村上世彰

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内, 検索

村上 世彰(むらかみ よしあき 1959年8月11日 - )は、大阪府大阪市出身の、日本を代表する小学生投資家。容姿がコメディアンの萩本欽一に似ていることから「金欠ちゃん」とあだ名される。また行動もコメディアンとしか言いようがない経済戦士仲人としての経歴もある。

目次

[編集] 概要

神戸市の大富豪のもとに生まれ、国営投資専門学校(別名:通商産業省)で多額の資金を動かすことを学ぶ。類まれな才能により、金ころがしの奥義を完全に習得し中退。その後、投資ファンドを設立した。

堀江貴文とは蜜月の仲で、悪だくみも「聞いちゃったと言えば聞いちゃった」関係であった。しかし、2006年警視庁から「何を聞いたの?堀江くんとはどういう関係なの?」と激しく詰め寄られて泣かされ、「もう堀江くんとはイチャイチャしません。大好きな野球お金だったけど、やめることにします。ごめんなさい。」という反省文も書かされている。最近は六本木ヒルズにある自宅に引きこもりがち。

地下に潜り、裏世界の大物になったとのうわさもないこともないこともないかもね。

[編集] 球団買収失敗

2006年、オリックス。宮内義彦の指令でプロ野球阪神タイガースを乗っ取り、オリックス球団に吸収合併した上で「村上タイガース」に改称すると発表した。2007年にも日本マネーアイランドリーグに参入し、邉恒ジャイアンツ孫ホークス三木谷ゴールデンイーグルスと戦う予定であったが、村上の逮捕により阻止された。星野仙一が阻止した様に思われがちだが、奴は読売やオリックスから阪神側に放たれたスパイであり、又奴は読売やオリックスから仰山キックバックも得たとされている。その後、堀江バファローズ設立に失敗した堀江貴文と慰めあった事から二人の関係が始まったといわれている。


[編集] 阪神タイガース買収劇

2005年、資金繰りに詰まった村上ファンドは、阪神電鉄を買収し、甲子園球場を証券化という名目で質に入れて金を引っ張ってくることを画策した。この年阪神タイガースはリーグ優勝したのだが、「買収防御をきちんとやっていない愚かなクマーのせいで俺の寝床が奪われるのか!」と甲子園のマモノが激怒したため、日本シリーズでは零勝四連敗という大惨事に陥った。本来なら監督の岡田と四番の金本が切腹して謝罪すべきところだったが、江夏豊がアサヒ芸能で「村上ファンドが選手に金よこさんから負けた」とぶちまけたため、頭の悪い阪神ファンは村上世彰が悪者だと勘違いしてしまった。そのせいで、村上世彰本人に殺害予告が舞い込み、子供は学校でいじめられることになったのだが、阪神の選手は負けたら頭の悪いファンから「ボケ!カス!死ね!」と言われるのは普通だし、子供が学校でボロクソに言われるのも普通なので、特に同情するほどのことでもない。 なお、その後阪神電鉄の株は阪急が高値で買い取ることになったので、阪神電鉄の株主は儲かったからいいじゃないかと言われるが、阪神の株主は頭が悪いので、甲子園球場の株主優待券が貰えなくなったことに文句を言っている。

[編集] 仲人 村上世彰

村上世彰は、仲人としてもよく知られており、おけいはん阪神電気鉄道の縁談を取り持っていた事もあるとされている。詳しくは、阪急電鉄の過去#おけいはんとの蜜月と確執を参照。

[編集] 関連項目

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディアの専門家気取りたちが「村上世彰」の項目を執筆しています。
Quqpacmanlogo3.png
後世の物好きのために村上世彰が放った発言は、有志たちによって「Unquotable/実業家」へ収録されています。
個人用ツール
View and edit namespaces data

変種
操作
案内
編集者向け
姉妹プロジェクト
ツールボックス