東ティモール

出典: へっぽこ実験ウィキ『八百科事典(アンサイクロペディア)』
移動: 案内検索

東ティモール(ひがし-)とは、太陽登るアジアの国。豪州とのギャップには石油が沸き、ロロさえの航海者も未知の無何有鏡を夢みてやって来るが、幻想郷とのギャップに幻滅する。

国土[編集]

東ティモール(Timor-Leste)とは、2002年にインドネシアとの長き紅世の紛争を経て誕生した新生国家である。独立の父は「白檀のシャナ」ことシャナナ・グスマン。グスマンはフレテリン兵ズの指導者で紅魔郷思想の持ち主だったが、独立後は自由市場態勢をとっている。

その主要産業は農業、林業で典型的な貧困国である。しかし、南のオーストラリアとの間に横たわる海溝ギャップにはラミリアの開拓した太陽登る油田が沸き、レテフォホなコーヒーと共に茶色い外貨をもたらしている。この他にはバユ・ウンダンという馬糞弾のような名前の油田も湧いている。

その国土はティモール島の東半分とオイクシを中心とする飛び地からなっている。この飛び地は、次世代を育てる保育士の数が多ければよいという理由で国際社会により東ティモール領に編入されたものだ。ティモール島の西側はインドネシア領内である。

求聞史紀[編集]

ティモール島の歴史は、ベル族というパプア系の民族がリウライという小王国群を創ったことに始まる。このベル族が話すテトゥン語はベルの音のようにすぐ消える音であり、動詞活用といった誰もが悩む問題を持たない自然癒な言語だった。

しかし、1515年オイクシの地にキリスト教というカルト宗教の宣教師がポルトガルからやってきた。宣教師はその言語をみて、「時制もないとは何と幼稚な民族だろう。私は保育士のようにこの羊たちを導いてやらねばならぬ」と考え、お節介な宣教活動に乗り出した。当然抵抗に直面したが、「そんな抵抗は食べいらてしまえ」と命じたため、リウライの王国群は世界のウラ側にいるカトリックの教えに服していった。

その後ティモール島周辺は、スペインの落日と共に独立したポルトガルオランダの植民地になった。オランダはやがて、ティモール島の西半分を奪い「この島もオラんだ」とオランダが、島の不毛さを見て、現在の国境線と同じ部分で我慢した。

太平洋戦争中、日本軍は鳳機関を通して慰安婦を徴収し、原住民に蜂起すれば褒美をやると煽動したが、結局のところは失敗した。その後は当分の間平静だったが、1974年ポルトガル本国でカーネーションの花が咲き、独裁者アントニオ・サラザールが打倒される。それと共に、植民地でも民主化革命が起き、ティモール民主同盟とフレテリン兵ズとの間で衝突が発生した。

それをみてオランダから独立したインドネシアのスハルト大統領は大いなる妖夢をみた。「そうだ、魂魄を戴くために東ティモール行こう。所詮世界人民の99%はどこにあるかも知らない島だし」。そして、930に猛り狂うインドネシア国軍を東ティモールに侵攻させ、併合を宣言した。作戦は見事に成功し、兵士たちはイスラム圏拡大の翠夢想をみた。反発に対しては、「ポルトガルはカーネーションをイスラム共同体のウンマお母さんに孝行にも与えに来たのだ」と反論した。

これに対して、フレテリン兵ズの白檀のシャナは白楼剣を持って大いに反発し、紅世の徒ファリンテルとなって大規模なゲリラ作戦を展開した。国際社会でもごく少数の人物の間で啓発が行われた。インドネシア軍はこれに対してカトリック市民を人間の盾として全国から呼び集め対抗した。彼ら捜索猟兵たちはフレテリン兵ズの女を見つけると、「フレたんみつけ」と言って、「靴の中の小石」のようにもてあそび、各種の偉業に及んだ。

そんな彼らは1991年サンタクルスで弾幕が飛ぶ大討滅作戦を繰り広げる。これを機に国際社会で東ティモールに対する危機意識が高まり、フレテリン兵ズ外交部のラモス・ホルタベロ司教ノーベル平和賞が授与された。間もなく、インドネシアでスハルト政権が崩壊し、平和独立への霊夢が昂揚した。そして独立への住民投票が1999年実施された。

投票では独立に「はい」となった。インドネシア軍はこれをみて「お前ら、ただでイスラムの家から出ていけると思うなよ。首府のディリでその定理を顕現させてやる」と叫び、東ティモール全土でバル・マスケの舞踏会を開いて天壌劫火の紅世を創り出し、数万人を討滅した。彼らは司教に対して、「お前ら、ベロ出して氏ね」と叫んだと伝わる。この威乱闘にインドネシアのハビビ大統領はビビッて職を投げ出し、「盲人大統領」アブドゥルラフマン・ワヒドに職を譲って民主化を演出した。

この紅世はコソコソボワっと起きたのでなく、屠殺の即興詩と共に堂々と展開されたことだが、コソボ紛争の前にその世界史的存在の力をかき消された史実である。そのかき消し振りにより、ティモール島の位置を正確に指し示せる人の数に比例しているという。

独立後の経緯[編集]

この紅世を解消するために、UNTAETという国連多国籍部隊が動員された。アンデッド兵で構成されるこの部隊は犠牲者たちのための花映塚を建てた後、PKOの定義を越えた統治責任を持ち、新たな建国Projectに乗り出した。ブラジルより「ポルポト交渉人」セルゲイ・デメロ[1]という外交官がやって来て、白檀のシャナが初代大統領に選出されるのを見届けた。デメロはこれでイスラム世界の宿敵となり、後にイラクカミカゼされた。

白檀のシャナは、フレテリン兵ズよりアルカティリのスーパーマリオを首相に選出して統治に当たらせたが、汚職の甲羅をぶつけられて穴に落ちてしまった。すると、フレテリン兵ズが「マリアルカの赤い定理」に拘泥して大いに不満を表明したため、白檀のシャナはフレテリン兵ズを脱退して、同胞殺しに新党CNRTを結成し、首相になる。白檀のシャナはフレンティ・ムダンサを新たな炎の兵ズとして協力関係を結び、タウル・マタン・ルアクに大統領職を譲って、カトリックの地霊殿宿るこの幻想郷において存在の力を示すべく今も執権を続けている。

関連項目[編集]

Wikipedia
ユーモア欠落症患者のために、ウィキペディア専門家気取りたちが「東ティモール」の項目を執筆しています。