李信

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動先: 案内検索
Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「李信」の項目を執筆しています。
Rishin.jpg

李 信(り しん、Li Xin、紀元前259年 - )は、中国戦国時代末期の国の将軍。下僕の身から将軍にまで駆け上がった人物として知られる。元々は姓が無かったが将軍昇格に伴い「李」の姓を拝命した。

生涯[編集]

戦争孤児の下僕[編集]

信は幼い頃に戦争で両親を亡くした戦争孤児であり、城戸村の里典(村長)の家で「漂」と共に下僕として養われていた。常に要領良く仕事をこなす漂と違い不器用な信は「この穀潰し」と里典の子供にまで虐げられる状況であったが、いつの日か天下の大将軍になるという夢を漂と共有し、毎日漂と武芸の稽古に明け暮れていた。漂との対戦成績は1253戦334勝332敗587引き分け+勝敗不明2。

紀元前246年、漂が秦王嬴政の影武者として王宮に身請けされた後、その漂が嬴政の弟である成蟜の反乱に巻き込まれ瀕死の状態で城戸村に戻り、信に後を託して力尽き死亡したことをきっかけに里典の家を出奔し、嬴政・昌文君・壁・河了貂らによる王都咸陽奪還に協力。成蟜側から放たれた刺客の徐完とムタを返り討ちにし、嬴政が山民族の王楊端和に行った協力要請交渉では一助を成す。王都奪還戦では左慈やランカイなどを撃退し奪還に貢献。これらの功績により恩賞として土地と家を与えられ、信は下僕の地位を脱出し平民となる。

初陣~千人将になるまで[編集]

王都奪還戦から3か月後、の蛇甘平原への出陣に一兵卒として参加。歩兵の最小集団である「伍」を組む際に誰からも声がかからず、同様に余り者となった城戸村出身の尾平・尾到兄弟と謎の人物感満載の羌瘣と共に澤圭の伍に組まれ、秦の総大将である麃公の配下、千人将・縛虎申の指揮下に入る。合戦では途中から馬に乗り出して魏軍の副将・宮元が守る丘の奪取に貢献し、さらに魏の将軍・麻鬼を討つ。この功が認められ初陣後に異例の百人将に昇進する。

紀元前245年、呂不韋の密命で嬴政暗殺の刺客が送られた際に嬴政の緊急警護役として刺客達と戦う。ここで敵として羌瘣と再会するも、羌瘣と休戦協定を結んで刺客達を撃退。撃退後、信は自宅で羌瘣と一晩を共にするイベントが発生し、羌瘣から「このままじゃいつか死ぬぞ、お前の戦いぶりは"勇猛"ではなく"無謀"なんだ」と諭されたことで一兵卒ではなく将としての能力向上が必要なことを痛感。同年、信と壁の連絡役であった渕とともに秦の将軍王騎に修行を請いに行き、王騎から人口100人程度の無国籍地帯の平定を命じられる。信と渕は3か月で平定に成功し、集団を率いることの難しさと、"集"の強さを学ぶ。

紀元前244年、李牧を総大将として秦の馬陽を攻める。信は秦軍総大将に任命された王騎直属の特殊百人部隊の隊長に就き、王騎から「飛信隊」の名を貰う。防衛戦は王騎が龐煖に討たれたことで秦の敗戦で終わったが、趙の将軍・馮忌を討ったことと龐煖に致命傷を受けた後の王騎を死に場所まで逃がし、首を刈られることを防いだ功などが認められ三百人将に昇進した。また王騎が亡くなる際、遺品として矛を譲り受けた。

紀元前243年、呂不韋が李牧を咸陽に招いた場に羌瘣と共に召集される。呂不韋側から合図があった場合は李牧を殺すようにとの密命も受けるが、呂不韋と李牧の交渉の結果「秦趙同盟」が成立して決着。同盟成立後の祝宴で信は李牧に「お前を倒すのは自分だ」と宣言。祝宴後に信は嬴政と再会し、嬴政からあと5年で将軍になるように要望される。

紀元前242年、将軍蒙驁を総大将とした魏の山陽攻めに参加。合戦の序盤で魏の将軍・輪虎によって千人将が8人も暗殺されたことに伴い臨時の千人将に条件付きで昇進。その条件は「千人将3人か、将軍1人の首が獲れなければ什長に降格」という厳しいものだったが、輪虎を一騎打ちで討ち取り勝利に貢献したことで戦後に正式に千人将に昇進する。

千人将~五千人将まで[編集]

千人将昇進後も信は破竹の勢いで功を挙げ続けると思われたが、飛信隊の参謀役を兼務していた羌瘣が山陽線後に離脱した影響で飛信隊は戦略も戦術も無い軍隊と化してしまい連戦連敗と低迷。信は千人将の地位剥奪の危機にあったが、昌平君が主催する軍師学校で学んでいた河了貂が蒙恬蒙毅の計らいで飛信隊に参戦することになり、参謀役が充足。すぐに訪れた合戦では河了貂の采配で飛信隊が勝利を収め、信の千人将剥奪の危機は回避された。同年、魏が秦の小城である景城を攻め、城主が旧領主の娘である翡翠を魏軍の総大将と政略結婚させて鎮圧化を図ろうとするも魏軍に裏切られるが、飛信隊の救援により翡翠は救出され、景城も防衛された。

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「函谷関の戦い_(紀元前241年)」の項目を執筆しています。

紀元前241年、李牧を発起人とした趙・魏・の5国による合従軍が秦を攻め、信は麃公軍の配下として参戦。信は主戦場となった函谷関で趙の将軍・万極を討ち取る功を挙げ、合戦の終盤に李牧と龐煖が率いる合従軍の別動隊に攻められたでは嬴政・昌文君・壁らと共に防衛戦に回る。戦力の問題で住民が民兵として参戦せざるを得なかった蕞は陥落寸前になるも、楊端和率いる山民族の援軍が間に合い防衛に成功。合従軍の撤退間際に信は龐煖と一騎打ちとなり、信は龐煖の顔に一太刀を浴びせる。戦後、信は一気に三千人将にまで昇進した。

紀元前240年、羌瘣が飛信隊に復帰する。信は復帰した羌瘣から「お前の子を産む」とプロポーズを受けるが信は茶を吹くだけであった。羌瘣の復帰により武力も統率力も上がった飛信隊は快進撃を続け、信は四千人将に昇進する。飛信隊の副将である羌瘣も千人将に昇進し、飛信隊は五千人の大所帯となる。

紀元前239年、趙が秦の屯留を攻め、成蟜が防衛軍の総大将として出陣する。成蟜軍は趙軍をわずか半日で撃退するも、呂不韋と通じていた屯留代官の蒲鶮(ほかく)と将軍・龍羽の謀反に巻き込まれ成蟜は幽閉されてしまう。この謀反の鎮圧のために壁を総大将とした鎮圧軍が屯留に派遣され、飛信隊も参戦。飛信隊は成蟜救出に奔走するが成蟜は発見された時点で既に致命傷を負っており、謀反鎮圧には成功するが成蟜救出には失敗した。

同年、秦はを総大将として魏の著雍を攻める。騰は援軍の1つとして飛信隊を参戦させ、信は魏軍総大将の呉鳳明と勘違いして呉鳳明の師匠であり将軍であった霊凰を討ち取るなどの功を挙げ、秦軍の勝利に貢献。この功で五千人将に昇進し、将軍まであと一歩のところまで到達する。飛信隊の下で功績を挙げ続けた羌瘣も三千人将に昇格したことで飛信隊は八千人にまで拡大する。

将軍になる[編集]

紀元前238年、嬴政の加冠の儀に合わせる形で発生した嫪毐と大后の乱の鎮圧に信が千人の兵を連れて蕞の兵達、昌平君、昌文君らと共に参戦。反乱軍の咸陽侵入を許し、後宮までも狙われるが、信の部隊が間一髪間に合い向・陽をはじめとした後宮の宮女達や嬴政の娘である王女・麗を救出する。後に太子である扶蘇も救出し、反乱軍を咸陽から撃退することに成功する。また、この一連の出来事の中で呂不韋が失脚した。

同年、秦は桓騎を総大将として趙の黒羊を攻め、飛信隊も参戦する。序盤の陣取り合戦に失敗した信は桓騎から「2度目の失敗はない」と最後通牒を受けるが、その後は持ち直し趙の将軍・慶舎を討ち取る。しかしその翌日に桓騎軍と同士討ちをしてしまい、慶舎討ち取りの功は帳消しとなる。

紀元前237年、秦は王翦、桓騎、楊端和の3名を筆頭とした連合軍を組み、趙の大都市・を攻める。飛信隊は王翦配下の部隊として参戦し、信は王騎の矛を初めて手にして合戦に臨んだ。信は主戦場となった朱海平原において右翼部隊の主力として奮戦し、合戦九日目には趙の将軍・岳嬰をわずか一刀で討ち取った後、十三日目に王賁が重傷を負ったことで右翼部隊の大将代理に就任。翌十四日目には趙峩龍をまたも一騎討ちで討ち取り、十五日目には龐煖と一騎討ちを行い、死闘の末に討ち取ることに成功する。龐煖との一騎討ちの反動で信は力尽き仮死状態にまで陥るが、羌瘣が寿命の半分を犠牲にする蘇生術を施したことで復活する。その後鄴を陥落させた秦軍は兵糧切れに遭い全滅寸前となるが、王翦の策によりから兵糧が送られたことで危機を脱出し合戦は秦の勝利で終わる。

将軍になるために十分な功を挙げた信は、嬴政から将軍になるために姓を与えるから姓を考えるよう命じられる。字をほとんど知らない信は姓が思いつかず悩むが、漂が宮仕えしていた時に「李」の姓を与えられたことを嬴政から知らされると即断で「李信にする」と回答。その五か月後、咸陽で行われた論功行賞において、李信は将軍に昇進した。

将軍として[編集]

Nemurineko.jpg この節を書こうとした人は途中で寝てしまいました。
後は適当に頑張って下さい。(Portal:スタブ)

人物[編集]

男性女性の区別があまりつけられない傾向にある。例えば王都奪還戦後、河了貂とは約1年間一緒に家で暮らしていたが、その河了貂が女性であると知ったのは彼女の飛信隊参入後であった。また羌瘣が女性であることも嬴政に言われるまで気づかなかった。そのためか、将軍になるまで独身かつ童貞を貫いた。李信が嬴政の第一子誕生の祝福のために咸陽を訪問した際、嬴政から「お前もそろそろ結婚しないのか」と聞かれるが、「女には困ってない」と嘯いている。一方で陽や翡翠をそれぞれ救出した際に彼女達から惚れられるイベントが発生しているが、その好機を生かせないまま今に至っている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「キングダム_(漫画)」の項目を執筆しています。