車を発売した。

車種

[編集] スポーツカー

ターボなしエンジンにこだわり、搭載されるエンジンは市販車に搭載するNAエンジンとしては世界最高クラスの出力である。

信者には絶大な人気を誇るが、所詮2000cc。大排気量エンジン搭載車、ターボつきエンジン搭載車とは比較しないでください。

車種

[編集] RV

昔はあれだけブームだったのに今やなし崩し感の否めないクラスにも関わらず一部のモデルは本物志向になってきた。

車種

[編集] 戦闘車両

大変特殊な構造をしており、後方移動速度が458km/h、前進速度が-433km/hというスペックである。素手で触るとそこから腐食してしまう。

武装は存在せず、攻撃能力は皆無。カスタムタイプでは、ちくわを搭載したものやスタンプを搭載したものもある。

材質はパパのかかとほど柔らかい材質でできたボディは戦闘車両とは思えない程愛らしい。まるでどっかで聞いた事あるような戦車と混同されることがあるが差し支えないだろう。あこがれの先輩は90式先輩らしい。

[編集] 電車

JRの陰謀によってJRの8割の列車がホンダ製であることを隠蔽されている。それにもかかわらず「まあるいみどりの山手線」に初めて搭載された液晶テレビは、ホンダの提案と開発によるものである。

[編集] 航空機

この機体が4億円とは・・・安いと言わざるを得ない
誰も本気で航空機を作るなんて思わなかったところ1990年代から着手した。満を持してFAAで耐空証明を取ったホンダジェットは主翼の上にエンジンナセルがあるのが特徴である。

奇妙奇天烈と航空評論家からしばしば言われていたが、ジャギュアとかライトニングのように主翼の上に兵装している航空機に比べれば至って平凡である。およそ4億円で売られているが誰が購入しているのかは不明。もちろん操縦席、客席にはマーチンベイカー社製の射出座席が備わる。


[編集] 汎用製品

NERVに納入された汎用人型決戦兵器エヴァンゲリオンの零号機(E0)から参号機(P3)は全てHonda製。またゼーレに納入されたS2機関を搭載した量産機は「ASIMO」と呼ばれ飛翔する事が可能。新機能で他の「ASIMO」と連携して共同作業する高等知能を持ち合わせた事で、弐号機(P2)を破壊した実績がある。NERVに納入されたエヴァンゲリオンと異なるのはアンビリカルケーブルを接続なしに活動でき、エネルギーは「補食」することで得る事が出来るなど、よりヒューマノイドに近づいている。今は、本田技研工業株式会社の本社ビルのウェルカムプラザと科学未来館に常設展示されている。

[編集] モータースポーツ

創業者のオヤジさんが丁稚奉公時代にカーチス号で出場した原体験がキッカケでモータースポーツの虜になる。その後、創業後浅間山火山レースを皮切りに様々なレースに参戦。今まで参戦した事のあるカテゴリーは四輪ではF1,F2,F3000,FN,F3,スーパーGT,INDY,ルマンなど名だたるレースを始め参戦している。二輪ではMotoGP,WGP500,WGP250,WGP125,WGP50,AMAスーパーバイク,スーパークロス,マン島TTなど名だたるレースに参戦している。しかし、ホコリっぽいのが嫌いなのかラリーによっぽど偏見を持っているのか世界ラリー選手権にワークスで参戦した事がない。(恐らく近年開催されるステージの大半がターマックコースだという事を知らないのかも知れない)それでもどこかラリーに対して偏見を持っているのかも知れない。ラリー競技に車が耐えられないじゃないかなんてことは思っていても口に出してはいけない。もしくは、F1の方が世界的に見て視聴率がいいのでそこら辺で知名度を上げておきたいし、F1とWRCの2足ワラジではお金が足らないのかと思っていたら、2足のワラジどころか1足目すら金欠でやめてしまった。

[編集] F1

そのF1も近年は競技より環境のことを第一に考えており、競技中ぶっ続けでエコランを試みるなどレースよりも環境のHondaということを全世界にアピールしている。ってかマジで走ってたらあんなに低迷する訳ないじゃないですかぁ。 でも、、地球の写真をラッピングすることで地球の重力から得られるダウンフォースによりグリップ力アップを狙っていたらしいが、地球の丸みと重さで安定したダウンフォースが得られず苦戦が強いられている。

しかし、ココのところF1の成績が低迷しているので、2008年 見るに見かねたロス・ブラウンがテコ入れを試みるが、開幕戦のメルボルンで頼みの綱の ルーベンス・バリチェロが失格という大失態を演じてしまった。 コレは、エクストリーム・失格というスポーツに属さないかFIAで審議を醸し出している。

その後も不振が続き、「マシンが遅いならチームを減らせば開発リソースが2倍に」と言うニック・フライの発案によりスーパーアグリを抹殺。(実際は水面下で計画を進行させていた) 事なきを得たかに見えた。

しかしスーパーアグリを抹殺したせいで世界中(特に日本)から大ヒンシュクを買ったホンダは以降開発を行うたびにマシンが遅くなる悪循環にはまり迷走を続けるようになった。一説によると天に召された音速の貴公子が天罰を下しているという見方もあるが、多分天にいるオヤジが怒り狂ってやったものかもしれない。事実オヤジがいたホンダは生前からセナのいたF1にマジになっていたからである。

しかし、日本ホンダのモータースポーツ好きは確かなようで 現社長の福井威夫氏はBAR004に乗ったりRC211Vに乗ったりのパフォーマンスをサーキットで行った事がある。

しかし、その自由な社風はモータースポーツの世界にも活かされており、まったくもって何の決定権もなければ本田技研とも全くの無関係である雇われママ、ニック・フライが全くの越権ながら無償でホンダのスポークスマンを勤めてあげたり、事ある毎にホンダ全社の意見だと言わんばかりにスーパーアグリを叩き続けても、全く意に介さない。「なぁに、パワーがドリームしておけば我々のDNAはレーシングなスピリットでミニバンをバンバン売っちゃうからね」とオヤジも草葉の陰で泣き出しそうな体たらくではあるが、それもパワーなドリームであるから気にしない。

2008年限りでカネがかかり過ぎてヤバいという理由でチームとしては2度目の撤退が決まる。そりゃスポンサー無しでやってりゃそうなるわな。

そしてあまりの不人気っぷりにあきれたロス・ブラウンが仕方なく買い取ったはいいものの、スポンサーも地球のラッピングもなく、真っ白な車になってしまった。これではアグリの二の舞になると誰もが思っていたのだが実際はワールドチャンポンとドライバータイトルのダブルタイトルを獲得するマシンだった。

ただホンダが作った最後のマシンがダブルタイトルを獲得したことで実はホンダの底力って実は凄かったんじゃね?と今頃になってすごく評価されていたりもする。

しかし09年度のフジテレビにおけるF1看板スポンサー的には無かったことにされているのでトヨタの影響力があんまりにも強い日本だとたいして評価されてないけど海外だと割と評価されてるらしい。

天国にいるオヤジと音速の貴公子が天から国際電話でマーティン・ウィットマーシュと相談したらしく、2015年からエンジンをマクラーレンに供給してマクラーレンホンダ復活だと喜んでるらしい

[編集] 全国統一大Honda模試

多くの自動車メーカーがある中、模擬試験を行っているのは本田技研工業のみ。社員のみならず、社外の人間でも受験資格を持つ。 全国統一とあるもののインターネットが繋がりFlash8が再生出来る環境であれば世界中どこでも受験が可能。毎年、受験シーズンに合わせて年に1、2回全国規模で模擬試験が行われる。一説によれば社員でも正解率が低くあまりのマニアックさと出題の難しさに出願率は毎年横ばい傾向にある。2008年の模試では認定証(段位)が貰える最高段位は「免許皆伝」である。コレが就職活動や社会貢献または昇進に役立つのかどうかは立証されていないし保証されている訳ではない。下手こくと単なる自己満足で終わってしまう可能性もあるだけにチャンピオンは認定した場合の事も考えなければならない。しかも毎年、模試だけで正式な試験が開催された試しが無い。 もしかすると本試験は「入社試験」なのかも知れない。

[編集] 「ホンダのホンダ」

アジアの一部地域では、「オートバイ」のことを「ホンダ」と呼んでいる。従って、オートバイ屋では、

「お前日本人か!!日本のホンダは素晴らしい!!!! ところでどれにする?? スズキのホンダヤマハのホンダか? カワサキのホンダもあるぞ。でも俺のお勧めはホンダのホンダだ!!!」

というような会話が行われているらしい。 [1]

[編集] 関連項目

[編集] 脚注

  1. http://eri.netty.ne.jp/honmanote/comp_eco/2005/0721.htm
Uporg659371.jpg 株式会社本田技研工業は資本金が不足しています。
増資をしていただける投資家の方を募集しています。
(Portal:スタブ)
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
ツールボックス
他の言語